NY滞在中の仕事時間の取り方

A-title_s.jpg

nyryugaku4-1.png

みなさん、こんにちは! イラストレーターの川添むつみです。
さてさて、もっともドキドキする3大事項が決まり、ほっと一息......。
でも、もう少し準備すべきことがあります。

中でも大切なのは「仕事」のこと。
私はフリーランスのイラストレーターなので、お仕事はいつ入ってくるかわかりません。
納品したものに修正が入ることもあります。
滞在中も進行中のお仕事が対応できないということはあってはならないことです。
ただ、時差もありますし、ご迷惑をかけてしまう可能性もあります。

まずわたしがしたことは
「出発前に納品できるイラストは納品する!」
「NYに行くことをきちんと連絡して、時差のことを伝える」
ということです。

メールで直接伝えたのは進行中のお仕事のあるクライアント様。
それからホームページにお知らせとして記載しました。

nyryugaku4-2.png

オーストラリアのときには意識しないで済んだ時差が気になるポイント。
ここはきちんとお伝えせねば...... ということでホームページには下記のように記載しました。

午前中もしくは20時以降でしたらお電話にでることができます。
13時から20時頃はなるべくメールにてご連絡いただけると幸いです。
午後にメールでご連絡いただいた場合、 遅くとも20時以降にはご返信いたしますので翌日にご確認いただけるようにいたします。

ちなみに東京とニューヨークの時差は14時間(サマータイム時は13時間)。
時差を考えることで、過ごし方も具体的に見えてきました

nyryugaku4-3.png

通常は平日9時〜18時くらい、土日の午前中を制作時間にしていることが多いのですが、
滞在中は毎日3、4時間を目安に午前中にお仕事、シッターさんが来てくださる日は少し多めにお仕事、
そして午後は観光などいろいろ場所に行きたいなとプランニング♪

この行きたい場所を考えるのがとっても楽し〜い!
ニューヨークははじめてですから、場所の位置関係がつかめていません。
そこで行きたい場所をざっとリスト化して、どことどこが近いのか、 電車で行きやすいのかをチェック。
このわくわく感こそ、旅の醍醐味......!

nyryugaku4-4.png

グーグルマップを駆使して、ここからここに行くには何分?など、
調べるのが楽しくなってきて、細かくメモをした覚えが(笑)
今考えるとそこまでしなくても行けばわかるということも多かったですが、
しっかり調べると安心感にも繋がるしいいですよね。

さて、次回はついに出発!
「子どもとの飛行機の中での過ごし方」をレポートします。 ぜひまたご覧ください♪

nyryugaku4-5.png

現地での電話連絡には今回は「050plus」というアプリで電話番号を取得して、アプリで電話のやりとりをする形にしました。 オーストラリアのときはスカイプを使ったのですがつながりが悪くて(;;) 「050plus」は快適に使えましたよ〜

※この連載のバックナンバーはこちらからご覧ください。
※ちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイト「グローリア」でもアンバサダーとして登場しています。
川添むつみ

Writer 川添むつみ

イラストレーター
2006年東洋美術学校卒業後からフリーイラストレーターに。1児(5歳)の母でもあり、2011年にはオーストラリアへ、2013年にはニューヨークへ1ヶ月の親子留学を決行。リズムーンではエッセイにてその様子をお伝えしています。
イラストを交えてわかりやすく楽しくさまざまなことをお伝えしたいと思っています♪
http://k-mutsumi.com/

川添むつみさんの記事一覧はこちら