しあわせレシピを畑から

February 03 2017

発信し続けると引き寄せる?コラボの仕事が増加した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

farm_title.jpg

ブログの文章を伝わるように書く重要性

こんにちは。Farm Rootsの佐藤亜弥美です。

リズムーンに連載するようになって、それまで好きなことを好きな時間をかけてだらだらと書いていた私の文章への態度が変わったように思います。定期的に連載させていただくことによって、「伝えるための文章を書く」という当たり前のことがいかに難しいか知らされました。同時にWebライティングの面白さを知り、農閑期である冬の間に副業でWebライターをしたりもしました。いろいろなWebマガジンやキュレーションメディアのライティングをするうちに、だんだんとコツがつかめてきて、Web上で好まれる書き方を知れたり、数をこなすことで「この時間内で書ききろう」と文章を書く速さもかなりアップしたと思います。(プロの方には及びませんが......。)

こうして得た知識をFarmRootsのブログにも反映させよう、と思い、昨年はWebライティング知識を使ったたくさんの記事をアップしました。また、恵那市のローカルメディアおへマガにもFarmRootsとしてレシピの連載があります。

フリーランス農家のFarmRootsとしては、こういったライティング経験をさせていただいて非常に効果が高かったなあと思っています。というのも、「伝える技術」というのは勘ではなかなか身につかないスキルだから。こうしたスキルがあるのとないのとでは、ネット上でも現実世界でもお客さんからの反応がまったく違うのです。そういったスキルが無いままにブログをだらだら更新し続けている農家さんを見ると、もったいないなあと思います。

昨年、私たちのお客さんは、ブログやSNSから流入する方がほとんどでした。その流れはこんな感じ。

SNSを見る→ブログを訪問する→(近くの方なら)マルシェで野菜を買ってみる→
気に入れば定期的に野菜を買う→SNSで野菜の写真をシェアしてくれる→お友達がFarmRootsに興味を示す

発信したりイベント開催を続けたらコラボする仲間が増えた

お客さんだけではありません。FarmRootsの野菜やスープとコラボしたいと言ってくれる仲間が増えたのも発信し続けたおかげです。
例えば「うちの軒先でマルシェしてみない?」とか「イベントでスープ売ってくれない?」など、声をかけられることが増えてきたのです。SNSでの「にぎわい感」が「FarmRootsなら元気がありそうだしイメージもいいから、声かけてみよう」と思っていただけるのかもしれません。

2017012_farmroots_1.jpg

またブログで発信しつづけていたら、なんと紙媒体への寄稿もお願いされました。ローカルなメディアですが、近くの方にFarmRootsのことを知っていただけるとあってとてもありがたいお話でした。

2月には恵那唯一の古本屋・庭文庫さんとのコラボイベントが開催されます。
庭文庫さんはFarmRootsで「星空スクリーンと秋の文化祭」というイベントを開いたとき来てくれたご縁があり、お互いに詩が趣味だということで盛り上がり、「詩のイベントをやろう」ということになったのです。

「星空スクリーンと秋の文化祭」を開催したのは、田舎には伝統行事以外の文化的な場が少ないとかねがね不満に思っていた私が、「うちの庭で星空を見ながら上映会しながら、文化的なマルシェをしよう」と思い立ったからです。屋外では上映会と、書評バトルをする「ビブリオバトル」、屋内ではこだわりのハンドドリップ珈琲屋さんやカラーセラピーの体験、そしてFarmRootsのごはんとお酒。参加する誰もがゆったりと文化に浸るいいイベントになりました。

古本屋・庭文庫さんも移住者なので「田舎で詩を朗読したり、自らを表現して詩を書くという文化的な場が少ない」という理由から、コラボイベントを持ちかけてくれました。FarmRootsは、農園のお茶を使ったお菓子でおもてなしをする予定です。
ちなみに恵那市ではこういったイベントがすこしずつ増えてきました。恵那に住む若い方も、イベントが増えることでいままでになかった交友関係を作れたり、文化的な刺激が増えたりして、暮らしやすくなっているようです。(素晴らしい!)

ブログを書いたり、SNSを発信したり、イベントを開催するのは、骨の折れることでもあります。しかし、過疎地域にあるFarmRootsとしては、発信やイベントは外と繋がれる数少ないツールです。一つひとつの成果はほんの少しでも、積み重ねていくことで大きな成果につながっていくとフリーランス農家は確信しています。

2月の1品レシピ

12月末に漬け込んだ自家製キムチが美味しくなってきました。実は今が旬のキムチ。うどんでつるつるっとたくさん乳酸菌を摂ろう!味噌煮込みうどんならぬ味噌キムチうどん。

味噌キムチうどん

2017012_farmroots_2.jpg●材料(2人分)

牛肉コマ切れ 50g
キムチ 150g
白菜 1/6個
人参 1/4本
ねぎ 1本

ごま油 大さじ2
めんつゆ(表示通り希釈したもの) 600ml
味噌 大さじ1と1/2

乾麺うどん 200g 


●作り方

1. 牛肉は一口大に、白菜・人参も一口大に切っておく。ネギは斜めに細切りに。

2. ごま油を熱したフライパンに牛肉とキムチを入れて炒める。

3. 火が通ったらネギ以外の野菜も入れて炒め、めんつゆを入れ、味噌を溶きいれる。最後にネギを入れてひと煮立ち。

4.茹でてどんぶりに盛ったうどんに3をかけて出来上がり。

【Farm Rootsからのお知らせ】

Farm Rootsではお野菜詰め合わせセットを宅配でお届けしています。農薬や化学肥料を使わず自然の力いっぱいで育てる旬の野菜を食べて、元気な体で元気に働きませんか?一度お試ししていただくお試し便のほか、会員になっていただく定期便もございます。くわしくはブログにて。お野菜定期便の詳細はこちら→お野菜定期便について

16.6.21.jpg

フリーランス応援プログラム