週末は、ゆるり朝ごはん

October 28 2016

里芋、鮭、きのこ...旬食材で作るほっこり和朝食

このエントリーをはてなブックマークに追加

20161028_breakfast_1.jpg

こんにちは、桜糀もちこです。だんだんと秋も深まり、少しずつですが冬も近づいてきましたね。厚手のセーターが登場する機会も増えてきました。寒くなるにつれて朝布団から抜け出すのがつらい...そんな日にはほっこりやさしい味わいの朝ごはんで1日をスタートさせてはいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは、今が旬の里芋や鮭、きのこを使った和の朝ごはんメニューです。週末とは言え、朝から里芋の皮をむいたりお魚を焼くのはちょっと億劫...という場合は、冷凍里芋や、鮭フレークを使ってもOK! 手抜きをしてしまっても十分においしくでき上がります。少々罪悪感はありますが(笑)、ぱぱっと作れるのでおすすめです。

混ぜごはんのオープンいなり

20161028_breakfast_2.jpg

<材料(2人分)>
米 1合
いなり用油揚げ 8枚

①鮭と大葉の混ぜごはんいなり(右前&左奥)
焼鮭(鮭フレークでもOK) 1切れ
大葉 3〜4枚

②エリンギとベーコンの混ぜごはんいなり(左前&右奥)
エリンギ 1本
ベーコン 40g
しょうゆ 大さじ1
パセリ 適量


<作り方>
1. いなり用油揚げを温めておく。
2. (①)炊きあがった米と身をほぐした焼じゃけ、細かく刻んだ大葉をよく混ぜ合わせる。※鮭フレークと大葉は飾り用に少し残しておく。
3. エリンギ、ベーコンを食べやすい大きさに切り、フライパンで炒める。火が通ってきたら醤油を入れそのままさらに少し炒める。出来上がったら炊きあがった米と混ぜ合わせる。
4. それぞれの混ぜごはんを油あげに詰める。油あげの上端は内側に折り返し口は閉じず中身が見える状態にする。①のいなりは、残しておいた鮭フレークと大葉をそれぞれ上部に飾り付ける。②のいなりには最後に細かくちぎったパセリを少量飾り付ける。皿に盛り付けて出来上がり。

里芋としいたけの和風スープ

20161028_breakfast_3.jpg

<材料(2人分)>
里芋(冷凍でもOK) 約150g
しいたけ 4枚
小口ネギ 少々
だし汁 400cc
しょうゆ 小さじ1〜2(お好みで調整してください)
塩 少々


<作り方>
1. 鍋にだし汁、食べやすい大きさに切った里芋としいたけをいれる。
2. 具材に火が通ったらしょうゆ、塩で味を整える。
3. 火を止める直前に小口ネギを入れて出来上がり。

中身が見えるだけで一気に可愛らしい雰囲気になるお稲荷さん。朝ごはんの食卓に明るい彩りを添えてくれます。ぜひお好みで具材を変えて楽しんでみてくださいね。朝ごはん以外にもお弁当やおもてなしメニューとしても活躍してくれる一品です。

それではよい週末を♪

フリーランス応援プログラム