ドイツに学ぶ。「休むこと」の大切さ 

ベルリンではついに10度を下回る気温に突入し、急激な天気の変化で風邪を引く人が続出!

国が変われば働き方も変わりますが、ドイツと日本では「病欠」に対する考え方も違います。今回はドイツ企業と日本企業の病欠の対応の違い、働くことに対する考え方、そこから学ぶフリーランサーの心構えについて考えたいと思います。 

病欠は病欠のドイツ、病欠が有給扱いの日本

まず、最初に企業で働く場合の病欠を見てみましょう。 

ドイツでは病欠するときは、必ず医師の就労不能証明書が求められます。私も以前ドイツの会社で働いており、2日以上休むときは必ず就労不能証明書が必要でした(会社によっては、1日でも必要な場合も)。

つまりこの就労不能証明書がない場合は、実際に病気だったとしても病欠扱いにはならないので注意です。日本とのいちばんの違いは、病欠はあくまで病欠であり、有給からは絶対に差し引かれないこと。

企業にもよりますし、日本の事情も変わってきているのかもしれませんが、日本では病欠を有給から差し引く企業もまだまだ多いのではないでしょうか。Urlaub(休暇)命のドイツ人にとってみたら、信じられない! と目を丸くしそうです。 

風邪で1週間の病欠扱いにビックリ!

ドイツで病欠する際、いちばん驚いたのは、病欠期間の長さ。診察で医師に「体調がすぐれず、明日まで病欠を取りたいので、計2日間の証明書をください」とお願いしたところ、「ダメダメ! 2日間じゃ病気は完治しないよ。1週間は休みなさい」と言われ、風邪で1週間のお休みを取らされたことには驚愕しました。 

日本では風邪で病欠すること自体まれであり、病欠したとしても次の日にはマスクをして、仕事復帰をすることは珍しくなかったと記憶しています。休んではいけない、というプレッシャーを無意識のうちに感じることも多いでしょう。しかしドイツと日本では対応が正反対。ドイツはしっかりと休んで、完治してから働く、それでこそ効率のよい仕事ができる、との考え方のようです。

確かに体調が悪い中、また薬を飲んで頭が朦朧とした中、仕事を続けることは、作業効率も悪く重大なミスにもつながりかねません。

ちなみにドイツでは病欠の場合、最大6週間までは会社から給料全額が支払われ、6週間後以降は保険会社によって最終給与の70%が支払われることになっています(3年間のうち最大78週間まで)。しかし日本よりも病欠が取りやすいとは言っても、あまりにも病欠が続くと雇用の形態によっては(例:期限付き契約の社員など)解雇される恐れもあります。ドイツは、解雇に関しては日本以上にシビアです。

201610_ogata_1.jpg

薬を飲まず、ハーブティーのみで風邪を治すドイツ人も多い。スーパーにはさまざまなハーブティーが並んでいます。

今日は休む! という覚悟も時には大事 

今回、会社の病欠対応を例にしましたが、ドイツの病欠に対する対応はフリーランサーが覚えておきたいことでもあると感じています。風邪で1週間のお休みを取るのは、さすがに無理な話ですが、せめて1日、2日はゆっくりできる余裕を持っておきたいですね。やらないといけないことは山積み、けれど今は体調を治すことが先決! と優先順位を変えることもときには必要ではないでしょうか。

体が資本のフリーランサー、無理して大きな病気になることがいちばん怖いですから。 

数日お休みの余裕を持つためには、とにかく日ごろのスケジュール管理。〆切ギリギリでの納品ではなく、余裕を持ってスケジュールこなしていきたいものです。もちろん、言うのは簡単なのですが......。

最後に

今回企業での労働環境を引き合いに出したのは、日本の労働環境について考えてみたい気持ちもあったからです。最近日本の若い女性が労働環境を苦に自らの命を絶つという痛ましい事件が起こってしまいました。さまざまな背景が複雑に絡み合っての自殺だったとしても、彼女を取り巻く労働環境がよかったら、と悔やまれます。

フリーランス情報を発信とともに、ドイツの働き方の情報が日本の労働環境の改善に少しでも参考になれば幸いです。

尾形 絵美

Writer 尾形 絵美

大学在学中からお金を貯めては海外へ旅へ出る。卒業後日本で就職したものの、海外への憧れが止まらず、出国。スペイン→オーストラリア→シンガポールの後、ドイツはベルリンへ移住。2015年会社員からフリーのライターへ転身。駆け出しフリーランス生活やドイツについて執筆中。日本語も教えています。
女子の押し売り

尾形 絵美さんの記事一覧はこちら