フリーランスという生き方を、焚き火の火起こしに重ねてみた

farm_title.jpg

こんにちは。Farm Rootsの佐藤亜弥美です。
東京では桜が咲き始めましたね。こちら笠置町でも蕾がいま弾けんとばかりにふくらんできて、季節はすっかり春めいてきました。子どもが風邪やら腸炎やらに何度もかかった長い冬もやっと終わろうとしています。

農作業では、昨年の冬のはじめからスタートした土づくりが佳境を迎えています。これからは苗を植えるための「畝立て」の作業が続きます。

自然の中に身を置くことで大切なことが学べる

3月も半ばを過ぎると、冬越ししていた野菜たちに「とう」が立ち始めます。そして野にも花々が増え、山菜などが採れ始め、虫や鳥たちもだんだん増えてきます。最近は、カモシカが畑によく現れるようになりました。カモシカは畑に生えている菜っ葉を食べてしまうので要注意ですが、きっと暖かい里には食べ物があるだろうと、探しに来るのでしょう。

時を同じくして人間も、畑に出始めます。土を耕したり、種をまいたり。この時期に野山を散歩すると、みないっせいに畑に出ているので、「畑作業する日をカレンダーに〇でも付けていたのかなあ」と思いたくなるほど。こういった光景を見ていると、「人間も動物も、なんにも変わらないなあ」と思う時があります。みなそれぞれの時間の中で、同じ世界を分け合って暮らしている気分になるのです。これは都会にいたら実感しにくいことだなあ、と改めて今の環境をありがたく感じました。

焚き火からわかるフリーランスとしての現在地

また、私の家ではまだ薪で風呂を焚いていて、毎日の湯沸かしはほぼ私の担当になっています。毎日薪で風呂を焚いていたら、今まで得られなかった学びがありました。
薪は太いもので直径10センチ以上あるものもありますが、最初からその太い薪に火をつけることはできません。まず新聞紙にマッチで火をつけ、それからよく燃えるスギの葉を上にかぶせ、次に小枝を燃やし、その次に少し細い薪。それがごうごうと燃えたらやっと最後に太い薪です。

これを毎日繰り返ししているうちに、「ひとつの物事で、急に大きく成し遂げられることはないなあ」と思うようになりました。目標として「太い薪」があったとしても、最初はマッチの小さな火から始めて、辛抱強くより大きな火にしていく。これが自然の摂理かもしれないと。確かに灯油をかけたら一気に火は燃えひろがりますが、コストがかかるし燃え方に無理が出ます。

フリーランス生活でも同じです。最初から実績や評価が高い人はいません。だんだん、少しずつ小さな仕事で実績を得てから、目標の仕事に向かっていく。火を見ていると、「ああ、今の私はまだスギの葉を燃やしているくらいだな」と思えます。しかし少しずつ太い薪に向かっていこうとも思えるのです。

20160329_sato_1.jpg

4月の一品レシピ

今月ご紹介するのは、卵をふわふわにした親子丼に菜の花を加えたもの。春の野原のような軽い食感が楽しめます。卵白を泡立てるのでボリュームも出てヘルシーですよ。

20160329_sato_2.jpg

菜の花の卵ふわふわ親子丼

●材料(2人分)
ご飯 300g
菜の花 60g
鶏もも肉 100g
玉ねぎ 1/2個
卵 3個
わけぎ 2本

だし汁 200ml
 合わせ調味料 
 ☆酒 大さじ1
 ☆みりん 大さじ1
 ☆砂糖 大さじ3
 ☆醤油 大さじ3


●作り方

1. 鍋にだし汁を入れ、ひと口大に切った鶏もも肉とスライスした玉ねぎを入れて中火で煮る。

2. ☆の調味料を合わせておく。

3. 卵の白身と黄身を分け、白身を泡だて器でメレンゲになる手前くらいに泡立てた後、黄身を加えて混ぜる。

4. 1に火が通ったら☆の調味料と菜の花を加えてひと煮立ちさせる。

5. 3の卵を鍋に加え、ふちが固まってきたら、泡をつぶさないようにふんわり混ぜる。

6. 半熟状になったらご飯の上に盛り付け、小口切りにしたわけぎを散らす。

凍てついた大地に這いつくばるようにクローバーやカラスノエンドウが生えている春の野は、寒さに耐えた生命のみせる笑顔のようなもので、なんとも愛しいものです。そんな気持ちを料理に込めましたが、口の中でみなさんに伝わるでしょうか。

【Farm Rootsからのお知らせ】

Farm Rootsでは春からのお野菜定期便の会員様を募集しています。圃場では農薬や化学肥料を使わず、自然の力いっぱいで育てる旬の野菜を食べて、元気な体で元気に働きませんか?お試し便も募集中。くわしくはブログにて。Farm Rootsのお野菜定期便をおすすめする理由

160205_sato_3.jpg

佐藤亜弥美

Writer 佐藤亜弥美

高校卒業後に横浜へ。アフリカテント旅、登山用品店勤務などを経て恵那市笠置町へ夫と共にUターン。有機農法の健康な野菜を提供するFarm Rootsを立ち上げ、子育てしながら農作業に勤しんでいる。
夢は農家民宿開業と、有機農法のノウハウを途上国に伝えること! Farm Rootsはいつでも遊びに来てくれるお客さんを待っています。
http://blog.livedoor.jp/farmroots/

佐藤亜弥美さんの記事一覧はこちら