しあわせレシピを畑から

November 02 2016

つらい端境期、売上キープのために必要だったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

farm_title.jpg

こんにちは。Farm Rootsの佐藤亜弥美です。

夏の果菜類ーナス・トマトなどの勢いが落ち着き、葉物類の季節になりました。夏場は、毎日コンテナ何杯分もの野菜がもっさり採れるので、それをスーパーの直売所で売って稼いでいました。また、マルシェなども企画して野菜を直売し、安定した収入が得られました。
しかし今年は長雨の影響で葉物の育ちが悪く、秋野菜は壊滅的な状況。お野菜定期便のお客様にも、待っていただく状況が続いています。お客様に待っていただいているのも辛いですが、長雨なのに変に暖かい陽気が続いて、今年はバッタの被害がかなりひどいのでした。隔週で行っていたマルシェも一時中断せざるを得ず、農薬を使わない有機農家には辛い時期が続いています。普通、端境期(はざかいき:夏野菜と冬野菜の間の野菜の種類が少ない期間のこと)は9月から10月の1ヶ月間くらいですが、今年はまるまる2ヶ月くらいです。

20161102_sato_1.jpg

端境期をどうやって乗り切る?

当然売上も減ります。フリーランス農家には辛い状況です。
でも手をこまねいている場合ではありません!野菜が採れていない現在、収入を得るには道は2つ。
根菜類を売る、もしくは加工品を売る。

根菜類は、にんにく・じゃがいも・たまねぎなど保存が効く野菜です。これをまとまった数で飲食店に売ることができました。でも、有機のじゃがいもを使いたい飲食店は限られているため、そういったつながりが偶然にもあったのは運が良かったとしかいえません。来年からはそういったこだわりの飲食店とつながることも目標にしていかないといけません。

加工品については、夏場に採れすぎた野菜を乾燥させておいた「干し野菜」がストックしてありました。野菜の種類があまりにも少ないときにはお野菜定期便に入れたり、パックして個別に売ったりもしました。また、昨年作った「えごま油」の残りがあったので、そちらもマルシェで販売。有機のえごま油は価値が高いので確かな収入源になりました。

さらに、これはもともと販売計画には入っていたのですが、秋になると増えるマルシェやクラフトイベントなどでオーガニックスープの販売をしました。野菜が自家農園のもの100%であること、化学調味料無添加であることなどを前面に出して、価値を高めました。お野菜だけでは売上に限りがありますが、スープにすると単価が上がり(1杯500円)、まとまった売上を上げることに成功。スープにすると万が一売れ残っても、家でカレーにして食べたりできるので、リスクがありません。お弁当などだと売れ残りが困るので、スープにして良かったなと思っています。
個人的には料理や看板作りが好きなので、好きなだけ料理して、好きな絵を描いて、さらに収入が得られるって、こんなに楽しくていんだろうかと思ってしまいました(笑)。

20161102_sato_2.jpg

来年の計画に反映させる

今年は何とか乗り切れましたが、来年・再来年と売上を伸ばしていくためには今年の反省点を改善していかなければなりません。スープに関しては来年のイベント計画で、売れそうな良い雰囲気のイベントをチェックして申し込みなどのプランを立てておくことなどが大事です。
また端境期は、品種の違いなどをうまく考慮して、そもそもの端境期を作らないーつまり、いつでも野菜が採れる綿密な作付け計画を立てておくことが重要。

来年・再来年と、だんだん安定して収穫ができるように農業技術も上げて行きます。課題は尽きませんね。

11月の1品レシピ

寒くなり採れ始めた里芋。実は皮も食べられるって知ってましたか?一度食べると病みつきに。

里芋の素揚げのねぎあんかけ

20161102_sato_3.jpg

●材料(2人分)
里芋 5-6個

油 適量

●あんかけ
ごま油 大さじ1

ねぎ 1本

しょうが 1スライス

しょうゆ 大さじ1

だし粉 小さじ1

水溶き片栗粉 水100mlと片栗粉小さじ1


●作り方

1. 里芋は良く洗い、毛のようなものは取り除く。

2. 160度の油でじっくり揚げ、火が通ったら190度にしてカラッと揚げる。

3. フライパンに小口切りにしたねぎ、ごま油、みじん切りのしょうがを入れて熱する。
4. だし粉、しょうゆを入れたら水溶き片栗粉でとろみをつける。

5. 皿にあんを敷き、里芋を並べて上からお好みで塩をかける。

【Farm Rootsからのお知らせ】

Farm Rootsではお野菜詰め合わせセットを宅配でお届けしています。農薬や化学肥料を使わず自然の力いっぱいで育てる旬の野菜を食べて、元気な体で元気に働きませんか?一度お試ししていただくお試し便のほか、会員になっていただく定期便もございます。くわしくはブログにて。お野菜定期便の詳細はこちら→お野菜定期便について

16.6.21.jpg

フリーランス応援プログラム