【新連載】Vol.1「モチベーションが下がったとき、どうしてますか?」

tamari_title.jpg

編集・ライターという共通点を持ちつつ、異なるキャリアパスを経て現在に至ったベテランフリーランサー3人によるトークカフェ。読者から寄せられたフリーランスのお悩みに、ゆるーく、マジメに答えていきます。読者のみなさまからのお悩みも募集中です!応募はこちらから>>


た・ま・りのプロフィール

●柏木珠希(かしわぎまき):ライター
prof_tamaki.jpg大学在学中から執筆業を始め、卒業と同時にフリーライターに。2008年から2010年にはライター業の傍ら、築70年の長屋をみずから改装して作ったギャラリーカフェを経営。女性向けの「占い」「開運」といったテーマから「低リスク・低コストの店舗開業」「不動産」などビジネスものまで幅広く執筆。近著はコミックエッセイ「占いで結婚しました!」(イースト・プレス)。アラフォー・アラフィフの結婚やネット婚活がテーマの執筆も多い。

[リズムーンの関連記事]

仕事前のスノボーが息抜きに。田舎暮らしを満喫するライター兼ビルオーナー@長野県
【特集】ライターに寿命はあるのか?

●谷畑まゆみ(たにはたゆみ):編集・ライター、キャリアコンサルタント
prof_mayumi.jpg編集プロダクションで女性誌編集者としてキャリアをスタート。心理学を学ぶために40代で会社を離れて大学院へ。修了後はキャリアコンサルティング技能士や産業カウンセラー資格を取得し、心理学の知識をもつフリーランスエディターとして始動して7年目。ライフワークは「働く女性の生き方」取材、これまでに取材した一般女性は1000人以上。キャリアコンサルタントとしても活動中。


[リズムーンの関連記事]
フリーランスインタビューVol.105「40代で社会人大学院生になり、キャリアの軸足が2つに」

●小野梨奈(おのな):リズムーン編集長・Webプロデューサー
prof_onolina2018.jpgIT企業、女性向けWebメディア編集部で勤務し2006年に独立、2014年に合同会社カレイドスタイルを設立。国内外のネットワークを活かして最適なチームを組みながら、研究機関のサイエンスコミュニケーション支援や、女性向けコンテンツの企画編集を数多く手がけている。独立時に苦労した自らの経験から、2009年に「リズムーン」を立ち上げた。プライベートでは、3人の子を持つワーキングマザー。
リズムーンでの執筆記事はこちら


小野: "フリーランスの仕事の悩みや困った!"に答えるコーナーがいよいよ始まりました! 改めて、どうぞよろしくお願いします。

谷畑:ひとりでは心もとないフリーランスも、3人寄れば文殊の知恵。仕事をしていて「これってどうなんだろう?」「私のとったあのリアクションは正しかったのか?」とふと不安を感じたときなどに、3者3様の考えや経験を参考材料にしてもらえるといいですね。

柏木:フリーランスといっても100人100通り。私たちの雑談中に、少しでも役立つヒントを見つけていただけるとうれしいです。

小野:それではさっそくですが、今回のお悩みはこちら。

モチベーションが下がったとき、どうしてますか? モチベーションを上げる方法を教えてください。

tamari_vol1.jpg

「なかなか成果が出ずやる気が下がってしまう、というのを繰り返しています。モチベーションが下がったときに、みなさんどうしますか? モチベーションをあげる方法を教えてください」(30代・個人事業主・雑貨のECサイト運営)

小野:これは会社員、フリーランス問わず、あるあるなお悩みですね。まず、お二人はモチベーションが上がらないときは、どのようにしていますか?

谷畑:たとえば原稿をなかなか書き始められない時は、あらがわずに一度寝てリセット、お風呂に入って"考えない時間"をもつ、体を動かして気分転換するなど、ワンクッション入れてモードのチェンジをはかっています

柏木:一緒です。でも私、そもそもあまりモチベーションが下がらないんです。ギリギリまで追い込んでからやり始めるタイプ。すると、お尻に火がつくから、やらざるを得ないんですよ(笑)。

小野:私もよくあります......。

柏木:でも、モチベーションが下がらずに仕事ができている一番の理由は、好きなテーマの仕事ができているからだと思います。好きではないのに頼まれたからといって引き受けると、あとあと辛くなってしまうので......。あと、単価が安くてやる気が出ない仕事は受けないようにしています。生活のためにやらなければならない場合もあるかもしれませんが、もしそうでなければ、モチベーションが上がらない仕事はそもそも受けない方がよいと思います。

