PRのプランニングは、スケジュールとゴール設定が肝

みなさん、こんにちは。PRプランナーの大山夏希です。前回の記事では、PRの対象となるモノ・コトの見つけ方についてお話ししました。
PRの対象が明確になったら、次はプランニング。効果的にPRするためには、プランニングがとても重要になります。

スケジュールを逆算するのがポイント

PRの対象となるものが新商品であれば発売日、新サービスであればサービス開始日、イベントであればイベント開催日、いづれも発売・開始・開催日よりも前からPRの活動はスタートしているのが基本です。
商品やサービスを世の中に送り出す前のほうが情報としてのニュース性が高いので、スケジュールを逆算してPR活動をしましょう。
アプローチ先の媒体にもよりますが、雑誌などの紙媒体であれば、媒体側の進行スケジュールを考慮して2ヶ月前からのPR活動を、Web媒体であれば、2週間〜1ヶ月前からのPR活動が理想です。
商品やサービスの発売・開始・開催日と、雑誌の発売日・WeBの公開日が近いほうが媒体に取り上げてもらいやすく、その掲載ページをみる生活者の心にも響きやすい傾向があります。

ニュース性を意識するために、発売・開始・開催日前からの活動をおすすめしていますが、すでに展開されている商品やサービスの場合は、見込み客となり得る人たちに影響のありそうな媒体を通してアプローチする、ダイレクトにアプローチするなど、ターゲットを絞った内容にしても良いです。

20160518_pr_1.jpg

PRのゴール設定をする

「PRの対象をどうしたいのか」=「PRのゴール」として考え、それによって情報の拡散の仕方や場所も一緒に考慮します。たくさんの人に知ってもらいたい、子育て中のママに知ってもらいたい、バリバリ働くキャリアウーマンに知ってもらいたい、実際に商品を使ってもらいたい(方法としては、サンプリング、モニター)など、PRのゴールによって「どの方法で」「どの媒体を通すのがよいか」を選定していきます。

期間を決めたPR活動にする

フリーランサーの皆さんには、通常の業務に負担のかからないプランの立て方がおすすめです。
延々と続けるPRではなく、期間を決めて、短期(3ヶ月)もしくは中期(半年くらい)でプランニングすると、無理なくPR活動ができると思います。PRと一緒に、営業活動や販売促進などのプランニングも組み込むと、マーケティングプランが成立しますね。

PRの対象にあわせて、最適なスケジュールとゴール設定をして効果的なPRを行いましょう!

大山 夏希

Writer 大山 夏希

PRプランナー
アタッシュ・ド・プレス、アパレルブランド広報、総合PR会社の勤務を経て、2014年より、フリーランスのPRプランナーに。独立後は、スポーツウェアブランド、インポートシューズブランド、レザーアイテムブランド、ジュエリーブランド、ECO洗剤、オーガニックコットンのワンマイルウェアなど、国内外のブランドのPRに携わる。
ママ、キッズ、ファミリー向けの商材を中心に、ファッション、音楽、ライフスタイルを織り交ぜた企画提案や、イベントとPRを両立させたプロモーション展開を得意としている。
PRプランナーとして活動する傍ら、ママ向けキュレーションサイトでのライティング、ナチュラル&オーガニックをコンセプトとしたファミリー向け音楽イベントのプロデュース、個人事業主向けPRセミナーの開催なども行っている。
http://www.flapping-sound-pr.com/

大山 夏希さんの記事一覧はこちら