Home  » おすすめコンテンツ  » フリーランスマザーのあるある事件簿  » 事件簿29

フリーランスマザーのあるある事件簿

事件簿29 仕事で出す年賀状、毎年どうしてる?

Update: 2012.12.20 23:16:38

aruaru_29_2.gif

アンケート結果発表!

仕事関係で出す年賀状は、大体何枚くらい?

0〜20枚:30%
20〜50枚:30%
50〜100枚:20%
100〜150枚:10%
150〜200枚:10%

年賀状は営業として有効だと思う?

思う! 80%


年賀状に手書きの一言、添える?


aruaru_vol29_1.jpg

一度だけ取引して、その後お付き合いがない取引先には年賀状を出す?

aruaru_vol29_2.jpg

あなたの年賀状のこだわり教えて!

イラストレーターにとっては大事な営業活動の1つと思って、普段時間がなくてなかなか描けないオリジナル作品を描くようにしています。イラストがメインの、絵葉書を作るような感じなので、挨拶文や住所等は宛名面に集約します。(30代・イラストレーター)

自作イラストを使う。ちょっとひねりのきいたネタを仕込んでデザインする。(30代・グラフィックデザイナー兼イラストレーター)

1年間の主な仕事の振り返り(どの分野の仕事をどれくらいしたか、など)、プライベートな1年間の振り返り(四季について1行づつ)を書くというスタイルを続けています。「顔の見えないお付き合いが多いので、あえて写真付きのご挨拶です」とのコメントをつけて家族や子供と一緒の写真を小さくレイアウトしています。(40代・翻訳者)

年賀状でなく、クリスマスカードを送ります。年賀状はたくさんの方から届くと思うので、年末の忙しさの狭間に、ホッと出来るものを意識して作ったりします。(30代・イラストレーター)

一年の主な仕事実績を書き出します。あと、自分自身のプライベートな部分も分かるようにさりげなく書きます。仕事とプライベートの両方で使えるために。(30代・PRプランナー)

年賀状にまつわるエピソードを教えて!

一度お取引したクライアントにはずっと年賀状を出すことにしているが、毎年必ず数枚、「宛先不明」で戻ってきて悲しい。(30代・イラストレーター)

毎年年末ギリギリになってやっと投函するので元日には届かない。でもほとんどが会社宛なので、休業中だから問題ないかなとも思っている。(30代・ライター)

元上司に、仕事の近況を年賀状で報告したら、『今度、うちの仕事も手伝って』と、返事があり、それから今に至るまで、我が家のメインクライアントになってます。(30代・イラストレーター)

ご挨拶だけしてお仕事は一度もしていなかったクライアントに年賀状を送ったら、それがきっかけで新年会に呼ばれ、仕事につながった。(20代・デザイナー)

交流会で一度名刺交換しただけのフリーランスの方から、毎年素敵な年賀状を送って下さるのですが、きっとお仕事も素敵なんだろうなと思います。(30代・Webデザイナー)

みんなに聞いてみたい、年賀状のお悩みは?

・メールで出すのは失礼か?
・年賀状はくじ付きじゃないと嫌なものですか?
・喪中の場合、取引先にはどのような対応をされますか?
 (年賀状を送る・喪中はがきを送る・どちらも送らない など)
・同じ会社で名刺交換した10名近くの方には、それぞれ出すべきかどうか?上司と思われる人だけでOKか?

こちらは、Rhythmoonのfacebookページで意見交換してみようと思っています。(文・オノリナ)

アンケートご協力のお願い!

次回のアンケートは、年始ということで、「3年後の自分」を見据えた2013年の抱負をお聞きしています。お時間のあるときに、ぜひご協力をお願いいたしますー。

●3年後の自分と2013年の抱負を教えて!

登場人物

イラスト:イラ子

イラ子
職業/イラストレータ

0歳児を抱える新米ママ。産後直ぐに仕事を再開したが保育園に空きがなく、育児の合間の時間をやりくりしながら仕事をしている。

イラスト:ライ子

ライ子
職業/ライター

保育園に通う2歳の息子がいる。取材や打ち合わせで外出が多く、スキマ時間を利用してノマドワーキングスタイルを取り入れている。

イラスト:リョウ子

リョウ子
職業/料理研究家

料理好きが高じて主婦から料理研究家に。自宅の一室で自然派料理教室を開催している。小学生と保育園に通う2人の子の母。

キャラクター紹介ページへ

ページのTopへ

Profile

ポートレート

イラストレーター
峰村友美(ミネムラトモミ)

武蔵野美術大学短期大学部卒業後、1997年からフリーのイラストレーターとして活動開始。イラストは幅広いタッチで、出版、広告、WEBなどさまざまなメディアに掲載されている。夫と息子と3人暮らし。

記事の感想はコチラ