働く女性のお仕事バッグ事情アンケート結果発表!〜後編

20150629_baginbag_1.jpg

photo by PEXELES

リズムーンでは、働く女性のためのバッグインバッグのプロデュースに挑戦しています。
前編の"お仕事バッグ"事情にひき続き、今回は"バッグインバッグ"についてのアンケート結果をご紹介します。

バッグインバッグ、実際みんな使ってるの?

まずは、バッグインバッグを使っているかどうかを調べてみたところ、バッグインバッグを使っていると回答した人は39%でした。

20150629_baginbag_2.jpg

使っている人には、どのようなバッグインバッグを使っているのかとたずねると、唯一、ブランド名があがったのが「無印良品」でした。それ以外は「ポケットの数が多いもの」「チャックがついていてフタがしまるもの」「単体で使えるもの」など、バッグインバッグの機能や役割の説明で、ブランドよりも利便性を重視していることがよくわかる結果となりました。バッグインバッグ代わりに小さなポシェットやパソコンのインナーバッグを使っているという回答もあり、理想のバッグインバッグにめぐりあえていない人も多い印象です。

使うかどうかは、バッグインバッグ次第?

現在バッグインバッグを使っていない、約6割の人たち。ここには「使用経験はあるけれども今は使っていない人」たちと、「まったく使ったことのない人」たちが含まれます。それぞれ、なぜ使わないのかを尋ねてみました。

今は使っていないという人からはこんなご意見が。

以前使っていたが、使いにくかった。

今のところ買い直すほど必要ではない。

使っているうちに結局カバンの中で、バッグインバッグの中身が出てごちゃっとなる。カバンの中では、出しやすいけどしまいにくい、ということかも。

次に、バッグインバッグを使ったことのない人たちの意見はこちら。中身が見えなくてかえって忘れ物をしそうなどの理由で敬遠している人のほか、バッグインバッグを使わずに不便を解消している人も。

中に何が入っているか見えないと、結局忘れ物をしそうだから。

鞄の中に、仕切りがついているから。

ポケットの多いバックを利用しているから。

それぞれポーチ等に入っているためバッグインバッグの必要がない

PC・資料用と貴重品用のバッグ2個使いをしている。貴重品用は小さめのバッグを使っているため、バッグインバッグが入らない。PC・資料用はポーチなどでまとめている。

差し迫って必要性を感じておらず、気に入ったものを探すのが手間だと感じるという意見も複数ありました。使い勝手がよく、気に入ったものに出合えれば、バッグインバッグを使ってみようと考える人が多そうです。

バッグインバッグで整理したいのは細かいもの

バッグインバッグでどんなものを整理したいかも聞いてみました。結果はこちら。

20150629_baginbag_3.jpg

最も多かった答えはペンでした。たしかに、数本ペンをさせるところがあると便利ですよね。

全体的な傾向としては、前編でご紹介した普段よく持ち歩くものとほぼ同じですが、やはりバッグのなかでも見失わない程度の大きさのあるものについては低い順位に、なくしては困る貴重品やすぐに取り出したい小物が上位になりました。

欲しいのはカスタマイズできるもの!

最後にバッグインバッグへの要望を伺ったところ、さまざまなご意見をいただきました。多かったのは色柄やポケットに関するもの。その一部をご紹介します。

ポケットごとに生地の柄や色が違ったりしたら可愛いだろうし、目印にもなりそう。

人によって、識別しやすい色や形、素材(手ざわり、手さぐりで探せる)などがあると思います。そのあたりのバリエーションもあるとよいなと思っています。

ポケットを自由に組み替えられるインナーバッグはできないものかな?

バッグの中に何が入っているか確認しやすくて、収納しやすさと取り出しやすさを兼ね備えたポケット付きのインナーバッグがいいです。できれば、明るい色の内張りで、中身が確認しやすいのがいいです。

軽くて丈夫なもの、収納しやすく取り出しやすいものといった声も複数あったほか、それだけで外出できるようなシンプルでおしゃれなものがいいという声も聞かれました。

大きすぎず、軽い素材で、丈夫さと柔軟性を兼ね揃えた感じのものがあればベストですね。

デザインは、どの服にも合うものがいいです。ちょっと外出してもおかしくないシンプルなオシャレ感。

バッグインバッグをもし使うなら、プライベートなものを入れてちょっと外出する・お手洗いに出るときの相棒にしたいなと。

みなさんの声を総合すると、理想のバッグインバッグは自分仕様にできるもの色やかたちのバリエーションがあって、一人ひとりのお仕事スタイルにあわせられるバッグインバッグがあるといいなということでした。

貴重なお声をお寄せいただき、働く女性が使いたいバッグインバッグ像が見えてきました。
これからプロジェクトの進捗も少しずつご紹介していきます。どうぞ、商品化を楽しみにしていてくださいね!

vector icon via flaticon

本多小百合

Writer 本多小百合

ライター・Rhythmoon編集部メンバー
建材メーカーで広報誌や販促物の企画・製作・進行等に携わった後、ランドスケープ系の団体で主に機関紙の編集に従事。結婚を機に、全国どこでも働けることを目指してフリーランスライターを志し、目下独立準備中。リズムーンでは、同士であるフリーランスを目指す方を応援できたらと思っています!

本多小百合さんの記事一覧はこちら