事件簿40 仕事が減ってきたときどうする?

aruaru_40_2.gif

アンケート結果発表!

Q. 「仕事が減った!」ときにどう乗り切りましたか?

毎年8月頃は暇になり、不安病にかられます。ブログを充実させたり、ホームページをリニューアルしたり、個人的なサイトを立ち上げたりして、次のステップになるように手は止めないようにしています。また、フリーの委託先を募集している企業に応募するなど売り込みをかける期間になっています。また、溜まっている確定申告の記帳作業を進めたりしています。(40代・Webデザイナー)

目先の売上に囚われず、まずは自分の思考を変えることが大事だと感じ、コーチング的なセミナーに参加したり、自分と向き合う事をたくさんしました。そしてお客様を追うのではなく、お客様が自然に集まってくることが大事だと気付きました。(40代・アロマセラピスト)

いつもおろそかになっている分、丁寧に家事をしたり休養したりもしています。(30代・Web制作)

仕事量にかなり差があるので、仕事がない時も多々あるのですが、ウインドウショッピングに行ったり、ネットサーフィンをダラダラとしたりして、フリーの時間を楽しむように発想の転換をしています。たくさん買い物して散財してしまいますが、普段は買い物する時間があまりないので、ストレス発散にもなります。(40代・翻訳)

新規開拓(営業メール送ったり)や、制作の引き出しを増やすべく勉強などもします。
ですが、映画をみたり掃除したり、のんびりすることも多いです。フリーランスになりたての頃は仕事がないことに焦っていましたが、続けていると仕事には波があって、繁忙時には本当に何ヶ月単位で休む暇がなくなり土日も消えるとわかってきましたので...。暇なときは休んでいいやと思うようになりましたw(30代・映像ディレクター)

おさいふ的には厳しいですが、このままの流れではダメだと気づき、軌道修正できるよいきっかけにはなると思います。(30代・Webプロデューサー)

Q. 出産前後のクライアントとの関係エピソードを教えて!

クライアントも気を使ってくださっているのか、今まさに仕事が減っているフリーランサー妊婦です。仕事は減って辛いけど、体と精神への負担がかかるのも不安です。(30代・Web制作)

妊娠でつわりや切迫早産になり、タイトな案件を何度かお断りしていたら、メインのクライアントから声がかからなくなりました^^; 子どもが保育園に入るなど落ちついたら連絡くださいと言われているので、余裕ができたらメールしてみようと思っています。でも多分私の後釜はいるだろうし、難しいかな〜と感じています。(40代・Webデザイナー)

まとめ

新規営業などをしつつも、どっしりと構えて、気分転換したり新しいことややりたくてもできなかったことにチャレンジしたり、という方が多かったのが印象的でした。妊娠・出産を機に、クライアントとの関係も少し変化があるというエピソードが寄せられましたが、「産後間もないのに、ボリューミーでスケジュールもキツイ仕事を依頼されて、うれしいような、もう少し配慮して欲しいような......」といった体験談もまわりではありましたよ。みなさんはいかがですか?(編集部M)

峰村友美

Writer 峰村友美

イラストレーター・Rhythmoon編集部メンバー
新潟県長岡市出身杉並区在住。1997年よりフリーランスのイラストレーターに。出版、広告、WEB、パッケージ等にイラストを提供。ほのぼのとあたたかく親しみやすい人物や動物などを描くのが得意。好きな食べ物はチョコとあんことパンとコシヒカリ。好きな場所は映画館と水族館。9歳差兄妹の母。
http://minetom.com/

峰村友美さんの記事一覧はこちら