旅するように働き、暮らす、より自由な生き方『モバイルボヘミアン』

皆さん、こんにちは。フォトグラファーの宇野です。毎日暑いですねー。
「暑い時期だけ避暑地で暮らしたい」なんて考えたことのある方! 今回はそういう生き方もできると思わせてくれる、この本をご紹介します。

20170731uno01.jpg

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには 』は、本田直之さんと四角大輔さんという2人の実業家が共同で書いている本です。
本田さんはハワイと日本、四角さんはニュージーランドと日本を拠点に、年中数カ国を移動しながら暮らしています。仕事が気になるところだと思いますが、おふたりとも自分の会社を経営されていて、本田さんは日本とアメリカのベンチャー企業の投資育成事業(今は10社に出資、8社の役員と3社の顧問)をしながら執筆を、四角さんは執筆活動を中心に、複数の企業の役員やアドバイザーなどのプロデュース業を行っているそうです。

「モバイルボヘミアン」とは?

モバイル=動ける、動かしやすい、機動性のある、移動型の
ボヘミアン=古い慣習にとらわれない人、自由奔放に生きている人

少し前に、「ノマド」という言葉をよく聞きましたよね。ノマドワーカーが「どこにいても仕事ができる人」とするなら、それに「仕事とプライベートの境がなくなってきている状態」を加えたものが「モバイルボヘミアン」だそうです。

好きなときに、好きな場所で、好きなことや自分のライフスタイルそのものを仕事にしているので、やっていることが仕事なのか遊びなのか休んでいるのかわからない。すべての時間が「自分の時間」と言い切れるのだとか。この本も、誰とも一度も顔をあわせず、オンラインで打ち合わせ。そして旅をしながら執筆されたそうです。

やりたいことを実現させる努力

そんなスタイルに行き着いたのは、「身軽に、自由に生きたい」という思いがすべての始まりだったようです。
本田さんには「ハワイのビーチで暮らしたい」、四角さんには「ニュージーランドの湖で釣りをしながら暮らしたい」という夢がありました。暮らすには当然仕事がいります。でも現地にはやりたい仕事がない。そこで「モバイルテクノロジーを武器にしよう」と考え、登場したばかりのiPhoneを徹底的に研究し始めます。今となってはあちこちにノウハウが溢れていますが、10年前はまだそんな時代ではありませんでした。現在はほとんどの仕事をiPhoneで行っているとのこと。

驚いたのは、この生活を実現させるために、おふたりとも約20年かけて準備をしたということです。(今の時代だったら1/3の時間でできるとのこと!)

たとえば本田さんの場合はまずビジネススクールに留学し、英語と経営という「ベーシックスキル」を身につけます。そしてIT会社や外資系銀行での会社員を経て、経営した会社を上場させることで、ITと金融という「専門スキル」を獲得。現在は大好きな食やトライアスロンも掛け合わせて、自分だけの仕事ができるようになりました。四角さんも元々好きで寄稿していた釣りやアウトドアの知識と、会社員時代にさまざまなアーティストをプロデュースした実績とスキルを元に、幅広い仕事をされています。

先を見据えて自分の武器を身につけ、そこに好きなことを組み合わせて独自の価値をつくる。本の中でも「何のスキルも持たず、何の準備もせずにいきなり移住したり、新しい世界に飛び込むのはただの無謀」とはっきり書かれています。こういった現実的なこともたくさん書かれているのが、この本の良いところです。

より自由になるために

私自身は、海外を飛び回りたいとは思わないですし、なんでも仕事になったらしんどいかも......と思ってしまうタイプ。ただ、ふるさとである北海道と大好きな沖縄をもっと頻繁に行き来したいとは思っています。大阪も好きなので、月の半分は大阪にいて、あとの半分は沖縄 or 北海道とか。年に2、3ヶ月ずつ丸々北海道と沖縄にいる月をつくるとか......。もちろん、写真の仕事もしながらです。これは実現したくて、真剣に考えています。

そのためには写真系以外のスキルも必要です。この本を読んで、もっとネットを有効に活用すべきということがよくわかりました。アナログ人間なので、パソコンも携帯もかなり疎いのですが、より自由になりたいので勉強しなくては!

20170731uno02.jpg

今日の写真は、夏の眩しさを表すような1枚にしてみました。今月は北海道に長めの帰省をして、地元だけでなく、写真を撮る旅をする予定です。誰にも遠慮せずにこういうことができるのも、フリーランスならではの特権ですね!

移住したい、フリーになりたいとは思わなくても、できるだけ好きなことをして生きたいという気持ちは誰にでもあるのではないでしょうか? そのためのヒントが満載で、考えさせられる本ですよ。

<こんな人にオススメ>
・住みたい場所がある人
・もっと楽しく生きていきたいと思っている人
・旅が好きな人
・いつかフリーランスになりたいと思っている人
・もう独立しているけど、イマイチ自分の強みがわからないという人

宇野 真由子

Writer 宇野 真由子

1979年生まれ。北海道出身。ビジュアルアーツ大阪校写真学科卒業。
写真専門ギャラリーでの勤務を経て、沖縄に移住。撮影会社にてブライダルを中心とした人物撮影や商品撮影等に従事。2015年秋に大阪へ戻り、フリーランスとして活動開始。撮影以外にも、写真教室・ワークショップ等、写真の楽しさを広める活動も開催している。
http://unophotoworks.top/top/

宇野 真由子さんの記事一覧はこちら