娘の保育園、困ったことは...

こんにちは! イラストレーターの川添むつみです。
今回は、娘の保育園での過ごし方についてです。

保育園でのスケジュールはこんな感じでした。

8:30 ホストファミリーの車で保育園へ
ケアンズは、日本よりも治安がよいくらいでしたので、
コンドミニアムに移ってからは、徒歩で保育園まで通いました。
娘を保育園に送ったあと、私は徒歩で学校へ。
学校での過ごし方はこちらから>>

保育園では、園庭で遊んだり、お友達とお絵描きをしたりしていたようです。園庭には、いかにも外国といった感じのカラフルな遊具がたくさんありました。

ランチは、サンドイッチなどの簡単なものが中心で、クッキーやおせんべいなどのスナックとフルーツがついていました。

13:30頃 お迎え
だいたい、お昼寝タイムにお迎えになりました。
連絡帳はなく、クラスの壁にその日どのようなことをして遊んだのかが写真付きで書かれているのを読む感じでした。

お迎え後は市内中心部へ。
ホームステイの期間は、バスの時間になるまでラグーンで遊んだりしました。コンドミニアムに移ってからは直帰して、コンドミニアムについていたプールで遊んですごしました。


初日、娘は普段の保育園生活のおかげなのか、遊具に目を輝かせて全く泣かず。私もびっくりしたくらいでした。しかし、それは3日目ぐらいまでで......。

言葉が通じないという事態に気がついてきたのか、次第に泣くようになってしまいます。
これには困りました......。

vol13.jpg

10日目くらいでようやく慣れてきましたが、
慣れた頃に終わってしまう園生活で、正直なところかわいそうに思えました。

今回、子供に体験させることがメインの親子留学というより、私自身が留学したい一心で連れてきてしまったので、
次回行くなら日本人の子どもが通う保育園にしようと思いました。

ステイ先の子どもたちとは言葉が通じなくてもよく遊んでいたので、娘ももう少し大きくなれば(当時3歳)、状況も変わるかもしれませんね。

今でもたまにオーストラリアの話をしますが、お気に入りの先生など覚えているようです。
でも、保育園にはもう行きたくなとのこと......とほほ〜です(涙)

次回は放課後の過ごし方をレポートします!


親子留学ひとことQ&Aコーナー

読者のみなさんから寄せられた、親子留学に関する素朴な疑問にお答えします。


「やっぱり夜は出歩けないの?」
ケアンズは治安が良いので、もちろん気をつけながらであれば夜も出歩けるとは思いますが、お店が閉まるのが18時ごろだったりで早いので、私はあまり出歩きませんでした。
友だちはクラブに行ったり、夜中まで遊んでいることもあったようです。

質問はこちらから随時募集中です!

川添むつみ

Writer 川添むつみ

イラストレーター
2006年東洋美術学校卒業後からフリーイラストレーターに。1児(5歳)の母でもあり、2011年にはオーストラリアへ、2013年にはニューヨークへ1ヶ月の親子留学を決行。リズムーンではエッセイにてその様子をお伝えしています。
イラストを交えてわかりやすく楽しくさまざまなことをお伝えしたいと思っています♪
http://k-mutsumi.com/

川添むつみさんの記事一覧はこちら