移住先で農的生活をしたい!意外に知らない農地法の落とし穴

farm_title.jpg

移住したらもれなく農地がついて......こない?

こんにちは。Farm Rootsの佐藤亜弥美です。
最近ありがたいことに、就農に興味がある方が見学に来てくださいました。話を聞くと、その方は農地つきの民家を探しているものの、なかなかいい物件がなく、困っているそうです。
こういった「移住して農的生活をしたいけど、畑が借りられない」という話はよくあるのです。
昨今の田舎回帰ブームで、新規就農希望者や田舎暮らしをしたい人は増えています。田舎を一回りしてみると、あるわあるわ、耕作放棄地の数々。草ぼうぼうになっていて、「あ、これは後継者がいない田んぼだな」と一目見てわかります。そういった耕作放棄地が空き家の近くにあれば、そこに住んだらいいと思うはずです。

しかし、実は農地はそう簡単には借りられません。農地法第3条第1項にはこう書いてあります。

農地法第3条第1項

農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可を受けなければならない。

つまり、「農業委員会が農業者と認めた人にしか農地は賃借できない」ということです。これはなかなかハードルが高いのです。なぜかというと、農業委員会に営農計画書(土地の自治体の計画に沿った営農計画書が求められる)を提出し、認められると農業者になれるということになっているのですが、実際に農業委員会に行くと、「土地を買ってから計画しないといけません」などと言われてしまうことも。自治体にもよりますが、「素性の知れない移住者に農地を貸して、荒らされたら困る」という理由から、こうした状況になっているようです。

本当に営農する気があるのならば、新規就農者を大募集していて、農地を借りやすい自治体というのがありますので、そういったところを当たった方がいいでしょう。

家庭菜園をしたいなら逃げ道も

小さい畑で家庭菜園を楽しむ程度であれば、特定農地貸付法という別の法律が適用されます。1反未満の耕作であれば先ほどの農地法第3条第1項は適用されず、借りられるという内容です。

移住者のほとんどの方は1反未満で満足される方が多いと思いますので、これで一安心ですね。不動産会社にそういった条件を出せば、探してくれるでしょう。また、自治体の空き家バンクを通して賃借すると、農業委員会に顔通ししてくれる可能性も高いのでおすすめです。

また、市民農園を借りたりするのも手ですし、畑付きの別荘・クラインガルテンに2地域居住してみるのもいいですね。
ちょっと広めの庭の家を借りて、土を入れて畑にしてしまったという人もいます。おしゃれにハーブなどと野菜を混植する「ポタジェ」は小さな庭に最適です。また少ない土地でも、棚などを作って空間を利用して立体的に栽培することによって、たくさんの収穫を得られます。

農地を借りられなければ、移住できない!と思い込んでいる方は、ぜひ考えてみてはいかがでしょうか。

20160831_sato_1.jpg

9月の1品レシピ

ありそうでなかった、焼きなすのバター和え。すごく簡単なのに、なすのうまみが最大限に発揮されてリピート確実です。

20160831_sato_2.jpg

ブータン風なすのバター和え

●材料(2人分)
なす 3本

にんにく 1/2片

バター 大さじ1と1/2

塩 小さじ1/2

●作り方
1. 焼きなすを作る。グリルで中に火が通るまでなすを焼き、皮をむく。

2. なすは細長く削いでおく。

3. みじんぎりにしたにんにくとバター、塩をなすに和える。

【Farm Rootsからのお知らせ】

Farm Rootsではお野菜詰め合わせセットを宅配でお届けしています。農薬や化学肥料を使わず自然の力いっぱいで育てる旬の野菜を食べて、元気な体で元気に働きませんか?一度お試ししていただくお試し便のほか、会員になっていただく定期便もございます。くわしくはブログにて。お野菜定期便の詳細はこちら→お野菜定期便について

16.6.21.jpg

佐藤亜弥美

Writer 佐藤亜弥美

高校卒業後に横浜へ。アフリカテント旅、登山用品店勤務などを経て恵那市笠置町へ夫と共にUターン。有機農法の健康な野菜を提供するFarm Rootsを立ち上げ、子育てしながら農作業に勤しんでいる。
夢は農家民宿開業と、有機農法のノウハウを途上国に伝えること! Farm Rootsはいつでも遊びに来てくれるお客さんを待っています。
http://blog.livedoor.jp/farmroots/

佐藤亜弥美さんの記事一覧はこちら