【つみたてNISAでコツコツ投資③】投資信託の選び方~最も簡単につみたてNISAをはじめるなら?

201808_nisa_top.png

口座を開設したら、いよいよ投資信託を選んで積立投資をスタートさせましょう。でも、この"投資信託選び"こそが、投資初心者にとっては最大の難関。そこで第3回は、ファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんに、初心者でも簡単にはじめられる投資信託の選び方について伺いました。

Profile / 氏家 祥美さん

prof_ujiie.jpgハートマネー代表 ファイナンシャルプランナー
女性活躍応援FPとして、働き方や夫婦・親子関係も含めたマネーアドバイスが好評。お金・仕事・時間のバランスのとれた幸福度の高い家計を追及する。『いちばんよくわかる!結婚一年生のお金』(学研パブリッシング)ほか、著書・監修本多数。
https://www.heart-money.net/

つみたてNISAで選べる投資信託は大きく3種類

まず、投資信託の種類から見ていきましょう。
つみたてNISAで購入できる投資信託は、大きく次の3種類に分けられます。
201808_tsumitateNISA_03.jpg


▶王道はインデックスファンドで「分散投資」だけど...


投資信託の王道は、「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」の4つのインデックスファンドを組み合わせ、分散投資をしていくことです。投資先を分散することで、リスクをおさえることができるからです。

「その際大切なのは、リスクを高くとるなら株を多め、リスクをおさえるのなら債券を多めなど、最初にポートフォリオ(資産配分)を決め、それを維持していくことです。ただ、投資信託には値動きがありますから、次第に最初の割合は崩れていくため、自分で崩れた割合を元に戻すように調整する『リバランス』という作業が必要になります。でも、忙しい人にとっては面倒に感じる作業でもあります。そこでおすすめなのが、『バランスファンド』です」

▶負担なく続けたいなら「バランスファンド」


「バランスファンドは、最初からひとつのファンドの中で、国内外の株や債券などに分散投資されているため、インデックスファンドのように、あれこれ自分で組み合わせる必要がありません。さらに、あらかじめ決められた割合を投資信託会社が維持してくれるため、購入後、自分で手を加える必要もありません」

つまり、バランスファンドなら、最初に1本選びさえすれば、あとノータッチでOKということ。
なんだか簡単にはじめられそうですね。

「ただ、こちらの手間がかからない分、バランスファンドは、手数料がやや高めに設定されています。また、一言でバランスファンドと言っても、具体的に中身を見ていくと、「新興国株」「不動産」「金」などが入っているものもあり、ひとつひとつポートフォリオが違います」

では、どうやって、自分に最適な1本を選べばいいのでしょうか。

自分のリスク許容度を知ることで、選ぶべき投資信託が見えてくる

「まずは自分のリスク許容度を知り、それを踏まえた理想のポートフォリオを知ることです。そして、その理想のポートフォリオに近い割合で運用しているバランスファンドを選びましょう。理想のポートフォリオは、インターネット上で提供されている"ポートフォリオ診断ツール"を使えば、簡単に知ることができます」

▶ポートフォリオ診断を提供している主なサイト
 ・「モーニングスター」
 ・「ウェルスナビ」
 その他、証券会社のHPでもポートフォリオ診断を提供しているところがありますので、あわせてチェックしてみましょう。

「自分がどれだけリスクを取れるか(リスク許容度)で、理想のポートフォリオはまったく変わってきます。元本割れ覚悟で大きなリターンを狙っていくのか、なるべく元本割れしないことを優先させるかわり、大きなリターンも望まないのか。人それぞれの希望によって、選ぶべきファンドは変わってきます」

しっかりと自分の理想のポートフォリオを知り、それに合わせて投資信託を選ぶことが大事なんですね。

<まとめ>
・手間なく簡単に続けたいのであれば「バランスファンド」がおすすめ
・どのバランスファンドを選ぶべきかは、自分にあったポートフォリオを知ることで見えてくる

☆その他、投資信託選びにまつわるQ&A☆

つみたてNISAはどんな商品から選べるのですか?

数ある投資信託の中でも、あらかじめ金融庁によって選ばれた「長期の積立・分散投資に適した商品のみ」から選ぶことができます。通常バランスファンドはインデックスファンドよりも手数料が高めですが、つみたてNISAでは、比較的手数料が安いものが選ばれています。

▼対象商品はこちらから▼
金融庁HP「つみたてNISA対象商品」

証券会社が出している「ランキング」だけで選んではダメですか?

その人の理想のポートフォリオによって、選ぶべき投資信託は変わってきます。ランキング上位の投資信託が、必ずしも自分に合っているとは限りません。きちんと中身を見て判断しましょう。

バランスファンドを組み合わせてもいいですか?

バランスファンドはそれ1本でバランスがとれるように調整されているので、組み合わせる必要はありません。むしろ、いくつかを組み合わせることで、自分が本来とりたい割合が崩れてしまいます。バランスファンドは、基本的に1本と考えましょう。

インデックスファンドではじめる場合は、どのような割合で組み合わせればよいでしょう?

バランスファンド同様、ポートフォリオ診断ツールなどを利用して、まずは自分の理想のポートフォリオを出してください。そして、そのポートフォリオの割合に合わせて、インデックスファンドを組み合わせていきましょう。

アクティブファンドを買ってみたいのですが...

投資方針を知った上で、すでに目星をつけているのなら、買ってみてもいいでしょう。ただし、初心者であれば、まずはバランスファンドではじめてみるのがおすすめです。

積立の設定日はどうやって決めたらいいですか?

積立は、先取りが基本です。収入がまとまってはいる日があるのなら(25日、月末等)、その日や翌日など、お金を使ってしまう前に引かれるように設定しましょう。

とりあえず、5年間だけやってみようと思うのですが...

投資信託は長期投資が基本です。下がる時もあれば、上がる時もあり、それが長期になればなるほど、元本割れする可能性は減るというデータがあります。絶対に5年後に使う資金ということであれば、ちょうどマイナスの時に解約となり、損をして終わる可能性もあるためおすすめしません。とりあえず5年はじめて、状況次第で続けてみるというのであれば、いいでしょう。投資信託は長期になればなるほどプラスになる可能性が高いと覚えておきましょう。

次回は、実際に積立投資をはじめた後の注意点について教えていただきます!

特集 つみたてNISAでコツコツ投資

<目次>

第1回 つみたてNISAに向いているのはどんな人?
第2回 金融機関の選び方~はじめてでも簡単に口座を開くには?
第3回 投資信託の選び方~最も簡単につみたてNISAをはじめるなら?
第4回

つみたてNISAをはじめた後のQ&A

第5回

おまけ・ライター釘宮がつみたてNISAをやってみた

釘宮 優子

Writer 釘宮 優子

広告制作会社でのコピーライター職を経て、ベンチャーキャピタル、金融専門研修会社など金融業界に約8年勤務した後、2016年よりフリーランスの編集者・ライターに。得意分野は「マネー」&フリーランスをはじめとする「働き方」関連。AFP(日本FP協会認定)。プライベートでは10歳年下の夫を持つことから、婚活業界にも興味津々。

釘宮 優子さんの記事一覧はこちら