Vol.20 仕事の電話は固定電話派?それとも携帯派?

20160201_iedeoshigoto_20.jpg

だいたい家にいる在宅業の私は、仕事用の電話は固定電話にしていますが、念のため、名刺やメールの署名に携帯電話の番号も併記しています。仕事の電話はたいてい固定電話にかかってくるのですが、クライアントによっては、最初から携帯電話にかけてくる方もいらっしゃいます。たまにしか起こりませんが、外出中にかかってきた仕事の電話対応は、不慣れなせいか、とてもあたふたしてしまいます。

10数年前は、フリーランスの仕事にはまだまだFAXが必須アイテムでしたが、今では年に1回使うかどうかです。まれにFAXを送りたいというクライアントがいても、お願いすればたいていPDFファイルでメール添付してくれるようになりました。

FAXが不要なら、固定電話はなくても仕事ができてしまうということです。「固定電話があることが信用になる」という話もよく聞きましたが、今はサイトのお問合せフォームから新規の仕事依頼をいただける時代ですし、固定電話をもつことの重要性は変わってきているのかなと思います。

※この連載の前身「フリーランスマザーのあるある事件簿」は、貴重な女性フリーランサーの生の声を集めた、読んで楽しくためになるコンテンツですので、まだご覧頂いていない方はぜひバックナンバーをご覧下さい。

※この連載のバックナンバーはこちらからご覧ください。
←Vol.19 仕事の合間の家事休憩で気分転換
Vol.21 今日も家で「猫と」おしごと 
※次回の「今日も家でおしごと」は3月7日(月)更新予定です。

峰村友美

Writer 峰村友美

イラストレーター・Rhythmoon編集部メンバー
新潟県長岡市出身杉並区在住。1997年よりフリーランスのイラストレーターに。出版、広告、WEB、パッケージ等にイラストを提供。ほのぼのとあたたかく親しみやすい人物や動物などを描くのが得意。好きな食べ物はチョコとあんことパンとコシヒカリ。好きな場所は映画館と水族館。9歳差兄妹の母。
http://minetom.com/

峰村友美さんの記事一覧はこちら