週末は、ゆるり朝ごはん

December 23 2016

疲れた胃腸をいたわる♪ 炊き込みごはんの焼きおにぎり&きのこ汁

このエントリーをはてなブックマークに追加

161223_breafast_1.jpg

こんにちは、桜糀もちこです。今年もあっという間に年の瀬...年のはじめに立てた目標をいくつクリアできたかしら?と考えてはみたものの、そもそも一体どんな目標を立てたのか思い出せずにいる今日この頃です(笑)。2017年こそは、立てた目標をしっかりと心に刻んで過ごしたいと思います。

フル回転の胃腸をいたわる素朴な朝ごはん

さて年末年始と言えば、おせち料理やお雑煮などのたくさんのご馳走に加えてお酒を飲む機会も多いですよね。胃腸もフル回転でお疲れ気味に...。今回ご紹介する朝ごはんメニューは、そんなときにこそおいしくいただける素朴な味わいの「焼きおにぎり」と「きのこ汁」です。

焼きおにぎりは簡単にできる炊き込みごはんを和風と中華風の2種類の味付けにアレンジします。和風焼きおにぎりは王道の醤油味。もう一種類の中華風焼きおにぎりは、ごま油とオイスターソースの組み合わせが食欲をそそります。前日の夕食として炊き込みごはんを多めに作っておいて残りをリメイクしてもOKですよ!

握っただけの普通のおにぎりももちろんおいしいのですが、ひと手間かけて焼き色をつけると香ばしいかおりがしてさらにおいしく感じられたりしますよね。きのこ汁はお醤油ベースのシンプルな味付けで、きのこと豚肉の旨味を存分に味わえます。きのこはお好みのものを好きなだけ!たっぷりと入れてくださいね。今回は「なめこ」と「かきの木茸」という茶色のえのきを使いました。なめこのおかげでとろりとした仕上がりになり、熱々を食べれば身体がポカポカに温まります。寒い冬の朝、冷え切った身体におすすめのメニューです。

炊き込みごはんの焼きおにぎり(2種)

161223_breafast_2.jpg

<材料(2人分)>

米 2合
★醤油 大さじ2
★酒  大さじ2
水  ★と合わせて400ccになるように
鰹削り節 1パック


・和風焼きおにぎり
醤油 小さじ1
白ごま 適量


・中華風焼きおにぎり
ごま油 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
万能ネギ 適量
糸唐辛子(あれば) 適量
  

<作り方>
1. 米を研ぎ、醤油・酒・水・削り節と一緒に炊飯器や鍋に入れて15分ほど置いてから炊く。
2. 米が炊き上がったらおにぎりを握る。
3. 和風:おにぎりの表面にハケなどで醤油を軽く塗り(両面)フライパンで焼き色をつける。最後に白ごまをのせる。
4. 中華風:おにぎりの表面にごま油とオイスターソースをよく混ぜ合わせたものをハケで塗り(両面)、フライパンで焼き色をつける。細かく刻んだ万能ネギと糸唐辛子をのせる。

旨味たっぷり!きのこ汁

161223_breafast_3.jpg

<材料(2人分)>

お好みのきのこ 250〜300g(※今回はなめこ、かきの木茸を使用)
豚コマ肉 100g
ネギ 1本

醤油 大さじ2
だし汁 600cc

1. 鍋にだし汁、きのこを入れて煮る。
2. きのこに火が通ってきたら豚肉をいれる(豚肉の臭みが気になる場合は、鍋に入れる前に酒をふりかけ10分ほど置いておく)。
3. 灰汁が出てきたら取りのぞきながら、具に完全に火が通るまで煮る。

4. 醤油を入れて味を整える。
4. 火を止める1〜2分前に、みじん切りにしたネギを入れる。そのまま少し煮て出来上がり。

子どもの頃、母が作ってくれる焼きおにぎりが大好きで「焼きおにぎり作ったよ〜」と言われると、それだけで何だかテンションが上がったのを思い出します(単純...)。子ども時代のおいしい記憶に思いを馳せつつ、2016年最後の「週末は、ゆるり朝ごはん」コラムを締めくくりたいと思います。2017年も皆さまに喜んでいただける週末の朝ごはんメニューをお届けできますように!

それではよい週末を♪

フリーランス応援プログラム