立秋の薬膳:熱とジメジメを排出し、秋に向けて潤いを補充していこう

夏の盛り、いかがお過ごしですか? 国際中医薬膳師のムラカミレイコです。
立春から始まった「四立の薬膳」。今日8月7日は、立秋です。季節の変り目に、今まで過ごした季節とこれから始まる季節、どのように過ごそうかを考えるきっかけになるとうれしいです。

20160807_yakuzen_1.jpg

立秋:暑さ続く秋の始まり

まだまだじっとりとした暑さが続く日本の夏ですが、実はもうすでに陽のあたる時間が短くなり始め、私たちを取り巻く環境は秋に向かって静かに動きはじめています。この頃から、身体を冷やすような食材は少なめにしていくと良いと言われています。中国の北部では、「立秋に子どもが冷たい物を飲むと、冬まで長引く咳を煩う」といわれ、その日は子どもに冷たい物を絶対に飲ませてはいけないという習慣があるそうです。

とはいえ、まだまだ気温は高く、ふわふわのかき氷に手造りのレモンシロップをかけて、といった誘惑に誘われ、冷たいものについ手を伸ばしてしまう方も少なくないのではないでしょうか。その影響について、少し観察してみましょう。

冷たいものは体内の熱をとりにくくする?

冷たいものは口から胃、そして体内へと運ばれます。中医学で身体の機能を表す概念の中に、消化器系を司る「脾」というものがあります。外からの栄養分を体内のエネルギーに変換する「脾」は、余分な水分と冷えによってその機能が低下すると言われています。とくに夏バテ気味で身体の中にエネルギーが足りないときは「脾」が弱っていることが多く、冷たい水分をとることによって、さらに弱めてしまう可能性があります。

元気があり余る時であれば冷たいデザートもぜひ楽しんでいただきたいのですが、もし低下気味なのであれば、冷たいものを少し控えることをおすすめします。体内にこもる熱を暑い外へ押し出すためには「脾」から作り出される持続的な体力が必要です。外からの一瞬の冷却のためだけに「脾」の力を弱めてしまうことは、結果として身体の体温調節を妨げることになります。

20160807_yakuzen_2.jpg

季節の薬膳:過ごした日々とこれからの日々を振り返る

季節は続き、繋がっています。前の季節に整えられたバランスを、今の時期にあった方法でバランスを保持し、次の季節に向けて養生する。その連鎖を考慮することも、季節の薬膳を考える上で大切な要素のひとつです。

夏が色濃く残っている今、夏の暑さとどう向き合いながら過ごしたか、秋に向けてどのように養生するかを考えることが、季節の薬膳の重要な目的といえます。

立秋のレシピ「トウモロコシとスペアリブのトマトスープ」

冷やす効果があるものが多い夏野菜も、火を通したりと少し調理方法を変えてあげるだけで、冷やす効果を穏やかにすることができます。

今回の立秋の一品は、そんな夏野菜を使って少し温め、補いながら、ジメジメした体内の余分な湿気をとる「トウモロコシとスペアリブのトマトスープ」です。私の育った香港では、季節にあったスープが各家庭で作られていました。外食時でも定食などにはスープがついてきます。そのスープをイメージして今回は不必要な湿を取り出してくれるトウモロコシと、熱を冷やし、乾きを止め、潤いを作り出してくれるトマト、そして体力をつけてくれる豚肉を煮出したスープをおすすめします。

夏の間に体内のこもった熱とジメジメを排出しながら、潤いを補充し秋にカラカラにならない身体作りにお役立てください。

20160807_yakuzen_3.jpg

トウモロコシとスペアリブのトマトスープ

<材料>

トウモロコシ 1本
スペアリブ 400gくらい(小さめのスペアリブ4−5本)
トマト 2〜3個
人参 1本
水 約600ml(トマトなどの水分により調整)
塩 お好みで


<作り方>

1)トウモロコシは2cmくらいの輪切りにしておく。新鮮なものは切りやすいが、古いものは芯が固いので、その場合は先に少し茹でておくか、レンジで火を通しておくと切りやすい。それでも難しい場合は、手で半分くらいに割って、スープで煮込む時間を増やす。トウモロコシの芯からも出汁がでるので、芯をつけたまま煮込むのがおすすめ。
2)トマトと人参は2〜3センチのくし切りに。 人参は皮ごと使えるものであれば、ぜひ皮をつけたままで。
3)スペアリブは熱湯に入れ、5分ほど茹でてアクを抜く。
4)できればホーローなどの鍋がよいが、なければ普段お使いのステンレスなどの鍋に水を入れ、1〜3をすべて入れ、中火から強火にかける。ふたをして、沸騰したら、10分ほど煮て、その後、弱火で1時間から1時間半煮込む。水分が足りなくなったらお湯を追加する。
5)スープに十分なエキスが出ていたら、お好みで塩を入れて火を止め、具とスープはわけて出す。メインというよりお吸い物のようなスープ。スープと別に取り出した具は、塩や醤油などをつけながら食べるのが香港流。



◎ スペアリブの代わりに、豚フィレのブロックで油少なのスープなどもおすすめ
◎ トウモロコシのヒゲも新鮮なものは結んで一緒に入れると、ジメジメを取り除いてくれる効果がさらに高まります
◎ もし長時間とろ火で調理できるものがあれば、2時間くらい煮出すとスープの旨味が増します
◎ 一日冷蔵庫で寝かせると、さらに味が落ち着いて美味しくなります
◎ スープの中身(とくにお肉)をつけて食べるソースは、醤油に刻んだ生姜とアリッサを入れる組み合わせがおすすめです。アリッサの代わりに、豆板醤やコチュジャンでも

次回は、立秋の11月7日にお届けします。お楽しみに!

ムラカミレイコ

Writer ムラカミレイコ

日本、香港、カナダで育つ中、言葉や文化の違いの中でそれぞれが暮らすということ、に興味をもつ。カナダの大学を卒業後、日本に戻り、ITコンサルティング会社の研究開発部門に勤務。退職後、中医学を軸とした薬膳を学び、国際中医薬膳師の資格を取得。時間を見つけては、国内外問わず知り合いを訪ね、
その土地の暮らし方、食文化と出会う旅を続けている。
身体は食べ物で直すより、食べ物への意識で直す、を推奨する。柑橘の時期は愛媛県大三島の様々な種類の蜜柑の販売をしたり、旅に便利な物を密かに開発したりも。

ムラカミレイコさんの記事一覧はこちら