Vol.19 仕事の合間の家事休憩で気分転換

20160104_iedeoshigoto_19.jpg

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

息子が年男(としおとこ)で、自分が母になってからもう干支がひと回りするのかと、感慨深いです。

今日のコラムは干支もお正月も全く関係ない話で恐縮ですが、寒い冬にも便利だなと思うことを描いてみました。

私は家で仕事をしているので、やろうと思えば家事をいつでもできる環境にあります。暖冬な今シーズン、天気が良い日は布団を干したくなります。実際は面倒でなかなか干さないのですが、先日姉家族が泊まりに来ることになった時には、客用の布団を仕事中に干すことができました。

最近は、2歳の娘が保育園から帰るとグズグズ甘えて夕飯作りが進まないので、日中、家事休憩として夕飯のメニューを何か1品作っておけば安心です。材料をザクッと切って調味料と一緒に鍋に入れて火にかけるだけ、という料理なら、10~15分あれば仕込みができ、あとは弱火で放置するだけ。在宅業ならではの放置料理です。毎日机に向かって座りっぱなしの仕事でも、家事休憩なら椅子から離れて体を動かせたり、夕飯のメニューも1品増えたり、気分転換にもなり、一石二鳥・三鳥です。

仕事が立て込んでいるときは、なかなかそんな気分にもならないのが正直なところですが、気持ちにゆとりのある日は10分、15分台所に立つのは本当にいい気分転換になります。今年はもう少しゆったりした気分で、家事休憩を毎日の習慣にできたら良いなと思っています。

※この連載の前身「フリーランスマザーのあるある事件簿」は、貴重な女性フリーランサーの生の声を集めた、読んで楽しくためになるコンテンツですので、まだご覧頂いていない方はぜひバックナンバーをご覧下さい。
※この連載のバックナンバーはこちらからご覧ください。
Vol.18 誰にも見られたくない!? 寒さ対策万全のシゴト着
Vol.20 仕事の電話は固定電話派?それとも携帯派?
※次回の「今日も家でおしごと」は2月1日(月)更新予定です。
峰村友美

Writer 峰村友美

イラストレーター・Rhythmoon編集部メンバー
新潟県長岡市出身杉並区在住。1997年よりフリーランスのイラストレーターに。出版、広告、WEB、パッケージ等にイラストを提供。ほのぼのとあたたかく親しみやすい人物や動物などを描くのが得意。好きな食べ物はチョコとあんことパンとコシヒカリ。好きな場所は映画館と水族館。9歳差兄妹の母。
http://minetom.com/

峰村友美さんの記事一覧はこちら