飛行機での子どもとの過ごし方

こんにちは!イラストレーターの川添むつみです。
今回は、「飛行機での子どもとの過ごし方」についてです。

2011年11月4日(金)深夜、ついに念願のケアンズに出発しました。
今回、成田空港とケアンズの往復では、行きは深夜便(ケアンズには朝着)、帰りは午前便(成田には夜着)でした。

出発約2時間前に空港にチェックイン後、空港内のプレイルームで子どもを遊ばせて時間を潰しました。
子どもと飛行機に乗るのは初めてだったので、内心ドキドキしながら、直前まで主人と連絡を取り合ったり、Twitterをして過ごしました。

成田からケアンズへは約7時間。
座席は、まわりに迷惑をかけないように、またトイレにも行きやすい一番うしろの席を確保。
しかし、3歳の娘がじっとしていられるわけがありません。飛行機に乗っている間、私が娘のために用意したものはこちら。

0621-2.jpg
・プリキュアなどアニメのDVDを5、6本(再生はPCでしました)
・娘の好きなゲームの入っているiPad
・お絵かきセット
・お菓子

うちの子は、プリキュアが大好きだったので、DVDを観ている間はおとなしくしてくれました。
DVDに飽きはじめたらiPadで一緒に遊んだり、お絵かきしたり。一緒に何かすると気が紛れるようでした。
思惑どおり、行きの深夜便ではほとんど寝てくれて、帰りの午前便では、2時間ほどお昼寝をしてくれたので助かりました。

少し困ったのはトイレ。
一緒に入るには狭いし、私がトイレに行くときはDVDを観ながら席に座らせていたのですが、慣れない環境で席にひとりで座っているのは不安になったらしく泣いてしまったのです。前に座っていたカップルさんにはご迷惑をかけてしまいました......。

飛行機に乗る前は、いろいろ心配や不安の方が大きかったのですが、一緒に過ごしてみると、そういえば普段、こんなに長い時間一対一で話したり遊んだりすることは久々!?と、意外といい時間だったかも......と思いました。

窓から、一緒に景色を見下ろしたのは、とてもいい思い出です!

川添むつみ

Writer 川添むつみ

イラストレーター
2006年東洋美術学校卒業後からフリーイラストレーターに。1児(5歳)の母でもあり、2011年にはオーストラリアへ、2013年にはニューヨークへ1ヶ月の親子留学を決行。リズムーンではエッセイにてその様子をお伝えしています。
イラストを交えてわかりやすく楽しくさまざまなことをお伝えしたいと思っています♪
http://k-mutsumi.com/

川添むつみさんの記事一覧はこちら