しあわせレシピを畑から

December 02 2016

フォローメールの大切さを実感。フリーランス農家が経験した失敗と学び

このエントリーをはてなブックマークに追加

farm_title.jpg

こんにちは。Farm Rootsの佐藤亜弥美です。

5月からお野菜定期便をはじめて6ヶ月経ちました。今は夏野菜・秋野菜の畑の片付けに追われています。
春から準備を重ね、定植・収穫を繰り返しながら、私たちはお野菜定期便の集客にも追われていました。駆け抜けてきた半年間だったように思います。その中で、ヒヤリとした経験もあれば、実際に失敗してしまった経験もあり。フリーランス業や会社勤めの業務にも通じることかと感じたのでシェアしたいと思います。

作業計画は入念だった...はずなのに?

失敗したことはたくさんありますが、大きく分けて「農作業の計画ミス」と「接客・フォローの失敗」の2つがあります。

農作業の計画ミスは主に夫である農場長が担当しているのですが、計画はさらに分けると「作付け計画」と「作業計画」に分けられます。作付け計画は、どの野菜をどの時期に作付け(苗を植えたり、種まきすること)して、どの時期に収穫するかということです。作業計画は、畝たてしたり、草刈したりといったその他必要な農作業を、いつやるかと計画だてること。
これは前年度にすでに計画を立てて、春以降、その都度修正もしていたのです。でも、夏から忙しくなってくるとなかなか次の作付け作業がはかどらない・収穫高が思ったより上がってしまい出荷に時間を取られてしまった・など予想外の事態が次々に起こって、農場長も私もパンク状態になってしまいました。

去年はお野菜定期便はやっていなかったので、その出荷や連絡、準備にとられる時間を考慮していなかったのも、失敗の理由の一つです。
また、夏場は私は毎日のように熱中症になりました。私は子どもを保育園に預けて農作業をしていたため、稼働時間はいちばん暑い9時〜15時。そんな時間に毎日草刈りをしたらバテるに決まっています。

20161202_sato_1.jpg

顧客へのフォローの手厚さが次に繋がる

私たちは直売という形態で、お客様と直接連絡を取ってお野菜を売っています。お野菜定期便にしても、その他、直接畑に来ていただく売り方にしても、お問い合わせから、発送連絡まですべて私がこなさなくてはなりませんでした。時には、連絡だけで1日かかってしまうことも。

一日に何通もお問い合わせや返すべきメールが来るので、しだいに脳内がパンクしてしまって、連絡漏れが出てきました。そして1度連絡漏れがあると、あとから数倍になって帰ってくる(クレームだったり、情報を探し直して送ったり)のがわかりました。

さらに、お試しで1度お野菜を送ったお客様へ、フォローメールするのとしないのでは、その後に続くか続かないかは明らかに差が出ました。フォローメールとは「お野菜いかがでしたか?ご要望などありましたら、なんでもおっしゃってください。」のようなメールです。

特に私たちは農家なので、お客さんにとっても、このメールは農家と直接情報交換できる大切な場になるはずです。フォローをしっかりすれば、また注文が来ることが多かったのです。
でも、忙しさにかまけて、お客さんに気配りするのを後回しにしてしまったことが、今年でも何回もありました。物理的に難しかったのもありますが、その重要さに気づけなかったのかもしれません。
とあるネットショップオーナーのインタビューで、女性店長が「向こうから返事がなくなるまでメールは続ける」と言っていたのが心に残ったのですが、それくらいのお客さんに対する気遣いをすれば、リピーターは必ず増えるのだと思いました。

失敗から学んだこと3つ

「農作業の計画ミス」と「接客・フォローの失敗」を踏まえて、学んだことが3つあります。それは、

① 目標は高めでも、計画は余裕を持って

② 一時の気のゆるみが、後からフォローを大変にする

③ 顧客とのやりとりが一番大事な仕事。手を抜かずに!

儒学者・佐藤一斎の言葉に「克己の工夫は一呼吸の間にあり」というのがあります。己に勝つわざは、一瞬の積み重ねなので、「今」手を抜かずに生きよう、というような意味です。一回くらい気をゆるませて仕事をサボってもいいだろうと思いがちですが、その瞬間の弱い自分に勝ち、ンッと体を起こしていくのが成長していくただ一つの方法ではないでしょうか。
とはいえ私も道半ばなので、最近の寒さで2度寝が続いています......。早寝早起きを努めたいなと思っています。

12月の1品レシピ

ちょっと珍しいですがパクチーを一株丸ごと使ったレシピです。ちょっとアジア風でおいしいですよ。スーパーで見かけたらぜひやってみてください!

パクチーと豆腐と葉野菜のサラダ

20161202_sato_2.jpg●材料(4人分)
パクチー(根付き) 1株
ひき肉 80g
豆腐 1丁
玉ねぎ 1/2個
タアサイ(小松菜でも)2把
にんにく 1かけ

ショウガ 少々
しょうゆ 大さじ3
酢 大さじ1
ごま油 大さじ2

●作り方

1. 豆腐はサイの目切りにし、水を切っておく。

2. パクチーの根をみじん切りにし、同じくみじん切りにしたにんにく・ショウガとともにフライパンでひき肉と炒める。

3. ざく切りにしたタアサイ、薄切りにした玉ねぎをサッと炒め、しょうゆ・酢を加える。
4. 最後にごま油を加え、味を調えたら、皿に盛る。

5. その上に豆腐とパクチーの葉を乗せる。

【Farm Rootsからのお知らせ】

Farm Rootsではお野菜詰め合わせセットを宅配でお届けしています。農薬や化学肥料を使わず自然の力いっぱいで育てる旬の野菜を食べて、元気な体で元気に働きませんか?一度お試ししていただくお試し便のほか、会員になっていただく定期便もございます。くわしくはブログにて。お野菜定期便の詳細はこちら→お野菜定期便について

16.6.21.jpg

フリーランス応援プログラム