フリーランスのアンテナ

July 09 2014

Behance Japan Portfolio Review #5 レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

0-1title

0-2setsumei

1

1ill

Behance」はクリエーター向けの世界的なSNSです。世界各国様々な方の作品を見ること、評価することができます。 わたしのようなイラストを掲載している方もいれば、アート、グラフィックデザイン、インテリアデザイン、写真など、さまざまなジャンルのクリエーターが集っています。

2

Behance Japan Portfolio Review」は、日本にいるBehanceユーザーのリアルな作品発表の場です。イベント参加者は2種類。作品を発表する「クリエーター」と作品を評価するレビュワーです。 ネット上と同じように、出展しているクリエーターの作品をレビュワーが評価することができます。ネット上のBehance が現実に飛び出てきた!そんな印象のイベントです。

3当日、私は作品を発表するクリエーターでの出展でしたので、説明を受けるため、早めに会場入り。実は前回も参加したのですが、今回クリエーター参加者はどどんと増えてなんと30名! さまざまなジャンルのアーティストが集結していてドキドキ。

3-2ill

今回、クリエーターはibeaconというデバイスを各自ぶらさげ、会場内で貸し出しされるiPadを持ったレビュワーが近づくと、そのクリエーターの作品が見れるという仕組みになっていました。
作品が気に入ってもらえたら、「いいね!ステッカー」をレビュワーからぺたりと貼ってもらいます。

3-3ill.pngそしてついにイベントスタート! とにかくびっくりするくらいどんどんお客さんが。
Behanceは世界中にユーザーがいることもあって、クリエーターにもレビュワーにも海外の方がたくさん。
私は、今後自分の作品をどんどん海外に進出させたいと思っているので、このイベントに参加しました。 さまざまな国の方と作品について話せるなんて最高です! 英語に自信はありませんが、時間は有限。もったいないのでドキドキしつつも、さまざまなレビュワーと交流してきました♪ もちろん、お話した方全員が「いいね!ステッカー」をくださるわけではないですが、話せるだけでも楽しい!

途中途中、クリエーター同士でも話すことができて、素晴らしい時間を過ごすことができました。イラストレーターだけでなく、さまざまなクリエーターの方と繋がることができたのもうれしかったです。

4

今回は、クリエーターとレビューワーの交流タイム以外にスペシャルイベントも!
「ライブペインティング」「プロジェクションマッピングによるインスタレーション」「IC4DESIGNによるスペシャルプレゼンテーション」の3つです。

「ライブペインティング」では、カナダから来日中のアレクサンドロ・オスモズさんが大きなブッダの作品を披露。クリエーターで参加していると、レビュワーとの交流であまり時間がなく、どんどん進行していくライブペインティングの様子をあまりチェックできなかったのが心残りでした(;;)
私自身はライブペインティングをしたことはありませんが、時間制限がある中で描き上げるって本当にすごいなと思います。

4-1ill.png

「プロジェクションマッピングによるインスタレーション」では、クリエーターが自身の顔に作品をかぶせて自己紹介をする"I AM THE NEW CREATIVE"の作品を能面に投影し、さまざまな作品を見ることができました♪ 作品と実際の作者の融合、おもしろい試みで、制作していてとても楽しかったですし、さまざまな表現があったのが印象的でした。

4-2ill.pngそして、私の大好きな「IC4DESIGNによるスペシャルプレゼンテーション」!
先日「迷路探偵ピエール ~うばわれた秘宝を探せ!~」を出版されたIC4DESIGNのカミガキさんと松原さんによるプレゼンテーションです。
制作の裏側についてのお話や、作品の素晴らしさに加えて、おふたりの人柄が伝わってくる素晴らしいプレゼンテーションでした。
一見難しそうなお話もカミガキさんの手にかかると柔らかくわかりやすく聞こえるから不思議です。
しかも、当日お会いできる!と思ってばっちりご著書とサインペンを持参しました。その後、打ち上げでサインしていただきました。完全にただのファンですね(笑)

4-3ill.pngそして最後に授賞式。
今回「いいね!ステッカー」をたくさんもらえたクリエーターには、自分の作品を紹介できるプレゼンテーション権が与えられます。残念ながら私はプレゼンできませんでしたが、素晴らしい方々がプレゼンされている様子を見て、とても刺激になりました。通常は作家さんとお話しないと聞けないような、作品に対する思いやコンセプトを詳しく聞けるのは貴重ですね。

その後、各スポンサー賞の発表があり、なんと「フォントワークス賞」をいただきました。今後も作品のクオリティを上げるとともに、世界中のたくさんの方に作品を見ていただきたいなと思いました。

次回は10月頃開催のようです。これはまたでるしかないっ!

4-4ill.pngBehance Japan サイト http://behance-japan.net/
Behance https://www.behance.net/
川添むつみサイト http://k-mutsumi.com

フリーランス応援プログラム