週末は、ゆるり朝ごはん

November 25 2016

オレガノとチキンたっぷり!濃厚トマトシチュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

161125_breakfast_1.jpg

こんにちは、桜糀もちこです。季節はもう冬本番、すっかり寒くなってきましたね!今日はそんな季節に嬉しい、体がポカポカと温まる具材たっぷりのトマトシチューをご紹介します。下準備した材料をお鍋に入れてコトコト煮込むだけ!簡単で失敗知らず、なのにとてもおいしく仕上がるので、家族や友人、誰にふるまっても好評で毎回「おかわり!」と言ってもらえるレシピです。寒い季節になるとリクエストが増えるので頻繁に作っています。

水は使わずチキンをトマトだけで煮込むこの濃厚なシチュー、二つの食材と好相性なオレガノというハーブをたっぷり使います。お肉の臭みを取ってくれる効果があるので、火を通す前のチキンにしっかり馴染ませるのがポイント。また、オレガノには胃腸の調子を整えたり強壮作用があると言われていますので、忘年会続きでお疲れモードの時にぜひ食べていただきたいメニューです(※但しオレガノは通経作用・子宮収縮作用もありますので妊娠中の方は避けてください)。

オレガノのおかげでちょっぴりスパイシーな味わいを楽しめて、熱々を食べれば体もポカポカに!「なんだか疲れが溜まっているなぁ...」と感じる週末の朝ごはんに食べてエネルギーをチャージしてくださいね。赤いスープの色がテーブルの雰囲気をパッと明るくしてくれるので、これからのホリデーシーズンの食卓にもぴったりですよ。

オレガノとチキンの濃厚トマトシチュー

161125_breakfast_2.jpg

<材料(2人分)>

鶏もも肉 250g
マッシュルーム 1パック(約150g)
トマト缶(カットタイプ) 1缶
オレガノ 大さじ2〜3
塩 少々
コショウ 少々
レモン汁 大さじ1
塩漬けケッパー 大さじ1
にんにく 1片
コンソメ(顆粒) 小さじ1
ドライパセリ(仕上げ用) 適量
オリーブオイル 適量

<作り方>

1. 食べやすいサイズに切った鶏もも肉に、塩・コショウをなじませ、その後にオレガノを全体にまんべんなくまぶす。
2. 鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ、みじん切りにしたにんにくを入れる。
3. にんにくの香りが立ってきたら、鶏もも肉を入れて焼きつける。
4. 鶏もも肉に軽く焦げ目がついたら(この時点で中まで火が通っていなくてOK)、薄切りにしたマッシュルームを入れて炒める。
5. マッシュルームがしんなりしてきたら、トマト缶、コンソメ、ケッパーを入れて鶏肉に火が通るまでしばらく煮込む。(塩漬けのケッパーは手に入らなければ入れなくてもOKです。その場合は、煮込む際にお好みで少し塩をプラスしてみてください。塩分が気になる場合は最後に入れるレモン汁を多めにするだけでもOK!)
6. 鶏肉に火が通ったら、レモン汁を入れてさらに10分~15分ほど弱火で煮込んで出来上がり。

最後に入れるレモン果汁も忘れてはいけない大事なポイントのひとつ。味が引き締まってトマトとチキンの旨味が充分に引き立ちます。一晩おいてまたコトコト煮込むと鶏肉に味が染み込み、さらにおいしさがUPするこのトマトシチュー。私はいつも多めに作って翌日まで楽しむことにしています。ぜひ作ってみてくださいね。

それでは良い週末を♪

フリーランス応援プログラム