Home  » おすすめコンテンツ  » フリーランスマザーのあるある事件簿  » 事件簿31

フリーランスマザーのあるある事件簿

事件簿31 3年後を見据えた2013年の抱負

Update: 2013.02.18 02:38:26

aruaru_31_2.gif

アンケート結果発表!


今回は、年末に実施したアンケートに回答してくださった方の中から6名のコメントをピックアップしてご紹介します。

【質問】


  1. 3年後のために今備えていること、努力していることは?

  2. 3年後を考えるうえで、今、一番不安に思っていることは?

  3. 3年後の自分のイメージに向けて2013年にやりたいことは?

30代・Webデザイナー

  1. ここ数年、ずっと手つかずだったパソコンの作業環境を見直しています。また、毎日一時間くらいを、自分の新しい技術の勉強にあてています。
  2. 業界のデフレ化。三年後どころか、一年後には生活に困っているかも...。
  3. 常に新しい技術が開発される業界なので、3年後には現在のスキルがそのまま使えるかどうか、まったくわかりません。業務の効率化をはかったり、得意分野に関連した、一段階上のスキルを身に付けたいと思っています。

30代・イラストレーター

  1. 自分の商品価値を上げるために新しい事にも取り組みたいと思いつつ、日々の仕事に追われて何も出来ていません(´Д` )
  2. ここ数年で薄利多売な仕事の依頼が多く、せっかく仕事が増えても喜べないことも。単価の高い仕事をもらえるように努力しなければいけないと思っている。年齢が上がってきたら、単価の安い若手に仕事が流れていくのではないかという漠然とした不安がある。それだけに単価を上げるのも難しいと感じている。
  3. 受けた仕事は精一杯いいものに仕上げて納品すること。商品価値を上げること。

40代・プランナー

  1. 心がけているのは、「自分」がやせ細らないようにすること。発注をいただいて、要望に応える仕事も楽しいですが、それだけでは、5年、10年先までエネルギーが続かないので。「しっかり休む」ことに力を入れて、好きなことをする時間を作ってます。今と違うステージに行くモチベーションは、そういうところで見つかると思います。
  2. 無目的に流されてしまうこと。日々、来る仕事をきちんと打ち返していれば、3年先まで仕事は続くと思うけど、自分自身も、クライアントの評価も、マンネリ化してしまいそうなのが不安です。
  3. 独立してちょうど10年。「勤続10周年記念」で、1月~思い切って6週間のオフをとることに。貧乏症なので、仕事を完全に休むのは初めてです。子どもの学校があるので、どこへも行かず普通に過ごすだけですが、心身ともに「仕事」を抜いてみたらどんな自分になるのか......そこから、次にやりたい何かが出てきて2013年が動き出す気がしています。

30代・実務翻訳者

  1. 毎日読書。毎日文章を書く(日英)。
  2. 生計が立てていけるか。
  3. 基礎固め。人脈作り。リスク分配。

30代・ライター

  1. 語学力アップ。国内外に問わず、どこででも仕事ができるよう、業務で英語を使う環境に少しずつ身をおくようにしている。
  2. 収入をキープ、またはゆるやかにアップさせながらどう働き方をシフトさせていくか。
  3. と思っていたら、また秋に家族が増えることに。焦らず、じっくり仕事と働き方のリズムを整えていきたいです。

30代・グラフィックデザイナー

  1. クライアントとの人間関係。所詮、仕事は会社からではなく会社にいる人からなので、その人が会社をやめたりした時、なかなかその会社からの仕事が続かないことが多い。
  2. 子どもの保育園入園が決まったので、不規則になっていた仕事時間を確立させ、仕事量が増えても困らないようにしたい。

まとめ

先の状況に不安を持ちながらも、新しいスキル習得、環境整備、自分時間の確保など、それぞれのやり方で取り組んでいるようでした。今年一年、お互いよい年にしていきましょう!(文/オノリナ)

アンケートご協力のお願い!

次回のアンケートは、「フリーランサーのアウトソーシング事情について」。お時間のあるときに、ぜひご協力をお願いいたしますー。 ●アンケートはこちらから>>

登場人物

イラスト:イラ子

イラ子
職業/イラストレータ

0歳児を抱える新米ママ。産後直ぐに仕事を再開したが保育園に空きがなく、育児の合間の時間をやりくりしながら仕事をしている。

イラスト:ライ子

ライ子
職業/ライター

保育園に通う2歳の息子がいる。取材や打ち合わせで外出が多く、スキマ時間を利用してノマドワーキングスタイルを取り入れている。

イラスト:リョウ子

リョウ子
職業/料理研究家

料理好きが高じて主婦から料理研究家に。自宅の一室で自然派料理教室を開催している。小学生と保育園に通う2人の子の母。

キャラクター紹介ページへ

ページのTopへ

Profile

ポートレート

イラストレーター
峰村友美(ミネムラトモミ)

武蔵野美術大学短期大学部卒業後、1997年からフリーのイラストレーターとして活動開始。イラストは幅広いタッチで、出版、広告、WEBなどさまざまなメディアに掲載されている。夫と息子と3人暮らし。

記事の感想はコチラ