これからの時代の新しい教育

April 26 2016

幼児期がカギ!? 人生のチカラに変わる「非認知能力」

このエントリーをはてなブックマークに追加

160425_semba_06.jpg

photo by Donnie Ray Jones

この春考える、本当に必要な教育

新年度にもそろそろ慣れてくる季節ですが、熊本県、九州地方では4月半ばからの地震で今なお続く不安定な日々......。深い哀悼、心からのお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧をお祈りいたします。

このシリーズでお伝えしてきた国をあげての教育改革は、子どもたちが将来出会う社会課題を前に、答えがひとつでない問いへの思索、価値観が異なる人同士も協働しての課題解決、また、一人ひとりの個性にあわせた豊かな暮らしの実現というような、社会の大人からの切実な思いがこめられたものでした。

そして、この春、人をどのように育てたいか、人はどのような暮らしができたらよいのかを、さらに強く考えさせられています。

幼児期に育つ非認知能力。忍耐力・協調性・自信・やる気・立ち直る力、など

今、海外でも注目されている「非認知能力(非認知スキル)」は、幼児期の教育で高まるとされます。

これは、IQや学力などで表される「認知能力」とは異なる力で、忍耐力、意欲、自信、協調性、粘り強さ、計画性、自分の状況を把握する力、リーダーシップ、素早く立ち直る力などのこと。これらの要素を見るだけでも、この能力が高い人の、あり方や生き様などが想像できるようです。

社会的成功にもつながるという、非認知能力の高さは、その後の人生の、学力向上や所得の増大、犯罪率の軽減などにつながるとされています。それを裏づける海外の研究成果があり、諸外国でも、幼児教育の重要性に対する認識が高まっています。

また、恵まれない家庭の子どもは、非認知能力が低くなる傾向があるものの、幼児期の教育を改善し非認知能力を高めると、その後の人生も成功しやすくなるとのこと。その方が、思春期や成人になってからの職業訓練や教育などの支援をするよりも、経済的な効率性社会的な公平性が叶うとも言われています。

160425_semba_02.jpg

photo by Donnie Ray Jones

日本でも、非認知能力の育成を重視。小学校以降の土台に。

今年、日本では、待機児童の問題も社会を賑わせ、文部科学省はこれを解消するため、4月22日、全国の都道府県に対して、0〜2歳児のための小規模保育や長時間預かり保育を積極的に行うように通知

日本でも、幼児期は人格形成の重要な基盤の時期とされ、幼稚園のみならず、保育所、認定こども園などを通して、すべての子どもが健やかに成長するための、質の高い幼児教育を提供しようとしているところです。日本の政策課題でもある、人口減少社会や格差問題なども踏まえた検討が進められており、非認知能力の育成も重視されています。

3月30日には教育課程部会 幼児教育部会(第6回)があり、幼児期に育みたい資質・能力などの明確化を検討する資料も配付されました。「学びに向かう力、人間性等」として、感情や行動のコントロールに関する力や粘り強さ、共感性などの非認知能力についても書かれています。

幼児期に育まれた非認知能力が、小学校以降の主体的な学びの土台となり、幼児から大学までの教育の中で、活かされ延ばされていくという流れです。

楽しい気持ちが湧く、対話を通した学びを。

また、下記の資料を見ると、学校でのアクティブ・ラーニングが、幼児期の非認知能力を強化し開花させていく構造であることがわかります。5歳児後半の幼児教育におけるイメージ図ですが、保護者にとっては、もっと小さな子どもや大きな子どもの育児のヒントにもなりそうです。

160425_semba_08.jpg

photo By Donnie Ray Jones

たとえば、「深い学び」の過程で例示されているセリフ。こんな言葉がたくさん飛び交う会話を、遊びながらしてみてはいかがでしょうか。非認知能力と認知能力は互いに影響しあって伸びるそうです。「楽しい」と感じながら、気づきや思考の体験を、対話とともに重ねることで、子ども達の将来につながる良い力を育まれることと思います。

◆深い学びの過程
《感触・感覚・感動》
「すごいなぁ」「きれいだなぁ」「○○だね」「△△だよ」
《試行錯誤 気付き・発見の喜び》
「なぜ」「どうして 」「どうなるのかな」「見つけた」
《予想・予測・比較 分類・確認 》
「○○かもしれない」「 ○○になりそう 」「○○は同じだけれど△△は違う 」
《規則性・法則性・関連性等の発見と活用》
「○○だから△△になった」「○○なのは△△だから」「△△すると○○になりそう」「次に○○するとどうなるかな」

非認知能力は、個人の人間性の良し悪しなどでなく、教育で身につけることのできる「スキル」です。これを、伸ばすためにも、対話やコミュニケーションを丁寧にしていくことの大切さを感じさせられます。

新しい季節が過ぎていきます。社会には希望も試練もありますが、人と人が良い力を生み出し乗り越え合うという、たぶん人間としては当たり前の大事なことが学びの真ん中にいつもあるような教育が、現実になるように・・・と、心から祈る春です。

160425_semba_05.jpg

photo By John Liu

フリーランス応援プログラム