カウンセラー・セラピスト

June 02 2011

Vol.60 プレシャスワン代表 小玉泰子さん

このエントリーをはてなブックマークに追加

Profile

関西大学卒業後、企業で新規事業企画やフェアトレードを担当し退職。ハワイ、アラスカでのエコロジーツアーガイド、アロマセラピストなどを経て、2004年に開業する。2010年から屋号を「プレシャスワン」とし、リスニング(「心を向けて聴く」ことから始まるコミュニケーション)、キネシオロジー(運動の科学)を融合した「ピースフルコミュニケーションプログラム」を提供。著書に『すべてをシンプルに解決する脳のスイッチ』(2010年、青春出版社)。光をテーマにした写真家でもある。

プレシャスワン

心の声を聴き、行動できるカラダになる

vol60_3.jpg

自分の心とカラダと頭を一つにして、なりたい自分になるための「脳のやる気スイッチ」をオンにする21のワークプログラムを紹介した著書『すべてをシンプルに解決する脳のスイッチ』(青春出版社)。プログラムを受講した書籍編集者から、「この素晴らしさをもっと多くの人に広めたい」と書籍化の話を持ちかけられ、実現したそう。 ●詳細はこちらから(Amazon.co.jpへ)>>

「私の仕事のすべてに共通しているのが"自然"。人が自然の自分にかえるための手助けをしたい」――。そう話すのは、自分の人生が望む方向に行く「ピースフル コミュニケーション プログラム」を開発し、広めている小玉泰子さん。さわやかですがすがしい小玉さんの笑顔をみていると、自然にこちらもリラックスしてくる。


「ピースフル コミュニケーションとは、"心の声(望み)"を聴き、それを行動できるカラダをつくる手法を学ぶプログラム。また、本当にしたいことを見つけることで、自分が輝く生き方へと変わり、それは同時に誰かの笑顔をつくることになります。自分が輝くことで他者との関係性もよくなり、周囲に笑顔が広がっていくのです」

プログラムは、「心を向けて聴く」ことから始まる対話練習、簡単な体操やマッサージ、ゲームなどを盛り込んだ4日間の本講座を中心に、コース別講座も設けている。主に20〜40代の女性たちの間で口コミで広がり、受講者が次々と増えている。受講した人たちからは、「最初の一歩が踏み出せた」「周囲との関係が"心配"から"信頼"に変わった」などの声が寄せられているという。

小玉さんがこの道に進むまでには、一見遠回りにも見える長い道のりがあった。

学生時代に影響を受けた恩師との再会が大きな転機に

vol60_1.jpg学生時代は「自然農」を楽しみ、"畑のたまちゃん"と呼ばれていた小玉さん。大学卒業後は、大手企業に入社し事業企画に携わるが、3年弱勤めたころ「もうビルの中にはいられない」という本当の気持ちに気付き、退職。その後、リフレッシュのために訪れたハワイでドルフィンスイムを体験したことで、すっかり海に魅入られた。

「自然が好きと思っていたものの、私は今まで地上しか知らなかった。海の中は知らなかった。私は世界の半分しか知らなかったんだ、と気づきました。世界がこんなに美しいということを多くの人に伝えたいと思い、ハワイの自然を案内するエコロジーツアーガイド事業を友人たちと立ち上げました。私はいつしか"海のたまちゃん"と呼ばれるようになっていました(笑)」

その後、アラスカでオーロラのツアーガイドをし、ニュージーランド、オーストラリアで写真撮影の仕事に従事。特に、自然の中にふりそそぐ太陽の光の美しさに魅了され、「光の写真」をテーマに多くの写真を撮影する。帰国後、長野の友人の店を手伝ったのがきっかけでアロマセラピーと出合い、東京でオーガニックのアロマサロンにセラピストとして勤めることに。

vol60_5.jpg

講座で配布するエクササイズなどの資料。中でも30秒エクササイズ「イージーアップ」は、東洋医学の理論、呼吸法、イメージ法などを組み合わせて、治療家の小林宏氏により独自に開発されたもの。誰でも、いつ、どこでも簡単に使え、イメージ通りに行動できる心、カラダ、頭の状態へと整えてくれる。

ある時、勉強会に参加した小玉さん、偶然隣り合った人からある男性の消息を知らされる。その男性とは、小玉さんが高校時代に受講した大手学習塾の夏期講習の講師をしていた石丸賢一氏。教科の英語より、"脱線"して話されたインドの話が面白く、それがきっかけで学生時代にインドに行くなど多大な影響を受けた先生だった。十数年ぶりに再会を果たした石丸氏は、キネシオロジー(筋反射をもとに、経絡の乱れを整える学問)の第一人者として活躍、また身近な人の問題解決をサポートする「禅カウンセリング」を開発し、広めていた。「面白そう」と思った小玉さんはすぐに4日間の講座を受け、その内容に感動し、「この講師になろう」と勉強を始める。小玉さんの人生の舵が大きく切られた瞬間だった。


さらに、石丸氏による「キネシオロジー」の講座を受けた小玉さんは、キネシオロジーを一般家庭でも使えるようにした「タッチフォーヘルスキネシオロジー」を学ぶべく、アメリカ西海岸に住む創始者ジョン・F・シー博士のもとまで行って講座を受講し、博士の世界を体感。こちらの講座もスタートさせる。「相手の心と体が快適になるお手伝いができる。自分の心と体も楽になる。シンプルで、いつでも、どこでも誰にでもできる方法。こんなにいいものを、多くの人が知ったら素敵だなと思ったんです」

