コピーやスキャンはどうする? ベルリンの印刷屋に行ってみた!

こんにちは! Rinaです。

ベルリンでの生活を始めてから約1か月が経とうとしています。こちらはまだ比較的暖かく、先週末は半そででも大丈夫な気温でした!

まだまだ街のことなど知らないことだらけですが、すべてが新鮮なので毎日とても楽しいです。また、フリーランスの仕事に充てられる時間や、作品作りの時間が増えたのが何よりも嬉しいです。

作品作りと言えば、私は手描き→スキャン→Photoshopで加工という手順でイラストを描いているのですが、スキャナーを持っていないため、日本にいたときはセブンイレブンのコピー機を利用していました(ちなみにセブンイレブンのコピー機は、他のコンビニのものよりきれいにスキャンできるのでおすすめです)。

ベルリンにもコンビニ的なお店はあちこちにあるのですが、残念ながらコピー機はありません。スキャンやコピーをしたかったら、印刷屋に行くしかないのです。

そこで今回は、ベルリンの印刷屋を実際に利用してみての感想や、日本との比較をしていきます!

ベルリンの印刷屋については、日本語での情報があまりない気がするので、ぜひ参考にしていただければと思います。

20171020_rinanamiki4.jpg

日本との比較

まずはじめに、印刷屋の数ですが、そこそこあることにはあるのですが、日本のコンビニにコピー機が一台ある状況と比較するとかなり少ない気がします。私のようにスキャナーを持っていない方やコピーを頻繁に利用する方には、ちょっと不便かもしれません。例えば私の場合、東京に住んでいたときは徒歩1分のところにセブンイレブンがあり、いつでもコピー機を利用することができました。一方ベルリンの自宅アパートからは、一番近いコンビニは徒歩3分の場所にありますが、印刷屋は徒歩で25分かかります。そして夜の7~8時頃には閉まります。

また、日本のコンビニだったら最初から最後まで自分一人でコピーやスキャンができますが、ベルリンではちょっと違います。まずお店に行ったら店員さんに話しかけ、コピー機の使用許可をもらわなければなりません。コピー機に番号が振り分けられており、「~番を使っていいよ」と言われ、使用後はレジにてお会計といった流れです。コピーの場合は自分自身でできますが、スキャンの場合は、私が行ってみた3店舗ではすべて、店員さんにスキャンをしてもらい、店員さんと一緒にスキャン画像を確認しなければいけませんでした。どんな画像をスキャンしたのか、店員さんにすべて見られてしまうわけですね。とある店舗では、確認するモニターが大きく、カウンター越しの私たちにも見られるような角度で置かれていたため、店内の他のお客さんにも丸見えでした(笑)。

セルフでやらせてもらえない、お会計はレジでしなければならない、でも印刷屋には通常一人しか店員さんがいない......いろんな理由でコピーやスキャンにだいぶ時間がかかってしまうことがあります。私は以前、前の人がとんでもない量と大きさの何かをプリントアウトしていたため、たった1ページスキャンするのに結局15分くらいかかってしまいました。「セブンイレブンだったら2分もあればできるのに」と考えてしまいましたが、きっとそのうち慣れてくるだろうと思います。(それか、スキャナーを購入するいい機会なのかもしれません。)

ちなみにお値段はお店によってまちまちですが、日本のコンビニと同じくらいでやってくれるお店もありました。

私がお気に入りでよく行くのがKopie Froschという印刷屋です。いたって普通の印刷屋ですが、徒歩30分圏内なのでよく利用します。Yelpでの評価が良かったので行ってみたのですが、スキャン3ページで€1以下と良心的なお値段で、店員さんは英語も話すフレンドリーな方でした。

20171020_rinanamiki.jpg20171020_rinanamiki2.jpg

あるお店ではスキャン1ページで€1だったので、サイトやレビューなどを見て、事前にお店選びをしておくのがオススメです!

印刷屋に限った話ではないのですが、ドイツに来て以来、サービス面では特に「日本って素晴らしいな......」と思うことが多かったりします。ドイツの全体的にのんび~りした雰囲気も好きですが!

ということで、今回はベルリンの印刷屋事情についてお話してみました。

次回もベルリンの情報をどんどん発信していこうと思うので、楽しみにしていてください! ではまた!

Rina Namiki

Writer Rina Namiki

1993年生まれ、東京都在住のイラストレーター・ライター。2017年秋にベルリンへ移住し、フリーランサーまたはアーティストとして活動予定。アート・音楽・フードなど、さまざまなカルチャーに興味を持つ。ファッションと動物が大好き。
http://www.rinanamiki.com/

Rina Namikiさんの記事一覧はこちら