1日のタイムスケジュール

ゆる疎開中の1日の流れはこんな感じです。

4:00 起床
~6:30 仕事
~7:00 洗濯・朝食の準備
7:15 朝食
~8:00 片付け・出かける準備
8:00~8:15 NHKの朝ドラを見る
8:15 保育園へ送る
8:45~11:45 仕事
12:00 昼食(93歳の祖母と一緒に)
12:45~15:45 仕事
16:00 保育園に迎えに行く
~18:00 家事・夕食の準備
18:00 夕食
入浴(ときどき温泉♪)・TV・団欒
21:00 就寝

こうして見ると、以前は仕事時間を軸に一日が流れていたのに対し、
こちらでの暮らしは、朝・昼・晩の食事の時間を軸にして、
そのスキマ時間に仕事している感じ。

集中力の持続という観点から考えれば、
2~3時間ごとにちょこちょこ仕事するのは
効率的なのかもしれません。
1回あたりのゴール時間が見えているので、
それまでになんとかこの仕事の区切りをつけよう!と
自分にムチを打ちつつ、やっております。

また、東京での暮らしでは、平日の夕飯は私と息子の2人だけ。
一方、実家でも普段は両親と祖母の3人なので、
こうして親子4世代が一緒に囲む夕飯はにぎやかで、
お互いにとっても楽しいひと時です。

疎開前は箸使いがまるでダメだった息子も、
じい様の指導ですっかり上達。
今や落ちた米粒も、箸で器用につまんで
口に入れられるほどになりました。

午後の仕事タイムは、たまに地元の図書室を利用。
office.jpgこちらは市の公共施設で、多目的ホールや学習室、研修室、
クラフトルーム、和室などがあり、中に図書室もあります。
wifiも飛んでいるので仕事環境としては完璧。
保育園の近くという立地もありがたい。

昔はなんの魅力もない田舎だとばかり思っていましたが、
大人になると、その良さに気づくものなのか。
ゆる疎開を通じて、今更ながら地元の良さを再発見する
日々であります。