心の針路に従ってフリーの道を突き進む

vol60_2.jpgカウンセリングもキネシオロジーも、友人・知人に無料で体験してもらうことで講座の練習を重ね、自らも師匠の講座受講を計13回も!繰り返し、研さんを積んだ小玉さん。2004年4月、ブログを立ち上げ正式に独立・開業した。当初は、リスニングに焦点をあてたプログラムを提供していたが、2010年、屋号を「プレシャスワン」に改めると同時に、いままでの集大成ともいえる「ピースフルコミュニケーションプログラム」を生むに至った。

開業後、2年くらいは受講者が増えず苦労した時期もあったが、独立することに迷いはなかったという。小玉さんにとっては、そのときどきで「心の針路」が指す方向に進んでいった結果が、今のフリーランスという働き方のようだ。「私の天職は"人と自然の間にいること"。屋号の「プレシャスワン」とは『人、動物、植物、鉱物、自然、地球......というすべてが、かけがえのないものとして調和して存在している世界』を表しています」と小玉さん。

vol60_4.jpg

小玉さんが撮影した光の写真のポストカード。講座では、直感でピンときたカードを参加者に選んでもらいプレゼントすることも。パソコンの壁紙に使える写真ギャラリーはこちらから>>

小玉さんは一方で「光の写真家」でもある。これまでに15カ国を訪れ、「光」をテーマに自然を撮り続けている。海、滝、森、空......の美しさを伝える写真は、書籍や雑誌に掲載され反響を呼んだ。いずれはそれらの写真を集めて本を出したいと考えている。

「人が皆、顔も指紋も声も違って生まれてくるのは、その豊かさ、個性をこの世に分かち合うため。そのお手伝いをするためにもピースフルコミュニケーションプログラムをつくりました。たとえば、私にとって、ピースフルコミュニケーションの講座をすることも、自然の風景を写真におさめることも、自分の魅力や才能を世界に分かち合っていることの1つだと思っています」

「ピースフル コミュニケーションで自分の心が平和になると、周りの人の心の平和にもつながります。それは、世界中の人の心の平和につながっているのではないかと思います」
そう話す小玉さんの確信に満ちた表情を見ていると、「うん、きっとそう」と思えるから不思議だ。

プレシャスワンの最新セミナー情報

各地でのセミナーや日本・ハワイでのリトリート(セミナーつきのツアー)のスケジュールはプレシャスワンのサイトに掲載されています。●詳細はこちらから>>


●タッチフォーヘルス+イージーアップキネシオロジースペシャルクラス@名古屋【2日間】
6月11日(土)・12日(日)

●「ピースフルコミュニケーションプログラム」本講座 @愛知・岡崎
6月14日(火)・15日(水) /7月12日(火)・13日(水)

●ピースフルコミュニケーション体験セミナー @東京・銀座
6月26日(日)10:00~13:00
シェアの会 14:00~18:00
終了後ピースフルカフェ@銀座

●ピースフルコミュニケーション体験セミナー @東京・銀座
6月28日(火)10:00~13:00

●キネシオロジー体験セミナー @東京・銀座
6月28日(火)14:30~17:30

●ピースフルコミュニケーション体験セミナー @東京・銀座
6月30日(木)14:30~17:30

●Precious One ツアー IN 熱海manaむすび
7月9日(土)・10日(日)

●「ピースフルコミュニケーションプログラム」本講座 @東京・銀座
7月21日(木)・26日(火)/8月4日(木)・9日(火)

ある一日のスケジュール

07:00 起床
07:30 朝食後、身支度
08:30 家を出る
10:00 講座スタート
17:00 講座修了、片付け
18:30 夕食(受講者さんと行くことも、自宅で料理することも)
20:00 帰宅、パソコンに向かい事務作業
22:00 入浴
23:00 イージーアップでカラダを整えてから就寝

ピンチもこれがあればOK!私の最終兵器はコレ

自分で撮影した「光の写真」を並べて、自然の中にいる自分をイメージすること。

Q&A - 自分スタイルの働き方を実現するための5つの質問

座右の銘は?
「すべてのことはパーフェクトなタイミングで起こっている」という言葉です。人との出会いも出来事も、すべて完ぺきなタイミングで訪れると思っています。例えば、一時期、講座をもっと多くの人に伝えるにはどうしたらよいだろう、と肩に力が入り、あせっていた時期があったのですが、そのときは受講される方が増えませんでした。でも力を抜いて流れに身を委ねてみたら、自然とたくさんの方が受講して下さるようになりました。
素の自分が分からず一歩が踏み出せない人へのアドバイスは?
心にピンときたものはすべてやってみるというのがいいと思います。答えは必ず自分の内側にあります。よろしければ一度、「ピースフルコミュニケーションプログラム」の体験セミナーにいらして下さいね♪
スキルアップのために心がけていることは?
気になった勉強会に行くことでしょうか。自分がいい状態であるほど、よい講座ができるので、私にとって、自分自身の状態を整えることもスキルアップにつながると思います。イージーアップというエクササイズも欠かしません。
価格決めと安定性で気を付けていることは?
受講料は経営コンサルタントの方と相談し、時間、内容、情報を伝えて、それに見合った額をはじきだしてもらいました。企業研修のような定期的な仕事があると、収入も安定しやすいかなと思います。
フリーになりたい人へのメッセージは?
「思いついた」ということは、あなたにできるから思いついたのだと思います。情熱を傾けられるものがあるのは、すごく素敵なこと。勇気を持って小さいことでいいから、まず始めてみてください。あなたが勇気を持って一歩を踏み出すことから、自分にも相手にも世界にも、素敵な世界がひろがっていきます

(写真・北川輝美)

フリーランス応援プログラム