暑い日のおもてなしは、軽やかな材料と調理法を取り入れて

暦の上では立秋をすぎましたが、残暑きびしい日がつづいていますね。先日、ヨーガの先生とコラボして、ランチビュッフェの会をひらきました。

20160816_kosino_1.jpg

暑い日のおもてなしには、体の熱を放出してくれる材料や調理法をつかうのがおすすめです。身土不二、地産地消などという言葉がありますが、地元でとれた新鮮な旬の食材をとることが体調を整えるコツ。今の季節にたっぷりとれる夏野菜は、体を適度に冷やしてくれます。

調理法は、ゆでる、蒸す、炊く、煮るなど、やわらかい火のエネルギーをつかうと、体がほてらず、体内の熱を外に出しやすくなります。やわらかいエネルギーをとることでバランスがととのい、甘いものや冷たい飲み物への欲求が少なくなっていくから不思議です。

今回のおもてなしでは、難しい説明はぬきでみなさんによろこんでいただけました。その中でも、暑い日向けの爽やかな一品をおひとつご紹介します。

自家製ところてんのグリーンサラダ

寒天は海藻の中でもやわらかいテングサから作られていて、体を適度に冷やしてくれます。粉寒天があれば、浸水しなくてもすぐにつかえるので便利です。

20160816_kosino_2.jpg

〈材料〉4人分
粉寒天 3g
水 300cc
きゅうり 1本
自然塩 1g
おくら
トマト 1個

(ドレッシング)
醤油 大さじ1
味噌 小さじ1
穀物酢 大さじ1
ごまペースト 小さじ1
白すりごま 小さじ1

〈作り方〉

1) 鍋に水と寒天を入れて強火にかけ、木べらでまぜながら沸騰したら弱火にして5分ほど煮る。流し缶かバットに入れて冷ましておく。
2) 胡瓜の両端を落としてたてに切ってから、ななめ切りにする。ボウルに入れて塩をまぶし、10分ほどおいて水気を切ってザルにあげておく。
3) オクラは沸騰したお湯に塩(分量外)を入れてゆでる。ザルにあげて冷まし、ななめ切りにする。
4) トマトはへたをとって輪切りにし、両端はさいの目切りにする。
5) ドレッシングの材料をボウルに入れてまぜておく。
6) 1を細切りにし、2、3とともに5に入れて和える。
7) 器にトマトの輪切りをよそい、6を天盛りにし、トマトのさいの目切りをのせる。

のどごしのよいところてんとグリーン野菜、トマトの赤が目にも爽やかな一品。できあがったところてんは冷蔵庫で2、3日もちますが、水気が出るので食べる分だけドレッシングと和えるのがおすすめです。寒天には体にたまったものを排出してくれる効果があります。市販のところてんでも手軽にできるので、ぜひお試しください。

藤野への移転のため、私も断捨離をしてずいぶん荷物を少なくしました。それでも家の中が引っ越し業者の段ボールでいっぱいです~。

来月には新居の様子と藤野暮らしをご紹介できる予定ですので、どうぞお楽しみに!

越野 美樹

Writer 越野 美樹

アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、野菜と乾物を使った料理教室をはじめる。料理だけでなく、陰陽五行を用いたり、身近な食材を使ったお手当のレクチャーも。2016年秋、湘南から藤野に移転。http://www.kosibun.jp

越野 美樹さんの記事一覧はこちら