関西のホンネ02:年賀状はビジネスの味方?

私は大阪在住で関西に拠点を置いていますが、東京や他の地域にもクライアントがいます。大阪にいながら遠方のクライアントと一緒に仕事ができるのはフリーランスの魅力のひとつ。しかし、ときどきクライアントとの心の距離を感じて、寂しくなることがあるんですよね。会えるのは1年に数えるくらいだけど、それでも信頼関係を築きたいし、自分の存在を覚えていてほしい。皆さんはいかがですか?

今回はもっと地方で楽しく活動するために、この季節ならではの営業ツール「年賀状」を紹介します。年賀状でクライアントとの心の距離が縮まるかも!? ぜひご覧くださいね。

20141124_nanjo_1.jpg

Q.年賀状をビジネスに活用していますか?

フリーランサーの多くが、年賀状をビジネスのために活用していると聞くのですが......その実態は?
関西フリーランサーに聞いてみました。

・営業の基本は、これまでの知り合いに挨拶行脚から。 あとは、季節のご挨拶等です。(40代・Webプランナー)


・既存顧客には、年賀状、暑中見舞いなどで新しい実績紹介をしてアピールしています。(30代・広告プランナー・コピーライター)


・年賀状ソフトでレイアウトを作って印刷。そこに、手書きでひと言添えるようにしています。(20代・ライター)


・仕事に関係するものと、その年の干支を組み合わせて年賀状の写真に使っています。(40代・事務代行)


・こだわった年賀状を作ろうとして、いつもギリギリになってしまいます。(30代・カメラマン)


・フリーランサー仲間からもらう年賀状のなかには、個性的なものもあって......私も頑張らないと! って思います。(20代・ライター)

皆さん、きちんと自己PRに活用されてるんですね。でも......正直なところ、私は年賀状に今まで力を入れてきませんでした。年賀状ソフトを使って簡単にレイアウトを作って印刷するだけ。市販の年賀状を買ってきて、そのまま送っちゃうことも。私はせっかくの自己PRのチャンスを無駄にしてきたみたい。今年はちゃんと考えてクライアントに年賀状を送ることに決めました。とは言っても、あれもこれも盛り込むと長続きしない。私はいくつものノウハウから、以下の3点に気をつけることにしました。

1)自分のブランディング

  自分らしさ、個性を認識してもらうのが目的。
  顔写真やイラストを載せるのも効果的だそうです。
  私の場合......実家が神社なので、神社を背景に干支の置物を飾った写真を使うことに。
        日本文化に詳しいなど、「和」のイメージを持ってもらえますように。

2)売り込みコメントなどの自己PR

  新年の意気込みなどを書くと勢いのある印象深い年賀状に。
  仕事やプライベートなどの近況を書けば、会ったときの話のネタにもなりそうです。
  私の場合......旧年はどんな仕事をしたのか、新年はどんな1年にしたいかを掲載。
        嫌味にならないように、さりげなく活動をアピールします。

3)できるだけ文字は手書き

  宛名は印刷が一般的だからこそ、ひと手間かけて「手書き」で他の人と差別化。
  意外と表書きは見られているので、誤字に注意して丁寧に心を込めて......。
  私の場合......宛名とメッセージを筆ペンなどで手書きにしました。
         それぞれのクライアントに向けて、想いを乗せた年賀状を届けようと思います。

完成したオリジナル年賀状は、市販の年賀状よりも特別なモノに感じます。今までとは違う、こだわりの年賀状をクライアントに送るってワクワク♪ いろいろ工夫をしながら楽しく取り組むことができました。楽しく作って、営業の役に立ってくれる。ちょっと手間がかかるけど、年賀状は素敵な営業ツールなんだと実感しました。

人によってはクリスマスカードを送るなど、挨拶にピッタリのこの季節。皆さんも出来ることから始めてみませんか? 年末年始をぜひ自己PRやコミュニケーションにご活用ください。もっと年賀状活用術が知りたい場合は、バックナンバー『仕事で出す年賀状あれこれ』を参考にしてみてくださいね。

次回は、SNSをテーマに取り上げます。今や多くの人が利用しているSNS、仕事に繋がることってあるの? 利用するときの注意点は? など、フリーランサーのSNS事情についてお伝えします。どうぞお楽しみに~!

※この連載のバックナンバーはこちらからご覧ください。
南條祐弥

Writer 南條祐弥

ライター・Rhythmoon編集部メンバー
児童文化や女性のライフスタイルの分野を得意とする、大阪在住のフリーランスライター。コラムやシナリオを執筆するほか、書籍の編集協力、取材レポートの提供なども行なっている。リズムーンでは、地方で働く女性フリーランサーの多様なライフスタイルを発信中。趣味は絵本を読んだり、映画を観たり。ハイキングに出かけるのも好き。
http://ameblo.jp/original-ehon/

南條祐弥さんの記事一覧はこちら