Vol.7 年末年始を心穏やかに過ごすために

20150105_iedeoshigoto_7.jpg
あけましておめでとうございます。
イラストレーターの峰村友美です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
この年末年始、皆さまはどのようにお過ごしでしたか?
会社勤めの人と違って、年末年始のお休みも自分で決められるフリーランス。年またぎのお仕事がある場合、お休み明けのスケジュール調整次第で何日休めるかも変わってきます。
三が日も休んでいられないような仕事を抱えて年を越す場合もあれば、頑張って年末に進めておいて長期休暇を取ることもできたりします。
私は例年1~2件、年またぎの仕事がある場合が多いのですが、今年はまっさらな状態で仕事納め、でも新年からのお仕事が決まった状態でお休みに入れました(厳密に言うと雑務や事務作業は年またぎです)。

もしも年明けに仕事がない状態だと、不安でお休み中ものんびりできずに、つい営業活動をしてしまいそうになりますが、休み明けにもお仕事があると思うとそれだけで心は穏やかです。
年末年始に限らず、次の仕事が決まっているということが、フリーランスの心を安定させてくれます。
長年フリーランスをやってきて、閑散期も繁忙期も必ず終わりがあると頭ではわかってはいるのですが、閑散期になるたびに心が落ち着かなくなってしまうのはもう習性みたいなものです。
今年は繁忙期や閑散期に乱されずに、心は常に穏やかに1年を乗り切りたいと思います。

※この連載の前身「フリーランスマザーのあるある事件簿」は、貴重な女性フリーランサーの生の声を集めた、読んで楽しくためになるコンテンツですので、まだご覧頂いていない方はぜひバックナンバーをご覧下さい。
※「今日も家でおしごと」のバックナンバーはこちらからご覧ください。
Vol.6 散らかった机に眠るお宝
Vol.8 繁忙期に起こりがち。思い込み進行は危険です→
峰村友美

Writer 峰村友美

イラストレーター・Rhythmoon編集部メンバー
新潟県長岡市出身杉並区在住。1997年よりフリーランスのイラストレーターに。出版、広告、WEB、パッケージ等にイラストを提供。ほのぼのとあたたかく親しみやすい人物や動物などを描くのが得意。好きな食べ物はチョコとあんことパンとコシヒカリ。好きな場所は映画館と水族館。9歳差兄妹の母。
http://minetom.com/

峰村友美さんの記事一覧はこちら