NY在住アーティストとの出会い。きっかけはどう作る?

A-title_s.jpg

0607_kawazoe-ny_1.png

NYを親子留学の地に選んだ理由の一つは「海外のイラストやデザインに触れたい!」という気持ちから。
※バックナンバー「ニューヨークへの親子留学を選んだ理由」も見てみてくださいね。

まずはイラストレーションで有名なギャラリーの下調べから。出発前から調べていましたが、これがなかなか難しく......。チェルシー界隈がギャラリー街だというのは調べればわかるけど、どこがおすすめなのかさっぱり。

そこで私は、SNSを使って、ニューヨーク在住で自分の好きなテイストのイラストを描くアーティストさんに聞いてみることに! するとさっそく返事があり、ギャラリー情報をとてもていねいに教えてくださった上に「イラストレーターの集まるパーティをするからおいでよ」と招待してくださったのです。

0607_kawazoe-ny_2.png

勢いづいた私は、会いたいと思っていたもう一人のNY在住・アーティストさんにもアプローチ。こちらも「OK」のお返事が! NYのアーティストさんはみんなオープンマインドの持ち主なのでしょうか。うれしすぎて舞い上がってしまいました。
そしてさらに、ベビーシッターをお願いした方の紹介で、もうひとりアーティストさんにもお会いできることにもなり、もう、びっくりの連続でした。

お会いした中には日本人の方もいて、NYでのイラストレーション事情を教えていただいたり、私もわかる範囲で日本のことを伝えたりしてとても楽しく過ごしました。
アーティストさんたちと訪れた素敵なお店も忘れられない思い出の一つです。

0607_kawazoe-ny_3.png

しかし、英語が共通言語となるとコミュニケーションが難しく......。もっともっと話せるようにならないと意見や情報の交換は難しいなと思った次第です。

この出来事は、4週間の滞在のうち、3、4週目の出来事。もっと早くに出会えていたらよかったのにと少し後悔しましたが、最初の2週間は慣れるのに必死だったんですよね......。

その後、お会いしたアーティストさんが来日されたときに再会するなどその後もやりとりが続いていて、最高の出会いとなりました。

自分が一歩を踏み出さないと出会いってなかなかうまれないんだなと思う出来事でした。
これからも「一歩を踏み出す勇気」を大切に過ごしていきたいものです。

※この連載のバックナンバーはこちらからご覧ください。
※ちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイト「グローリア」でもアンバサダーとして登場しています。
川添むつみ

Writer 川添むつみ

イラストレーター
2006年東洋美術学校卒業後からフリーイラストレーターに。1児(5歳)の母でもあり、2011年にはオーストラリアへ、2013年にはニューヨークへ1ヶ月の親子留学を決行。リズムーンではエッセイにてその様子をお伝えしています。
イラストを交えてわかりやすく楽しくさまざまなことをお伝えしたいと思っています♪
http://k-mutsumi.com/

川添むつみさんの記事一覧はこちら