100人インタビューに込めた思いと、その先のステージに向けて

column_title.jpgリズムーン編集長・オノリナです。
10月1日から、約2週間かけてお届けした「インタビュー100回達成記念スペシャルコンテンツウィーク」、お楽しみいただけましたでしょうか?

改めて、こんなラインナップでした。

「どうして100人で、こんなにお祭り騒ぎをしているの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今日はリズムーンの成り立ちと一緒に、この100人に込めた思いを少しだけご紹介したいと思います。

「あったらいな!」という思いからメディアをスタート

以前のコラムでもお話しましたが、私は2006年に右も左もわからない状態でフリーランスになり、当時、フリーランスで働いていくために真に役立つリアルな情報を得ることがなかなかできず歯がゆい思いをしていました。その後、第一子を出産し、さらに「フリーランス✕母」特有の悩みや問題があることに気づき、フリーランスの女性のためのメディアを立ち上げようと思い立ったのです。
元々会社員時代は、女性向けメディアの編集部に勤めていた経験から「いつか自分でもメディアを持ちたい」というひそかな夢があり、「女性フリーランスをつなぐメディア」というのは自分の中でとてもしっくりきたテーマでもありました。

記念すべきサイトオープンは、2009年1月11日新月の日。トップページはこんな感じでした。

20151019_onolina_1.png当時のサイトをご存知の方は、かなり少数派かもしれません。メディアといっても、一人で運営していたので、「自分一人でできること(=取材して書くこと)」からはじめていこうということで、コンテンツはインタビューのみ。

どうせ始めるなら目標を持とうと思い、その時に設定したのが「とりあえず100人に会いにいくまで続ける」ことでした。月に一回更新だと目標達成まで8年以上かかってしまうので、強引にも月に2回、満月と新月に更新しようというところから、サイト名がリズムーン(リズム✕ムーン)になりました。

今でこそ、個人が誰でもメディアを持てる時代になりましたが、当時は今のようにCMSやブログなども普及していませんでしたから、HTMLを直書きしてすべて手作業で更新作業を行っていました。2週間に1回記事を更新するために、本業の仕事の合間をぬって、取材にいっては原稿を書いて、更新作業を行って......と今思えばよくやりましたね。夜空に輝く月のかたちを見ながら、「あー、そろそろ更新だ......」と、ひとりプレッシャーを感じるようになったのもこの頃からです(笑)。

共感する仲間との出会い。そしてリニューアルへ

ひっそりと更新を続けているうちに、ありがたいことに、コンセプトに共感して応援してくれる人や、インタビュー取材・執筆を一緒に行ってくださる人がぽつりぽつりと増え、1年後には、サイトリニューアルを実施。インタビューのほかに、何本かコラムも始めることになりました。リズムーンではおなじみ、イラストレーター・峰村友美さんによる「フリーランスマザーのあるある事件簿」が始まったのもこの時期。次第にコンテンツも充実していきました。

20151019_onolina_2.jpg

2010〜2014年のリズムーンのサイトトップページ

そして去年、フリーランスを含む多様な働き方支援を事業として展開しくことを決心し、2度目のリニューアルを実施して現在のスタイルに。そのタイミングで編集部制も導入して、コンテンツもさらにバラエティに富んだ内容になりました。フリーランスの方や、仕事に直接役立つ情報だけでなく、働く女性が仕事の合間のすきま時間に楽しんでいただけるようなコンテンツを少しずつですが充実させていきたいと思っています。

カタチを変え、進化しつつあるリズムーンですが、その根底にあるのは「ライフステージに合わせて、しなやかに、自分らしく働きたい」女性を応援したいということ。また、リズムーンというコミュニティを通じて、フリーランスという働き方の魅力を発信し、横の繋がりを作り、そしてさまざまな専門性を持つフリーランスの方々が自身のスキルを披露し、さらに活躍の場を広げていくための「場」としてリズムーンを活用していただきたい、ということです。また昨年から本格的に取り組んでいる「RhythBiz」というフリーランスのJOBマッチングサービスを通じて、仕事面でもフリーランサーをサポートしていけたらと考えています。

そんなこんなで「100人」にはちょっとしたこだわりがあったのでした。
結局、達成までに6年もかかってしまいましたが、インタビュー取材には、産前産後のタイミングを除いてほぼ同席し、多くのフリーランスの方にお話を伺ってきました。その度に、さまざまな工夫やノウハウをお聞きできただけでなく、おそらく記事を読んでくださった読者の方と同様、たくさんの勇気やパワーをもらい「私も頑張ろう!」と励まされました。

100人の先に続く次のステージに向けて......

100人目を達成したインタビューですが、今後は、これまでと違ったスタイルを取り入れながら、引き続き続けていきたいと考えています。また、スタート当時とはフリーランスを取り巻く環境も大きく変わってきています。巷にはさまざまなメディアが乱立して情報があふれている中で、リズムーンとしてどういう立ち位置で、どんな情報を発信していきたいか、というのはつねに試行錯誤な部分もありますが、初心を忘れず、これからも一歩ずつ成長していきたいと思っています。

そして、リズムーン編集部では一緒にサイトを盛り上げてくださるコラムニストも随時募集しています。「こんなテーマで情報を発信していきたい」という方がいましたら、遠慮なくお問い合わせいただけるとうれしいです。最近は、政治、経済、マネー系や、親子関係、介護、パートナーシップ、食に関するテーマでコラムニストとして参加してくださる方をゆるやかに募集中です。

ということで、長くなりましたが、リズムーンのこれからに、ぜひご期待くださいね!

オノリナ

Writer オノリナ

合同会社カレイドスタイル代表・リズムーン主宰
女性向けWebメディア編集、フリーランスを経て設立。国内外のネットワークを活かして最適なチームを組みながら、研究機関のサイエンスアウトリーチ支援や、企業オウンドメディアのコンテンツ企画・制作を数多く手がけている。「しなやかに、自分らしく」働き、生きる女性のためのコミュニティ「リズムーン」でイベントやセミナーを不定期に開催しているほか、働く女性のためのコンセプトショップ(2019年春オープン)事業を展開。プライベートでは、3人の子を持つワーキングマザー。趣味は卓球。

オノリナさんの記事一覧はこちら