フリーランスの心に響いた「時間」と「お金」に関する海外の名言

あっという間に過ぎ去った3月は、なんといっても確定申告の月でした。面倒くさい印象がついて回りますが、その1年の仕事の内容やお金の流れがクリアになり、「事業」としてはどういう年だったかを見直すことができるので、意外と面白いと思っています。会計年度が終わって金額は数字で出ているとおりでも、その内容としてはどうだっただろう?と冷静に振り返る機会にもなります。

フリーランスに戻った理由

私は何年も会社員をしていましたが、その前はフリーランスでした。出戻りフリーランスに落ち着いた理由は、とにかく子育てにもっと力を注ぎたかったからです。

会社員時代の先輩ママに「小学生、中学生となるにつれ、もちろん手がかからなくなることも多いけど、より一層、親が必要なことが多いのよ」と言われたことが私の心の中にいつまでも残っていて、それでフリーランスに戻ったといっても過言ではありません。

さて、私が考えていた「子育てに力を注ぐ」の具体的な内容は:
1. ちゃんとしたご飯を作ってあげること
2. 子どもの帰宅時に家にいること
3. 宿題を見てあげること
4. 子どものお友達をもてなすこと
5. 放課後の習い事に連れて行ってあげること
6. 学校行事(授業参観や○○会など)を見に行ってあげること
などなど。

これを実行しようと思いながら個人事業を営んでいると、午後のある時間以降はまったく仕事ができないことになります。
仕事再開は夜21:30以降。さらにお風呂に入ったり何だりで就寝は2〜3時ということもざらにあります。

「深夜まで仕事をしてしまった!」と反省は残るものの、午後、子どもに関われる時間を考えるとやっぱりフリーランスに戻って正解だったなと思うのでした。

160330_catchpole_kids.jpg

"!!!!" by Stephanie Sicore

お金と時間のバランス

フリーランスになってから、「お金=時間」という関係を前よりも深く感じるようになりました。それは労働時間をお金に換算するということではなくて、自由な時間ができた時にそれをとても贅沢な時間だと心から感じることができるようになった、ということです。誰にでもある1日24時間に、追加時間を獲得できたような気持ちになります。

忙しい中でもそう感じられることで、うまく息抜きができているのではないかと思っています(...とは言いつつ、真剣に「時間が足りない!」と青くなることも多々ありますが...)。

フリーランス生活をしていると、こうしたお金と時間の均衡を保つために、都度、足し引きしている感覚があります。ただ、その足し引きをするのはあくまで自分なので、自分が主導権を持っていると感じられるのもフリーランスの醍醐味なのかもしれません。

160330_catchpole_time.jpg

"Time" by Håkan Dahlström

お金と時間に関する海外の名言

さて、そんなフリーランス生活で考えさせられるお金と時間に関するいくつかの名言をご紹介します。次の会計年度を計画する私にちょっとした勇気をくれたり、注意を促してくれたりする言葉です。

"Money won't create success, the freedom to make it will." -Nelson Mandela
お金のおかげで成功するわけではなく、お金を稼げる自由があるから成功するのだ。

"If you don't value your time, neither will others. Stop giving away your time and talents. Value what you know & start charging for it." -Kim Garst
自分で自分の時間に価値を見出せないのに、他人が見出してくれるでしょうか。あなたの時間と才能を捨て売りするのはやめましょう。自身の持っている知識を高く評価し、対価を請求してください。

"Time is the coin of your life. It is the only coin you have, and only you can determine how it will be spent. Be careful lest you let other people spend it for you." -Carl Sandburg
時間は人生の硬貨のようなものです。あなたが手にしているただひとつの硬貨で、あなたが使い道を決めることができるただひとつの硬貨なのです。注意しておかないと、自分の代わりに他人が使ってたなんてことになりかねません。

"Many people take no care of their money till they come nearly to the end of it, and others do just the same with their time." -Johann Wolfgang von Goethe
多くの人々が、金が尽きそうになるぎりぎりまでその管理をせず、また別の人々は時間がなくなるぎりぎりまでその管理をしない。

ボーダレス・マインドで行きましょう。

サムネイル画像:"Happy Ramadhan, Eid Mubarak" by Hamed Saber

キャッチポール若菜

Writer キャッチポール若菜

映像翻訳者
イースト・カロライナ大学 音楽学部を卒業後、外資系企業のマーケティング業に約8年間携わり、現在ではフリーランスで字幕翻訳、エンターテイメント系通訳業に従事。親族全員で5カ国の国籍が集まるインターナショナルな家族を持つ。リズムーンでは、「英語でつかむボーダレス・マインド」を連載中。
http://www.nlc-jp.com/

キャッチポール若菜さんの記事一覧はこちら