確定申告の注意点をおさらい!ー消費税法の改正

法人化を検討中の方は要注意!な税制改正

ヤ:最後にもう一点、フリーランスの方に関係しそうな税制改正として、「消費税の免税事業者の要件の見直し」があります。

これまでは、
・年間の課税売上高が1000万円未満
・法人を設立して当初2年間(資本金1000万円未満の場合)

のいずれかに該当する場合は、消費税の納税義務が免除され、
年間の課税売上高が1000万円を超えた場合、その翌々年に消費税が課税されることになっていました。

今回の改正では、これにもう一つのルールが加わり、
その年の上半期(1~6月)の課税売上高が1000万円を超えた場合、その翌年から消費税が課税されることになりました(平成25年1月1日~の事業年度より適用)。


rev_vol5_3.jpg


「消費税法改正のお知らせ」よりー税務署のサイトへ(PDF)


フリーランスで売上が1000万円を超えた場合、法人化すれば今までは確実に2年間は消費税が免除されていましたが、同様の場合でも今後は法人化したその年から消費税が課税される可能性も出てきます。

編:法人化を検討されているフリーランスの方は理解しておいた方がよさそうですね。いい情報をありがとうございました!



「23年度の確定申告に向けての注意点(1/3)ー所得控除」はこちら

「23年度の確定申告に向けての注意点(2/3)ー震災関連」はこちら

【次回予告】
「来年こそ、青色デビューしたい方へ!青色白色徹底比較!」(1/23掲載予定)

回答者プロフィール

yasuo-osamu.jpg

(左)今瀬ヤスオさん
1948年茨城県水戸市生まれ。個人事業主向け記帳代行サービス「記帳ドットコム」を運営する「リバティハウス株式会社」代表取締役。創業以来約20年間、記帳代行と各種相談でのべ3000人以上の個人事業主の確定申告をサポートしてきた実績を持つ。30歳で負債30億の倒産を経験。再建会社でしか経験できない特異な体験を生かし、悩める個人事業主の相談役としても活躍中。

(右)今瀬オサムさん
1979年茨城県水戸市生まれ。早稲田大学商学部卒。「リバティハウス株式会社」取締役。2004年より、「記帳ドットコム」のWebマスターとして、リバティハウスのホームページ企画・制作に携わる。

●個人事業主向け記帳代行サービス「記帳ドットコム」はこちらから>>

初心者必見!リバティハウスの最新書籍

rev_vol5_book.jpg『世界一わかりやすい ネットで稼ぐ人の「確定申告」塾』 セルバ出版

「ポイント収入は売上になるのか」「オークションで売ったものはすべて売上になるのか」など、ネットビジネス特有の確定申告に関する疑問を網羅しつつ、確定申告のいろはをやさしく解説した入門書。ネットビジネス以外の事業者にも参考になる情報が詰まっている一冊です。
『世界一わかりやすい ネットで稼ぐ人の「確定申告」塾』 について詳しくみる(Amazonへ)

法人化を検討中の方は要注意!消費税免税事業者の要件が変更に

Rhythmoon編集部

Writer Rhythmoon編集部

Rhythmoonでは、フリーランスに役立つ記事を執筆してくださる女性フリーランサーを随時募集しています。詳細はこちらから問い合わせください。

Rhythmoon編集部さんの記事一覧はこちら