フリーランスはじめの一歩

August 23 2016

第3話 未経験でもアピール材料は作れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

20160719-gondoumayu.png20160808-gondoumayu-#03.png

フリーペーパー制作はボランティア活動でしたが、ここでの経験は当時の私にとってお金以上の価値がありました。

まず、相手のことを考えて絵が描けるようになりました。それまでは「絵を描きたい!仕事にしたい!」と考えるのは自分のことばかりでした。しかし、フリーペーパー制作を通して「見る人が癒されたらいいな、ママ向けだから子どもと一緒に見るかもしれないな」と相手のことを思うようになりました。

次に、時間の使い方が上手になりました。当時未就園児だった息子とは24時間一緒だったので、作業ができるのは彼が寝ているときのみ! ひとりで絵を描く時間はとても貴重で、短時間でより良い絵を描くべく集中するようになりました(まだ夜泣きをする時期だったから、何度も作業を中断して授乳して...を繰り返しながら)。また、夜ぐっすり眠れるようにたくさん公園で遊んだり、寝かしつけが終わったらすぐ作業に入れるよう家事をため込まないようにしたりと、相乗効果で家事育児もうまくいきました。

こんな風に書くとものすごい頑張り屋さんみたいですが、ただただ絵を描く場をいただけたことが嬉しくて楽しかったのです!
その調子で、フリーペーパー制作が終わってからも、何もしない時期を作らないようにして過ごしました。誰にも頼まれていないのに、自分でスケジュールを設定して作業していたので、仕事はないのに忙しかったです(笑)。

このように、仕事をイメージしながら試行錯誤するうちに自然とアピール材料がそろっていきました。

フリーランス応援プログラム