ベルリンでフリーランスビザを取得しました!

こんにちは! Rinaです。

早速ですがご報告です。ドイツにて、2年間のフリーランスビザを取得しました! ワーホリの一年が終わり、本格的に海外在住のフリーランサーとしての生活が始まります!

以前に比べて審査が厳しくなっているとの情報もあり、申請日までとても不安な毎日でした。しかし書類の準備は前もってしっかりとしたおかげか、無事ビザがもらえました。今回は、申請をしてみての体験談をお話したいと思います。ネット上には、ドイツでフリーランスビザを取得した人のブログなどがけっこうあるのですが、情報が古かったり、外国人局の担当官によって言ってることがちょっと違ったりもするので、一つの例として参考にしていただけたらと思います!

20180919RinaNamiki1.jpg

重要なのはやはり推薦状&見積書

以前こちらでも書いたように、ドイツのフリーランスビザ申請時に重要とされているのがドイツ国内からの推薦状と見積書です。わたしの場合も例外ではなく、担当官は他の書類よりも推薦状と見積書をじっくり見ていました。わたしは知り合いの方から、推薦状と見積書が一緒になっている形式のものでも大丈夫と言われ、皆さんにそのような形で書いていただくようお願いしました。しかし、わたしの担当官は、「別々に提出してほしかった」というようなことを言っていたので、これから申請される方は、別々に書いてもらったほうが安全かもしれません。

ポートフォリオが実は重要だった!

20180919RinaNamiki2.jpg

わたしの場合、次に重要視されたのがポートフォリオでした。以前に「ポートフォリオは持参したけど、結局提出を求められなかった」というお話を聞いたことがありました。なので心の中で「どうせわたしのもチェックしないだろうな~」なんて少しだけ思っていたのですが、わたしの担当官はポートフォリオもじっくり見ていました。どの作品が一番最近のものなのかなども聞かれました。

実際は念には念を入れて、ポートフォリオもきちんと用意していたので、特につっこまれることもなくチェックは終わりました。外国でビザを申請する場合に限らず、アーティストやフリーランサーとして生きるには、やはりポートフォリオはとても重要だと感じます。自分のサイトでも、作品をそれぞれ印刷してまとめたものでも、いざという時に相手に見せられるものがあるのは強みですね。わたしはサイトにまとめてある作品をそのまま印刷して提出したので、さっと準備ができてとても楽チンでした。

20180919RinaNamiki3.jpg

こちらは一例ですが、ベルリンを拠点に活動する音楽レーベルのDisco Halalと最近コラボレーションして作ったTシャツです。まだ自分サイトには載せていなかったのですが、Disco Halalのウェブストアをそのまま印刷して提出しました。その際は、そのレーベルがベルリン拠点であることがわかるページも一緒に印刷し、ドイツ国内のクライアントがいるアピールをしました。

重要なのはこれから!

ビザがおりてほっとひと息つきたいところですが、重要なのはビザを取ることではなく、フリーランサーとしてこれからきちんと生計を立てていくことです。ワーホリの一年間は本当にあっという間でしたし、これからはフリーランサーとしてこれまで以上に多くの仕事をしていかなければなりません。まだまだやれることもやりたいこともたくさんあるので、頑張りたいと思います!

そして、「海外に移り住んでフリーランサーとして生きたい!」と考えている人には、ぜひ一歩踏み出して挑戦してみてほしいなと心から思います。日本ではまだまだフリーランスという生き方がそんなに主流ではないですが、ここベルリンにはフリーランサーがたくさんいすぎるほどです。異なるバックグラウンドをもつ人たちと交流しながら、だんだんと自分のコミュニティを広げて仕事をしていくのは、大変なことも多いですが、本当に楽しいです。働くのが楽しいと思えるのは、幸せなことだなと思います。

それでは、今後ともどうぞよろしお願いいたします!

Rina Namiki

Writer Rina Namiki

1993年生まれ、東京都在住のイラストレーター・ライター。2017年秋にベルリンへ移住し、フリーランサーまたはアーティストとして活動予定。アート・音楽・フードなど、さまざまなカルチャーに興味を持つ。ファッションと動物が大好き。
http://www.rinanamiki.com/

Rina Namikiさんの記事一覧はこちら