FIND YOUR FASHION

March 30 2017

改めて考えてみよう。ネット上での情報発信についてのマイルール

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは! Rina Namikiです。
今回は、ブログやSNSなどで何かを発信する際に心がけていることや、それに伴う責任について考えてみました。

20170321_rinanamiki2.jpg

誰もが、いいと思ったものを共有できる時代

みなさんは、何かを発信することが好きですか?

ブログ、SNSを通して情報を発信すること、あるいはアートや文学を通して自分自身を発信・表現することなど、さまざまな形がありますが、発信・表現をした経験がある方は多いと思います。今はこれだけインターネットが普及していますから、とくにネットの世界においては、情報発信や自分の意見を主張するという行為が簡単にできます。

私は自分のいいと思ったことやものを自身のブログで取り上げたり、言葉で表現できないものをイラストという形で表現したりしています。なぜやるのかと言えば、単純に好きだからなのですが、自分が発信したものが誰かの目に留まって、興味を持ってもらえるのはやはりうれしいですよね。
世の中には、私たちの知らない楽しくてわくわくするようなもの、場所、人がまだまだ存在しています。それらを多くの人が互いに発信し合うというのは、とても素敵なことだと思います。

20170321_rinanamiki.jpg

責任について考える

ただ、何かを発信するという行為には、必ず「責任」というものが伴ってきます。

情報を発信するのであれば、正しい情報を提供する責任がありますし、自分の意見を主張するのであれば、それによって嫌な思いをする人がいないか? 偏った意見ではないか? という点について、よく考える責任があります。
また、自分とは異なった意見を持つ人によって批判される可能性も十分にあります。意見を主張するということに意欲的ではない人もいますから、そういう人たちから冷たい視線を浴びるかもしれません。何かを発信するときには、そんな心配事もあります。

でも、「誰かに批判されるのが怖くて何も言えない」という状況は、とても悲しいですよね。
社会全体にそういう流れができてほしくないので、私は主張・表現を続けます。

前回のコラムでも話したので重複になりますが、私たちはもっと「自分で考える」という行為に重点を置かなければいけません。よく考えていない・知らないことに対して容易に賛同したり、批判したりすることはとても簡単ですが、そこからは何も生まれません。こちらから何かを発信するためにはリサーチが必要になってきますし、幅広い視野でその事柄を捉えなければなりません。自分でよく吟味し、あらゆる責任を受け入れた上で何かを発信することは、相手にとっても自分にとっても、とても意味のあることです。そして、考えるという過程の時間も、発信したことで得られた結果も、全部自分自身の財産になると考えています

参考になるかわかりませんが、以下はそのほか私が何かを発信するうえで個人的に気をつけていることや、大切だと思うことです。

自分で経験したことを自分の言葉で伝える。これは基本中の基本ですが、一番重要なことかもしれません。

いいものを見極める力。感覚的なものだと思うので初めはセンスに頼る部分が大きいですが、やっていくうちに身についく/磨けるものだと思います(なので、とにかく続けることがとても大切です)。

常に新しいものを探す姿勢。物事をあらゆる側面から見ること。意図せずに誰かの、何かのマネになってしまったということが起こりかねないので、事前リサーチなどは入念にします。また、日々アンテナを張り続けるのは本当に難しいですが、ジャンル問わずいろんなことを経験していく中で、「これは私のプロジェクトと繋がるかも」という視点を常に持っているといいと思います。

ぜひ皆さんも、自分のいいと思ったものや、自分の活動、あるいは誰かの素敵な活動について、もっと主張したり、意見を交わしたりしてみませんか?

最後に、私の大好きな言葉をご紹介します。
詩人オードレ・ロードの言葉です。

Silence will not protect you.
沈黙は、あなたを守ってはくれません。

フリーランス応援プログラム