魚市場へ行ってみた!

夜、じいさまと一緒に寝たはずなのに、
朝起きるとじいさまはいなくていつも一人。
「じいじは朝どこに行ってるの?」
「市場だよ」

そう、うちのじいさまは毎日午前3時に起きて
市場へ仕入れに行きます。
それを聞いた息子、じいさまが毎日行くところだから
さぞや面白い場所に違いない、と市場に興味津津。
かねてより
「僕も行きたい!連れてって~」
とお願いしていました。

「8月は忙しいから9月になったらね」
と市場同行の約束を取り付け、楽しみに待つことひと月。
先日とうとう念願かなって行ってまいりました。

本当に午前3時に起きられるのか半信半疑でしたが、
よほど楽しみだったのかすんなりと目を覚まし、
いきなりエンジン全開。
まだ夜も明けない暗い中、どこかへ行くというのが
もうわくわくして仕方がないといった様子。

私も小学生のとき、夏休みの自由研究のために
見学に行って以来、久しぶりです。

4時ごろ市場へ到着すると
まだ荷物もまばら、人影もほとんどなし。
いいものをおさえたり、
品切れの前にお目当てのものを仕入れたいために
じいさまはいつも一番のりなのだそう。

まずはコーヒーを飲みながら、前日の伝票をチェックする
じいさまのかたわらで、お魚についてお勉強を少々。ichiba01 (600x800).jpg

しばらくすると日本海各地で水揚げされた魚を積んだ保冷車が
続々と到着し、フォークリフトで次々と並べられていきます。ichiba02 (800x600).jpg

スーパーでは目にすることのできない、いろんな魚がいっぱい!

往年のハトヤのCMが再現できそうな大きなタイ。tai (800x600).jpg

マイナス50℃で冷凍されたカジキマグロ。kajiki (600x800).jpg

あおむけになったアンコウ。ankou (800x600).jpg

ワタリガニ。加熱する前はきれいなブルーです。watarigani (800x600).jpg

「じいじ、これ何?アンモナイト?」
違います、ニシバイです。nishibai (2) (800x600).jpgのサムネール画像

この日仕入れたかったものは
ノドグロ、マドイ、カマス、サンマなど。
ノドグロは大小様々。大きいものは味も値段も別格です。nodoguro (1) (800x600).jpg


いっちょまえにカマスの品定め。kamasu (800x600).jpg

買いたいものにはこうして目印をつけておきます。kaimasu (1) (800x600).jpg

見知らぬ人からおかしやおもちゃをもらうことも。okashi (800x600).jpg


そうこうするうちに夜がしらじらと明けてきました。yoake (1) (800x600).jpg


6時半、仕入れたものを車へ積んで、そろそろ引き上げます。daisha (2) (800x609).jpg

超早朝からしっかり働いたせいか、帰りの車中では爆睡でした。
帰宅後の感想は「楽しかった。また行きたい」。
何が一番おもしろかったか聞いたところ、
「フォークリフト」だそうで。
やっぱりそこですか...。