PRのお悩み相談:「恥ずかしさが前に立ってしまい、SNSを積極的に活用できません」

20160914_pr_1.jpg

みなさん、こんにちは。PRプランナーの大山夏希です。 今回は、PRに関するご質問をフリーランサーさんからいただきました。

ご質問:PRでSNSをうまく活用できません。 恥ずかしさが前に立ってしまい、SNSで積極的なPRができません。 気の持ちようなどがあれば教えていただきたいです。 またプライベートな発信と仕事上のPRの発信の割合や、同じアカウントですることの是非についても教えていただきたいです。(ライター・Mさん)

誰に向けて、どんな内容で発信するのか、客観的に考え整理することからはじめてみましょう。

SNSでの発信は内容にあわせて

SNSは上手に使いこなせば、とても優良なメディアになります。フリーランサーの皆さんには、ぜひとも取り入れていただきたいPR手段です。

ですが、今回いただいたMさんのように、なかなか使いこなせないのも事実。

お仕事でSNSを活用する場合には、プレスリリースの発信と同じで、誰に向けてどんな内容で発信するのか、一度テキストに落とし込んでみると、客観的に考えることができるかもしれませんね。

役に立つ情報を発信しましょう

実際に、PRという仕事をしている私自身も、SNSでの発信は迷うところがあります。職業上、守秘義務も発生するので、すべての情報は細心の注意を払って取り扱っていますし、あまり自分を出しすぎると、自分大好き人間のように見られてしまいますしね(笑)。縁の下の力持ち的な役割りでもあるPRなので、自分自身を前に出すことが苦手だったりもします。

フリーランサーの皆さんの場合は、ご自身が看板であり、PRマン、営業マンも兼ねています。ですので、生活者のみなさんに役立つ、ためになる情報であれば、どんどんSNSで発信するべきだと思います。気の持ちようも大いにあると思いますので、SNSの活用に慣れてしまえば恥ずかしさもなくなってくるはずです。

アカウントは発信内容によって使い分け

アカウントは、完全にお客様向けの発信のみであれば、お仕事用とプライベート用はわけて活用したほうがいいですよね。個人のプライベートな発信でも、お仕事に関する情報の発信でも、SNSに適しているかどうか考える習慣をつけ、とくにお仕事絡みの発信は、お仕事のプラスになるような内容にしましょう。

すべてのフリーランサーがSNS発信が適しているということでもありませんので、ご自身のお仕事と人柄に合わせて、上手にSNSと付き合っていきましょう!

大山 夏希

Writer 大山 夏希

PRプランナー
アタッシュ・ド・プレス、アパレルブランド広報、総合PR会社の勤務を経て、2014年より、フリーランスのPRプランナーに。独立後は、スポーツウェアブランド、インポートシューズブランド、レザーアイテムブランド、ジュエリーブランド、ECO洗剤、オーガニックコットンのワンマイルウェアなど、国内外のブランドのPRに携わる。
ママ、キッズ、ファミリー向けの商材を中心に、ファッション、音楽、ライフスタイルを織り交ぜた企画提案や、イベントとPRを両立させたプロモーション展開を得意としている。
PRプランナーとして活動する傍ら、ママ向けキュレーションサイトでのライティング、ナチュラル&オーガニックをコンセプトとしたファミリー向け音楽イベントのプロデュース、個人事業主向けPRセミナーの開催なども行っている。
http://www.flapping-sound-pr.com/

大山 夏希さんの記事一覧はこちら