週末は、ゆるり朝ごはん

February 24 2017

残りご飯で簡単!海老とアスパラの中華風粥

このエントリーをはてなブックマークに追加

170224_breakfast_1.jpgこんにちは、桜糀もちこです。まだまだ寒い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?天気の良い日は昼間の日差しに春の訪れを期待してしまいますが、もう少し辛抱が必要ですね。

そんなこの時期、休みの日の朝は少しでも長く温かい布団の中にいたい...ですよね...!
そこで今日は、前日の残りご飯を使ってササっと簡単に作れる中華風の海鮮粥をご紹介します。あっという間に出来上がるのに、ぷりぷりの海老のおかげで朝からちょっぴり贅沢気分を楽しめます。身体をじんわりとお腹から温めてくれるやさしい味わいのメニュー、ぜひ試してみてくださいね。

海老は冷凍のものやボイルされているものを使用してももちろんOKですが、生の海老を使って「作り方」でご紹介している下茹でをすると、ぷりっぷりの食感になりとてもおいしくいただけますよ!炒め物など他の料理でむき海老を使う際も、必ずこの下茹でをするようにしています。ちなみに下茹での際に酢を使っていますが、海老自体に酢の味は付かないのでご安心を。酢が料理の味を邪魔することはありません。

海老とアスパラの中華風粥

170224_breakfast_2.jpg

<材料 (2人分)>

★冷やご飯 お茶碗1.5杯分
★水 600cc
★鶏ガラスープの素 小さじ4
★アスパラガス 3本
★むき海老 70〜80g

(むき海老の下準備用)
片栗粉 大さじ1程度
酢 大さじ1
塩 小さじ1


<作り方>
1. まずは海老の下処理から。ボウルにたっぷり水(分量外)を入れ片栗粉を溶かし、その中でえびを洗う。気になる場合は背ワタも取ると良い。
2. 小さめの鍋にたっぷり湯を沸かす(分量外)。沸騰したら酢・塩・えびを入れ、再沸騰するまで茹でる。
3. アスパラを輪切りにする(厚さは2〜3mm程度)。先の部分は輪切りにせず、飾り用にそのままの形で残しておく。
4. 鍋に★の材料を入れ、米が十分に柔らかくなるまで煮たら出来上がり。

休日のあったかメニューの朝ごはんは、まだまだ寒いこの時期には嬉しいですね。お好みでぽかぽか食材の生姜のすりおろしを加えるのもおすすめです。身体を中から温めて春の訪れを待ちましょう!

それではよい週末を♪

フリーランス応援プログラム