コンドミニアムでの生活

こんにちは!イラストレーターの川添むつみです。
今回は、コンドミニアムでの生活についてです。

約3週間の留学期間中、はじめの2週間はホームステイ、
最後の1週間はコンドミニアムを利用しました。

私の滞在したコンドミニアムは、自炊のできるホテルという感じで、
朝食が食べられるカフェ、プールなどもついていました。

実際自炊したかというと......、
電子レンジやトースターくらいは使用しましたが、
使いにくい一口コンロだったこともあり、
結局、外食をしたり、お惣菜を買ったりして過ごすことが多かったです。

1212-2.jpg

一週間だけだったのでなんとかなりましたが、
長く滞在するなら、コンドミニアムでの調理のしやすさも
要チェックポイントかもしれませんね。

コンドミニアムに移ってからの変化といえば、
保育園にも徒歩で通うようになりました。
歩いて15分くらいなので、子どもには少し厳しかったかもしれません。
でも毎日たくさん歩いてたくましくなった気もします。

また、以前ご紹介した放課後の過ごし方も、
ホームステイ中は、バス停近くのエスプラネードラグーンで遊ぶことが多かったのですが、
コンドミニアムのプールで遊ぶようになりました。

ステイ中は、ホストファミリーに気を使ったり、
ステイ先の子どもたちが「遊んでー」とやってくるので、少し気を使って大変でした。
また、ステイ先がバス停から少し歩くこともあって、
怖いので寄り道や友達との予定も入れずに暗くなる前には帰るようにしていました。

一方で、コンドミニアムに移ってからは、気楽に過ごすことができ、
近くのシェアハウスにすむ友人と一緒に夕飯を食べたりできたのも良かったですね。

現地の人と密に関われるホームステイと
気楽さと自由に動けるのがよいコンドミニアムと
2週と1週に分けたのは正解だったなと思っています。

川添むつみ

Writer 川添むつみ

イラストレーター
2006年東洋美術学校卒業後からフリーイラストレーターに。1児(5歳)の母でもあり、2011年にはオーストラリアへ、2013年にはニューヨークへ1ヶ月の親子留学を決行。リズムーンではエッセイにてその様子をお伝えしています。
イラストを交えてわかりやすく楽しくさまざまなことをお伝えしたいと思っています♪
http://k-mutsumi.com/

川添むつみさんの記事一覧はこちら