今年の目標達成に向けて、まずは「時間の使い方」を記録してみよう

20150105_ono_4.jpg

高尾山山頂から見えた富士山。

こんにちは。リズムーン編集長・オノリナです。

年末年始は帰省せず、東京で過ごすのが定番になっている我が家では、約2年ぶりに高尾山に登ってきました。正月高尾山に登るのはこれで2度目。升酒をいただき、「よい一年になりますように」と、お正月限定の縁起物である「天狗のうちわ」と「熊手」を購入してきました。

20150105_ono_5.jpg

「一振りすれば 魔を払い、二振りすれば 福を呼ぶ」天狗のうちわと年中の福徳をかき寄せる熊手。元旦から節分までの期間限定で販売されています。

新年といえば、やはり「今年の抱負」を考えますよね。
年末に更新したコラム「第6回 キャリアプランニングのフレームワークを使って、来年の目標を考えよう!」でも、現状維持ではなく新しいことにチャレンジしていくためには、今やるべきことを「できること」「求められていること」「やりたいこと」の3つの視点で整理してみることの大切さが紹介されていました。

やるべきことを整理してすっきりしたけれども行動が伴わず、つい目の前の仕事をこなすだけであっという間に一日が終わってしまう......。
そうならないように、「目標に向かって限られた時間をきちんと使えているかどうか」を直視してみることも大事です。

1日24時間という時間は、誰にとっても同じ。限られた時間の中で仕事も子育ても...と欲張りに楽しみながら、さらに新しいことにチャレンジしていくためには、時間の使い方を徹底的に見なおさなければいけない。そう思った私は、昨年から、あるツールを使って、自分の時間の使い方を記録してみることをはじめました。実際に、自分の時間を見える化してみると、改善できる点があることにいろいろ気づくことができます。飽きっぽい私がなぜ続いているのかも含めて、今日は少し分析してご紹介したいと思います。

自分にあった使いやすいシンプルなツールを選ぶ

私が使ってみているのは、「toggl」という時間管理ツールです。他とあまり比較はしませんでしたが、とてもシンプルで使いやすかったので選んでみました。すべきことは、ログイン後、作業の開始時間と終了時間を案件(ツールでは「プロジェクト」と呼びます)に紐づけて入力していくだけ。あとは、期間を指定して「Summary」ボタンを押すと、各案件ごとの時間数をグラフにして表示してくれます。

20150105_ono_1.jpg記録の手間が増えるので、最初はめんどくさいなあと思うかもしれませんが(笑)、まずは1ヶ月我慢して続けてみてください。月末、自分の一ヶ月の稼働時間がきれいなグラフとして図示化されると、それだけで結構感動します。「なんか今月は忙しかったな〜」の中身を冷静に客観視することができます。

記録を続けるための私なりの工夫

・プロジェクトは細かくしすぎない
プロジェクトを細かくし過ぎると大変なので、めんどうにならない程度の細かさで設定を。はじめは「できること」「求められていること」「やりたいこと」の3つで管理してみるだけでもよいかもしれません。

私は、進行中の案件のほか、営業、企画、経理事務などの業務、そして子どもの通院やPTAや保護者会、習い事の送迎などを記録する「子ども関連」の項目も作成しています。また、作業の内訳を報告する必要がある案件については、リサーチ、企画、制作進行など細かく分けて管理しています。

・記録単位はざっくりでOK
企画書を作っていたらクライアントから緊急対応の電話が...といった割り込みはよくあることなので、そこはあまり神経質にならずに、記録時間はざっくり15分単位と設定しました。

・リアルタイム測定は実はあまり使わない
リアルタイム測定は秒単位で時間が記録されるのですが、上記の記録単位の理由からあまり使わず、おもに手動入力で管理しています。

・記録のタイミングは、朝イチの時間がおすすめ
始業時、その日のTODOを整理する際に、前日を振り返って日報的に記録しています。

記録した時間をどう活用する?

自分で仕事を選べたり、独自につくっていけたりするフリーランスだからこそ、目標に向かってどう戦略的に仕事を取っていくかを考えることはとても大事なことです。時間が集計できたら、各案件ごとの「時給(報酬または粗利/時間)」を算出してみましょう。案件別の生産性の良し悪しを客観視することで、どんな仕事を積極的に受けていったらよいか、新しく作っていったらよいかがわかり、時間配分の目安にもなります。

読むだけだとかな〜りめんどくさそうですが、試してみる価値はありますよ(笑)。
仕事始め、忙しくなってしまう前に、新習慣としてはじめてみてはいかがでしょうか。

【高尾山 番外編】

20150105_ono_2.jpg

升酒で体を温めてから、頂上に向けていざ出発! 干支の焼印入り升をひそかにコレクションしたいと狙っています。

20150105_ono_3.jpg

いつも行列ができている「天狗焼」を初めてゲットすることができました。黒豆餡入りのおやきです。クセになりそうな美味しさでした。

オノリナ

Writer オノリナ

合同会社カレイドスタイル代表・リズムーン主宰
女性向けWebメディア編集、フリーランスを経て設立。国内外のネットワークを活かして最適なチームを組みながら、研究機関のサイエンスアウトリーチ支援や、企業オウンドメディアのコンテンツ企画・制作を数多く手がけている。「しなやかに、自分らしく」働き、生きる女性のためのコミュニティ「リズムーン」でイベントやセミナーを不定期に開催しているほか、働く女性のためのコンセプトショップ(2019年春オープン)事業を展開。プライベートでは、3人の子を持つワーキングマザー。趣味は卓球。

オノリナさんの記事一覧はこちら