Vol.3 「一方的で、理不尽な要求が多いクライアントとの仕事にうんざりしています」

tamari_title.jpg

編集・ライターという共通点を持ちつつ、異なるキャリアパスを経て現在に至ったベテランフリーランサー3人によるトークカフェ。読者から寄せられたフリーランスのお悩みに、ゆるーく、マジメに答えていきます。 読者のみなさまからのお悩みも募集中です!応募はこちらから>>


た・ま・りのプロフィール

●柏木珠希(かしわぎまき):ライター
prof_tamaki.jpg大学在学中から執筆業を始め、卒業と同時にフリーライターに。2008年から2010年にはライター業の傍ら、築70年の長屋をみずから改装して作ったギャラリーカフェを経営。女性向けの「占い」「開運」といったテーマから「低リスク・低コストの店舗開業」「不動産」などビジネスものまで幅広く執筆。近著はコミックエッセイ「占いで結婚しました!」(イースト・プレス)。アラフォー・アラフィフの結婚やネット婚活がテーマの執筆も多い。

[リズムーンの関連記事]

仕事前のスノボーが息抜きに。田舎暮らしを満喫するライター兼ビルオーナー@長野県
【特集】ライターに寿命はあるのか?

●谷畑まゆみ(たにはたゆみ):編集・ライター、キャリアコンサルタント
prof_mayumi.jpg編集プロダクションで女性誌編集者としてキャリアをスタート。心理学を学ぶために40代で会社を離れて大学院へ。修了後はキャリアコンサルティング技能士や産業カウンセラー資格を取得し、心理学の知識をもつフリーランスエディターとして始動。ライフワークは「働く女性の生き方」取材、これまでに 取材した一般女性は1000人以上。先日DODA転職フェアに、キャリアアドバイザーとして参加。

[リズムーンの関連記事]
フリーランスインタビューVol.105「40代で社会人大学院生になり、キャリアの軸足が2つに」

●小野梨奈(おのな):リズムーン編集長・Webプロデューサー
prof_onolina2018.jpgIT企業、女性向けWebメディア編集部で勤務し2006年に独立、2014年に合同会社カレイドスタイルを設立。国内外のネットワークを活かして最適なチームを組みながら、研究機関のサイエンスコミュニケーション支援や、女性向けコンテンツの企画編集を数多く手がけている。独立時に苦労した自らの経験から、2009年に「リズムーン」を立ち上げた。プライベートでは、3人の子を持つワーキングマザー。
リズムーンでの執筆記事はこちら


小野:9月に入り、夏も終わりに近づいている気配をどことなく感じる今日このごろ。さっそく今月のお悩みにいってみましょう!

一方的で、理不尽な要求が多いクライアントとの仕事にうんざりしています

201808_tamari_1.jpg

一方的で、かつ理不尽な要求が多いクライアントとの仕事に、疲れてきてしまいました。無理して仕事をしなくてもよいじゃないか、と思うのですが、仕事がなくなると思うと怖くて言い出せません。クライアントとは、発注者・受注者という上下関係ではなく、信頼をベースとした対等な関係を築けるのが理想だと感じています。クライアントとよい関係を築くために心がけていることがあったら、教えてください。(40代・Webデザイナー)

小野:お二人は、こうしたお悩みありますか?

柏木:昔、あったのかもしれないけど、結果的に、お互いにやりやすいクライアントだけが今残っているという感じですね。

小野:私はプロデューサーという職業柄、受注者にも発注者にもなる立場なので、このお悩みは結構、共感できます。

谷畑:理不尽な要求、ではないですけれど、私も「おや? これってこのまま受け入れるべき?」と思うようなことがつい先日ありました。そのときは、これはおそらく"先方の言葉足らず"や"断られたくないがゆえの強気な言い方"なのかもしれないと心理を推測してみたりして、あえて"ワンテンポ遅い、やんわりしたボール"を返して受け流してみたんです。

そんな私も会社員時代は、締め切り重視で外注先に無理をお願いしたこともあったと思います。当時の自分は今思うとちょっと不出来で、加えて仕切りが良くなかったのもその原因でした。でも、フリーランスになって以降はやはり気持ちがちょっと変わって。仕事相手は大事な仲間。今は"チームでいい仕事をすること"を念頭におくようにしています。

小野:同感です。でも一方で、クライアントに強く言えないという気持ちもわかります。谷畑さんは、大丈夫ですか?

