年末調整か確定申告か、それが問題だ

リズムーン読者のみなさま、こんにちは。
文学の香りただようコラムタイトルをつけたライター須磨です。

会社員としての収入「給与所得」とWワークでの「所得」、税金はどうしてるの?と思われる方が多いのではないでしょうか。
実際、聞かれることも多いです。
一番良いのは、税務署に電話して問い合わせる、税理士に相談する!
絶対会社にはバレたくない方、素人判断は危険ですよ。
今回は私の場合を書き起こしますが、参考までにとどめておいてくださいね。

今年は確定申告にせず会社の年末調整のみにしました。
2014年は1社からの支払いで「所得」が20万円以下だったこと、他に確定申告する必要がないためです。
※「他に確定申告する必要がない」とは、医療費控除、住宅ローン控除など、その他の理由による確定申告の必要性がないことを指します。

ライター収入が20万円以下で「事業所得」と呼べるレベルではなく「雑所得」の範囲内です。
※ちなみに雑所得の内容については国税庁のサイトをご確認ください。

ちなみに国税庁のサイトには「給与所得者で確定申告が必要な人」に以下の記載があります。

1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

ですので、私は確定申告する必要がない人に分類されます。
が、これは所得税の話。

所得税の申告と住民税の申告に注意!

「給与所得者で、前年の給与所得および退職所得以外の所得金額が20万円以下の方」は住民税の申告義務があるんです。
だから定められた期間に区役所の税務課で申告する必要があります。
※区役所の税務課に確認済み。

正直、とっても手間です......が仕方ない。兼業するならある程度稼いだ方がよいですね、同じ手間なら。今回も経費計算しないとダメですし。
来年はある程度稼いで確定申告で終わらせたい!そして、経費計算も頑張ろうと思います。

※この連載のバックナンバーはこちらからご覧ください。
須磨ますみ

Writer 須磨ますみ

前は編集・ライター、今は会社員+週末ライター。
各種インタビュー、仕事系、グルメ、ウエディングなどの編集・ライティング経験あり。

須磨ますみさんの記事一覧はこちら