Vol.28 人目を気にする必要がない在宅業者がかいた恥

20161003_iedeoshigoto_28.jpg

仕事中ずっと自宅の仕事部屋でひとりきりの私は、人目を気にする必要がありません。
以前にも 服装自由のお仕事です 服装自由のお仕事ですパート2 で、仕事中も好きな格好でいられることをメリットとしてお伝えしましたが、肩の湿布が丸見えでも、鼻炎が酷い時に鼻にティッシュを突っ込んでいても、誰にも見られません。

いつもそんな感じで過ごしているので、うっかりひどい格好で外に出てしまってついに恥をかいてしまいました。
自分がひどい格好でいることに、帰宅するまで気づかないでいたことが余計に恥ずかしくて、女子力の低い自分がとても情けなくなりました。
人目を気にする必要がないのはメリットでもあり、身だしなみに気を使わなくなるという点でデメリットともいえます。
他の在宅業者の皆さまはそんな失敗はしたことないですか?

※この連載のバックナンバーはこちらからご覧ください。
←Vol.27 自由で孤独なフリーランスの人間関係
Vol.29 仕事がはかどるのはどんな時
※次回の「今日も家でおしごと」は11月7日(月)更新予定です。
峰村友美

Writer 峰村友美

イラストレーター・Rhythmoon編集部メンバー
新潟県長岡市出身杉並区在住。1997年よりフリーランスのイラストレーターに。出版、広告、WEB、パッケージ等にイラストを提供。ほのぼのとあたたかく親しみやすい人物や動物などを描くのが得意。好きな食べ物はチョコとあんことパンとコシヒカリ。好きな場所は映画館と水族館。9歳差兄妹の母。
http://minetom.com/

峰村友美さんの記事一覧はこちら