谷畑:企画をまるごと請け負う場合は、依頼先から、最初の設計から大きく外れないためのハンドリングも期待されていると捉えているので、表現には注意しながら、わりとなんでも伝えてみるほうかもしれません。

柏木:すごいですね。私は、相手の希望に答えるのが仕事と思ってしまってあまり言えないタイプかも。

小野:クライアントのタイプにもよるかもしれません。「まるっとお願いしたいところ」「いろいろ意見を出し合いながら一緒に作り上げていきたいところ」「ただ指示通りに動いて欲しいところ」など。

谷畑:編プロ時代からの流れで、今も企画の立ち上がりからまるごと請け負うことが多いので、その形態に慣れてしまっているんでしょうね。

柏木:そうやってお互いのニーズが合ったところの仕事だけが残っていくんですよね。

谷畑:そうかもしれませんね。話をお悩みのほうへ戻しますが、ちょっと気になったのは、相談者の方が少しお疲れ気味かもしれないこと。メンタルヘルス的には無理や我慢はしないにこしたことはありません。心身の負荷が大きくどうしても辛い場合には、フリーランスだと難しいかもしれませんが、先方と少し距離を置いて気持ちをクールダウンさせてみるのもひとつの手。"イヤな空気"が変わるきっかけになるかもしれません。

小野:はじめは勇気のいることかもしれませんが、私も一度伝えてみるとよいと思います。言ってみてダメだったら、それまでということで。同じ価値観を持った別のクライアントさんを開拓すればよいと思います。

柏木:伝え方は注意が必要ですね。こちらの権利をただ主張するのではなく、「私の都合で申し訳ないのですが...」と角が立たないように交渉するとよいかも。リクエストしているんだけど、下手に出るというか。あと、できないことは予め伝えておくこととよいと思います。私は一年の半分くらいは海外にいるので、「電話でなくメールで連絡してくださいね」「時差があるので、すぐにお返事できないこともあります」などこちらの状況を細かく伝えるようにしています。

小野:柏木さんは、一度も会わずに仕事をするということもあるのですよね?

柏木:はい。メールオンリーで、いまだにお会いしたことのないクライアントさんもいらっしゃいますよ。一時帰国したときには、できるだけお会いしたいと思っていますが、日本での拠点は長野県なので、なかなかお会いできないことも多いです。

小野:メールだけのコミュニケーションだと、時々やりとりがギクシャクしたり、きつくなったりすることってないですか?

谷畑:あります、あります。文字のみのコミュニケーションって、すごく難しいですよね。私もかつてはさまざまなシーンで何度も失敗しました。今は必要であれば、メールに加えて電話で直接話しをするようにしています。特に仕事をご一緒して時間が浅い場合には、声を聞いたほうが相手の方の温度感が伝わってくるので、その後のやりとりがスムーズに進むように思います。

小野:初めての方とは、対面でもリモートでも、一度お話できると安心ですよね。

谷畑:時間にゆとりがあるときには会食をして、ちょっとした手土産を持参することも。喜んでもらえるアイテムを探しにデパ地下をめぐったりしています。

柏木:おお、それはすごい!

小野:手土産って、もらえるとうれしいですよね。私も手土産上手になりたい!

谷畑:関係性づくりって、本当に難しくて悩みはつきませんね。さまざまな局面で必要に応じた気配りや工夫を重ねて、ときにはひと休みしながら、その繰り返しでいい関係性ができていくのかもしれません。

柏木:そうですね。相手への思いやりや配慮を忘れずに、Win-Winな交渉ができるとよいですね。

<た・ま・りの一言>

た:下手に出ながら言いたいことはしっかりと伝えよう
ま:しんどくなったら、受け流すことも大切
り:伝えても変わらないなら、無理せず気の合うクライアント探しを

読者のみなさまからのお悩みを大募集します!応募はこちらから

Rhythmoon編集部

Writer Rhythmoon編集部

Rhythmoonでは、フリーランスに役立つ記事を執筆してくださる女性フリーランサーを随時募集しています。詳細はこちらから問い合わせください。

Rhythmoon編集部さんの記事一覧はこちら

Illustrator えのき のこ

長野出身。女子美術短期大学情報デザイン学科卒。
2005年よりフリーランスのイラストレーターとして、雑誌、web、広告、書籍など幅広い媒体で活動中。二児+三匹の猫の母である。興味があるテーマは「アニマル、子育て、自然、骨董」。
http://www.enokinoko.com/