特集

July 10 2017

税理士がアドバイス!「法人化を考え始めるべきタイミング」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。公認会計士・税理士の矢野裕紀と申します。
リズムーンをご覧のフリーランスの皆さまに、「フリーランスの法人化」について全2回に渡ってお伝えしたいと思います。第1回目は、「法人化を考え始めるべきタイミング」についてです。
201706_yano_1.jpg

法人化を考え始めるべきタイミング

インターネットで、「法人化 タイミング」や、「法人化 いつから」など、個人事業主の法人化のタイミングについて調べてみると、「利益が500万円を超えたら」「利益が800万円を超えたら」「売上が1,000万円を超えたら」などいろいろな見解が出てきます。
皆さまも、情報収集をされる中でお気付きかもしれませんが、法人化のタイミングについて、これだけ諸説ある理由は、税金面をはじめとしてさまざまな側面のメリット・デメリットがあり、一概に"いつが最適"と言い難い点にあります。

では、結局のところ、法人化の考えどきはいつなのでしょうか?

私の個人的な意見になりますが、個人事業主であれば、「今から」法人化を考えるべきだと思います。
これは、「今すぐ法人化しましょう」という意味ではなく、個人事業主であれば常に法人化をイメージしておいた方が良い、「今から」法人化について考え始めましょう、という意味です。
以下、「今から」法人化について考え始めた方がいい理由を、3つに絞ってお伝えいたします。

「今から」法人化について考え始めるべき理由

 ①「稼ぐために法人化」という選択肢もある

前述のように、法人化のタイミングについて目安として用いられやすいのが"利益"です。「○○万円以上利益があるなら法人化!」というのは、もちろん正しい観点です。日本の税金の仕組みを考えると、個人事業主として利益が1,000万円以上あるような場合には、法人化することで節税できるケースが多いでしょう。

では、利益100万円の人は法人化とは無縁か、というと、必ずしもそうとは言えません。
インターネット上の情報には、節税目線の法人化がたくさんあるので、「稼げるようななったら法人化」というイメージを持ちやすいと思いますが、逆に、利益が100万円であったとしても、「これから稼ぐために法人化」という選択肢もあるのです。

法人化のメリットの一つに"社会的信用力が増す"というものがあります。こちらが法人であれば、取引先を法人に限定しているような企業とも取引ができるようになります。一概には言えませんが、法人相手であれば、高い単価の仕事が取りやすくなる場合もあります。個人事業主である、ということだけで稼ぐ力にフタが乗っかってしまうケースもあるので、今の利益だけを見て「自分に法人化はまだ早い」と思い込まないようにしましょう!

②フリーランスにとって法人化はライフプランの一つにできる

フリーランスの方が、個人事業主から法人化する最大のメリットは、法人化をライフプランの一つとして考えることができる点にあります。

法人化のメリットに関する記事を読むときには、どうしても"節税"ということに目がいきがちですが、節税だけでなく長期的なメリットにも目を向けると、より現実味を持って法人化を考えることができます。

例えば、住居を法人で借りて社宅扱いにする、法人で車を持つ、法人で保険に入る、などは単年の節税というよりは、長期的に見て、しかも、生活にも直結するような活用法です。つまり、フリーランスにとって、法人化は単に目先の節税目的だけで考えるのではなく、ライフプランの一つの方法として考えるべきもので、そう考えると、まさに今が法人化を考え始めるべきタイミング、と言うことができます。

201706_yano_2.jpg

③"本当のサポーター"はすぐには見つからないから

仮に「来年は利益が800万円くらいになりそうだから、法人化しよう」と決めたとします。 法人を設立するためには、司法書士や行政書士のサポートが必要ですし、設立後には税務署などへの届け出、法人経営や確定申告で税理士のサポートが必要です。

このような専門家は、今やインターネットで簡単に検索できますし、何なら直接会わなくても書類作成や届け出などの代行をしてくれるサービスもあるので、法人化を決意したらすぐにでも見つけることができます。

ただし、この便利さには落とし穴もあります。

法人設立や法人化後の手続については、初めてのことだらけで、ささいなことでも不安になるものです。また、②のように、法人化をライフプランの一つとして考える際に、どんなことを検討しなければいけないか悩ましいことも多いはずです。そんなときに、頼りになるのがその道の専門家ですが、その専門家を単なる代行業者として選んでしまうと、気になることがなかなか相談できず、結局は単に法人という箱を作っただけ、ということになりかねません

法人化で失敗しないためには、単なる代行業者ではなく、信頼できる"サポーター"となるような専門家が必要です。
ただ、そのような自分に合ったサポーターはなかなかすぐには見つからないものです。

今すぐに法人化しないとしても、法人化について相談できるサポーターは今から探し始めましょう!

まとめ

フリーランスの法人化については、様々なメリット・デメリットがあります。これをすべて一人で検討するのは大変なことです。法人化はあくまでもより良い人生のための手段の一つです。今は自分に関係ない、と思っている方も、これを機に、まずは、法人化について情報を集めたり、専門家と知り合ったり、すでに法人化されているフリーランスの方と情報共有することを始めてみてください。

第2回目は、「法人化の前に具体的に準備すべきこと」についてお伝えします。

【8/2(水)緊急開催決定】
法人化すると何が変わる? フリーランス向け法人化準備セミナー

本コラムの著者・公認会計士・税理士 矢野裕紀さんを講師に向かえ、漠然とでも法人化に関心のあるフリーランサーに向けて、"法人化"をテーマにしたセミナーを開催いたします。
詳細はこちらでCHECK!


【PR】

銀行口座だけでなく、クレジットカードも プライベートとビジネスで分けてますか?

プライベートと仕事で同じクレジットカードを使用すると、経費精算の度に仕分けがとても面倒ですよね。仕事用にクレジットカードを作りたいけれど、「フリーランスは、信用力が低いのでクレジットカードは作りにくい...」と諦めている方に朗報! フリーランスでも法人カードが作れるんです。

SBS.jpg

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の5つの魅力

1)審査が「個人」だから、フリーランスでもカードが作れる!

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、申込者個人の審査になるため、業績の申告は不要。面倒な書類の準備なく申し込むことができます。

2)経費精算の事務処理業務や経理コスト、経費が削減できる!

取引先への振込をカード払いにすることで振込業務が不要になるほか、銀行振込手数料を削減することができます。また、カード利用で貯まった永久不滅ポイントを支払いに充当することで、経費を削減することができます。

3)24時間365日利用できるコンシェルジュサービス

出張時のホテルや航空券・JRチケットの手配や商談にふさわしいお店の予約、大切な取引先へのフラワーギフトの送付などのちょっとした業務を相談することができます。そのほか、プラチナカードならではの特典も。

4)ビジネスに欠かせないサービスを優待価格で使える

事務用品の購入や宅配便、レンタカーなど、仕事でよく利用するサービスを法人レートの優待価格で利用することができます。

5)年間200万以上の利用で、年会費が半額に!

インターネット広告料や事務所家賃の支払い、備品購入など、仕事の経費精算をカードにまとめて年間利用額が200万円以上になると、年会費2万円が半額の1万円に優遇されます。

プライベートと仕事のカードが混同してしまっていたという方は、この機会に「法人カード」を検討してみては?

カードの詳細はこちらでチェック>

フリーランス応援プログラム