谷畑:同感です。基本、人は好きなことに熱中できていると、モチベーションが下がらないんですよね。

小野:仕事を自由に選べるのは、フリーランスの特権でもありますしね。

谷畑:ちなみに心理学の定義では、モチベーションは、「やる気」や「意欲」とほぼ同じ意味で用いられます。これらを刺激する方法があるので簡単にご紹介してみますね。

すぐに"やる気スイッチを入れる法"としては「ぼんやりする」こと。要は気分転換です。入浴や睡眠、軽い運動や移動などのアクションをとることで"脳が刺激されてぱっとひらめく"ことがあるので、それを活用するというものです。心理学的にも裏付けがありまして、3つのB(Bed, Bath, Bus)を利用するといいと提唱している学者もいます。

また、意欲を保つために効果的なのは、「業務を見える化」すること。タスク管理で小さな達成感を積み重ねることで効率化もはかれて、日々のやる気をキープできます。

柏木:この方は雑貨販売ということで、成果がとてもわかりやすいお仕事ですよね。それでもモチベーションが上がらないというのは、いろいろやっても売り上げにつながらない、結果が出ないから頑張る気がおきないということなんでしょうか。

小野:ブログを書いたり、SNSで発信したり、集客のためにやるべきことがいろいろあるけど、今ひとつ腰が重くてできないってことですかね。

柏木:だったら、まゆみさんがおっしゃったように、まずはtodoリストを作って一個一個やるしかないですよね。

小野:あとは、余裕があればですけど、苦手な仕事を切り出して、そこだけ他の人にお願いして、自分はやるべき仕事に集中するとか。

谷畑:そうですね。比較的好きで取り組みやすい業務と、腰が重くなりがちな嫌いな業務を切り分けた上で、外注が難しい場合は嫌いな業務に取り組む時間を決めるなど、業務のスキームそのものを見直してみるといいかもしれませんね。

SNSも使い方によってはモチベーションのスイッチになると思います。たまきさんは、SNS発信でお仕事が広がっているイメージですが、実際どうですか?

柏木:Facebook経由で仕事の依頼をいただくのが本当に多くなりました。昔は、雑誌の記事や本を読んでくださって、出版社経由で依頼が来るのがほとんどだったのに。今は署名記事の名前で検索すれば、ダイレクトにつながっていける時代ですものね。

谷畑:SNSで仕事を広げるコツって、ズバリ何でしょう?

柏木:そうですね。プロの物書きなので、「ご飯食べて美味しかった」とか、「子どもがこんなこと言いました」とか、そういうオチがないのは書いちゃマズイかなというのはあります。「オチがあるネタ」や「世の中の役に立つネタ」を書くようにしてます。

更新頻度は全然少ないですよ。2、3日続けて書くときもあれば、2週間ぐらい書かないときもあります。なので、あまり効果的にSNSを使ってる方でないとは思いますね。みなさんすごいじゃないですか。いわゆるキラキラ起業の方たちとか。それに比べたら全然です。

小野:私は、SNSの苦手意識を長年克服できずにいます。読んだ人が不快にならないようにしなくちゃと考えだすと、書けなくなってしまって......。

柏木:全然いいんですよ。私の場合は、ライターだからオチがないとダメと勝手に思ってるだけで。ライターでSNSの文章が面白くなかったら、発注する気にならないじゃないですか。その人の職業でどんなところを売りたいかによって、何をプッシュするかは違ってくるのかなと思います。

谷畑:今回のお悩みの場合、ブログやSNSの発信を見直すことから始めてもいいですよね。

柏木:そうですよね。きっと同じような商品はたくさんあるので、この人から買いたいって思わせるのが大事ですよね。

小野:todoリストを作ってタスク管理をしたり、発信の仕方を見直したりすることで、モチベーションのスイッチとなるような仕組みを自分で作ってみではどうでしょうか。

たまりの結論!

た:単価の安すぎる仕事はモチベーション低下のモト!
ま:自分のやる気スイッチが入るアクションを知る!
り:まずは、やるべきことの棚卸しから!

次回は、こんなお悩みに答えます。

「専門性をどのように絞っていったらよいかわからない。みなさんは、どのような段階を経て、現在の専門にたどりついたのでしょうか?」(30代・ライター)

読者のみなさまからのお悩みを大募集します!応募はこちらから>>

Rhythmoon編集部

Writer Rhythmoon編集部

Rhythmoonでは、フリーランスに役立つ記事を執筆してくださる女性フリーランサーを随時募集しています。詳細はこちらから問い合わせください。

Rhythmoon編集部さんの記事一覧はこちら

Illustrator えのき のこ

長野出身。女子美術短期大学情報デザイン学科卒。
2005年よりフリーランスのイラストレーターとして、雑誌、web、広告、書籍など幅広い媒体で活動中。二児+三匹の猫の母である。興味があるテーマは「アニマル、子育て、自然、骨董」。
http://www.enokinoko.com/