事件簿38 フリーランスのペット事情

aruaru_38.gif

アンケート結果発表!

ペットを飼っていてよかったと思う瞬間や、困ったエピソードについてお聞きしました。

Aさん(30代・グラフィックデザイナー)


ペット:犬 1匹:チワワ(ブラックタン) メス
    ネコ 2匹:茶トラ オス / キジトラ メス

●よかったこと
深夜の残業が怖い時、猫がおともをしてくれること。
手が離せない時、子どもの相手をペットがしてくれていること。
抜け毛がひどいので掃除をマメにしないといけないが、逆にそれがあるのできれいにするようになった。
犬の散歩で運動不足の解消になっているはず(痩せませんが)。

●困ったこと
多頭飼いがなにかを呼び寄せるのか、捨て猫を多くみるようになってしまった。

Bさん(30代・ライター)

ペット:チワワ 1匹

●よかったこと
締切に追われて夜討ち朝駆けのすさんだ生活になっても、愛犬がいてくれるだけで心が潤う。「なに?忙しいからふてくされてんの?」とか、フツーに話しかけています(年寄りっぽいですが)。その一方で、「うちのコにならなければ、もっといい生活をさせてやれていたかも...」と思って切なくなることも。

●困ったこと
出張に行くときの預け先。姉妹に面倒を見てもらえるときもあるけれど、ダメなときはペット病院のホテルを利用します。営業時間が短いので、預けに行くのも大変!あとは、私が忙しいと犬にもストレスが溜まるようで、わざとこちらを見ながらトイレ以外の場所でジャーと「あてつけシッコ」。その瞬間は「コノヤロー!」と思います。

Cさん(30代・デザイナー、イラストレーター)

ペット:柴犬1匹

●よかったこと
飼い犬をネタに漫画やエッセイの仕事ができた

●困ったこと
締め切りに追われていても、必ず散歩にいかなければならないこと。

Dさん(30代・Webデザイナー)

ペット:猫2匹

●よかったこと
一人で黙々と仕事をしているので、時々ご飯をせがまれたりして現実に戻してくれることが有り難いです。またクライアントとトラブルがあったりして、ストレスが溜まった時にも癒されます

●困ったこと
抜け毛の掃除が大変なこと。
席を外した時にキーボードの上に座ったりして、Skypeなどに誤入力をしてしまうこと。以前実際に送信してしまったことがありました。幸い親しい相手だったので和んでいただきましたが、もしも違う相手だったらと思うとゾッとします。以来、席を外す時には猫が入力出来ないように出来るだけスリープにしたり、ロックをかけるようにしています。

Eさん(30代・イラストレーター)

ペット:猫1匹

●よかったこと
冬は膝に乗ってきて暖かいので節電に役立っています
夏でも膝に乗ってきて暑くて困ります。でも太ももをマッサージしてくれます。
基本的にはどこかで一人で寝ていて空気みたいな存在ですが、やはり癒されます
猫好きの担当さんと猫話で盛り上がることも

●困ったこと
仕事の電話応対中に後ろでニャーニャーうるさい時もある。

まとめ

お世話が大変などありますが、癒やしやオンオフの切り替えになるだけでなく、お仕事につながったという方もいらっしゃってびっくり! アンケートではネコを飼っている方が多かったようですが、これから飼ってみたいペットで人気なのはセキセイインコでした。ペット、欲しくなりますね。(文・オノリナ)

峰村友美

Writer 峰村友美

イラストレーター・Rhythmoon編集部メンバー
新潟県長岡市出身杉並区在住。1997年よりフリーランスのイラストレーターに。出版、広告、WEB、パッケージ等にイラストを提供。ほのぼのとあたたかく親しみやすい人物や動物などを描くのが得意。好きな食べ物はチョコとあんことパンとコシヒカリ。好きな場所は映画館と水族館。9歳差兄妹の母。
http://minetom.com/

峰村友美さんの記事一覧はこちら