週末は、ゆるり朝ごはん

September 30 2016

フレークを使えば簡単!「かぼちゃ風味のニョッキグラタン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

20160930_breakfast_1.jpg

こんにちは、桜糀もちこです。今年も秋分が過ぎ、少しずつですが朝晩も冷え込んでくる季節になりました。肌寒さを感じるようになり、そろそろ温かいものが恋しくなってきたのでは?

そこで今日は、熱々のグラタンレシピをご紹介します。もちもち食感がおいしいニョッキと、かぼちゃ風味のホワイトソースが主役のグラタンです。お気に入りのブレッドと一緒にテーブルに並べれば、お腹も大満足な朝食に♪

今回主役のニョッキですが「パスタはよく作るけどニョッキにはあまり馴染みがないわ...」という方もいらっしゃるでしょうか。ニョッキはじゃがいもと小麦粉で作られた団子状のパスタの一種です。茹で時間は約3分と短く、茹で上がると浮いてくるのでそれが出来上がりの合図!とても扱いやすいパスタです。スーパーのパスタコーナーに置いてありますので、使ったことがないという方もぜひ一度お手にとってみてください。

そして今回は市販のかぼちゃフレークが大活躍してくれています。かぼちゃフレークは水と混ぜるだけで簡単にかぼちゃペーストが作れるので、煮たり潰したりといった手間が省けで便利。ポタージュスープやスイーツ作りにも使えますよ。

「もちもち!かぼちゃ風味のニョッキグラタン」

20160930_breakfast_2.jpg

<材料(2人分)>

ニョッキ 250g
厚切りベーコン 150g
玉ねぎ 1個
にんにく 1片
オリーブオイル 適量(炒め用)
塩 少々
コショウ 少々
溶けるチーズ 80g
ドライハーブ(オレガノやタイム、パセリなどお好みで。手に入らない場合はなくてもOK)

a) ホワイトソース

ホワイトソース缶(市販) 1缶(今回は290g入りのものを使いました)
牛乳 200ml

b) かぼちゃペースト
かぼちゃフレーク 10g
水 50cc

<作り方>
1. 具材を食べやすいサイズに切ります。玉ねぎは繊維に沿って薄切りに、ベーコンは約1cm幅に切ります。
2. フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れ、火にかけます。
3. にんにくの香りが立ってきたら、玉ねぎとベーコンを炒めます。火が通ったら塩・コショウで味を調えます。
4. 鍋にa)のホワイトソースと牛乳を入れ、火にかけながらなめらかになるまで混ぜます。
5. b)のかぼちゃフレークと水をよく混ぜペースト状になったら、4に加え火にかけたまま良く混ぜます。(火が強い場合は、ソースが焦げつかないよう火を弱める)
6. 茹でたニョッキ、3をホワイトソース+かぼちゃペーストが入った鍋に入れ、混ぜ合わせます。
7. 6をオーブン皿に移し、溶けるチーズとドライハーブをまぶし180℃のオーブンで10分程度焼きます(ご自宅のオーブンに合わせて調整してください。トースターでもOKです)。焦げ目がついたらできあがり!

夜のうちに調理を済ませて冷蔵庫へ、朝はオーブンで焼き色をつけるだけ!の状態にしておくのもおすすめです。かぼちゃのおかげでほんのり黄色の色合いがかわいらしいこちらのグラタン、ぜひ食器の色とのコントラストも楽しんでみてくださいね。

それでは良い週末を♪

フリーランス応援プログラム