自動車免許合宿に持って行くべき、ちょっと意外な持ち物3

先日、念願の自動車免許を取得しました。大阪府から鳥取県まで足を運び、2週間の自動車免許合宿に参加したのです。免許はいつか取った方がいいだろうと思っていましたが、私にはハードルが高いと思い避けてきました。教習所でゆっくり学ぶより、逃げ場のない合宿所の方が確実! そんなネガティブな理由で合宿を選びましたが、2週間も自宅を離れて合宿に行けたのも、自分がフリーランスだったからだと感じています。

一般の会社員だったら、2週間も休めなかっただろうし、勉強に集中することも難しかったでしょう。でも、私の場合は取引先の方に事情をお話しして、打ち合わせや締め切りの日程を調整することで、合宿に行くことができました。勉強に専念したため、仕事量が減り、売上は下がってしまいましたが、いい経験ができたと思っています。最初は乗り気じゃなかった合宿でしたが、勉強も観光も友だちもでき、鳥取を満喫することができました!

20151225_nanjo_1.jpg

合宿中は、ビジネスホテルのシングルルームのような部屋で過ごしました。やや狭いものの、ベッド、机、テレビ、冷蔵庫、お風呂、トイレ......と、2週間暮らすには十分な設備でした。私の合宿先では、シャンプーやドライヤー、綿棒などのアメニティも用意されていましたし、毎日新しいバスタオルが支給されたのもありがたかったです。
食事は学校から提供されるので、これだけでも生活はできるのですが、より快適な合宿生活を送るためにはこれだけでは物足りないかも。服や化粧品類は持って行くとして、今回は私が「持って行ってよかった!」と感じたちょっと意外な持ち物を紹介します。これから免許合宿に行く予定のある方はぜひご覧ください。

1. ボックスティッシュ

トイレットペーパーはあっても、箱のティッシュがなかった私の部屋。大阪から1箱だけ持って行って正解でした。ティッシュは毎日何気なく使っていますが、いざなくなると困るんだなぁと思いました。ティッシュはほかの物で代用が難しいですしね。アメニティに関していえば、爪切りやヘアブラシも持って行ったほうがいいかもしれません。
20151225_nanjo_2.jpg

2. マグカップ、プラスチック製カップ

食堂だけでなく、自室でも飲み物を飲みたかったのでマグカップを持参しました。合宿先には湯沸かしポットはあっても、コップを置いていないケースが多いそうです。私の合宿先には、共用の電子レンジがありましたので、電子レンジ対応のものにしておいてよかったです。

さらに、うがい用のプラスチック製カップがあると便利です。2週間いつも手でうがいをするのは面倒。と思われる方は持って行くことをオススメします。使わないときは、歯ブラシ立てとして活用できますし、プラスチック製なら割れることも滅多にありません。

20151225_nanjo_3.jpg

3.マスキングテープ

マスキングテープは持って行くつもりはなかったのですが、なぜか私の筆箱に紛れ込んでいたアイテムです。使うことはないと思っていたのですが、意外と活躍してくれました。たとえば、目のつくところに置いておきたいプリントなどを壁に貼るのに使いました。

合宿では、授業時間やご飯の時間などのルールがいくつかあるのですが、その予定を間違えないように壁に貼ったのです。壁を傷めずに貼れるのもマスキングテープならでは。なかなか覚えることのできない免許学科の暗記項目なんかも、紙に書いてペタ。テキストを見返さなくても、弱点を確認できました。マスキングテープは、ペンで文字も書き込め、好きなサイズに切れるので、付箋代わりにもなってくれますよ。

20151225_nanjo_4.jpg

●合宿先に事前に問い合わせる

ティッシュもカップもマスキングテープも、必需品ではないかもしれません。でも、合宿期間を快適に過ごせる環境をつくるのに役立ってくれました。ストレスなく、楽しく勉強するためにも工夫するのは大切です。合宿先によっては、事前に荷物を郵送できる場合もあります。私は荷物を段ボールに詰めてあらかじめ送っておきました。もし、郵送するなら合宿終了後に自宅に郵送することも考えて、ダンボールを閉じるためのガムテープやハサミもお忘れなく。

最近の合宿所では、さまざまなサービスが充実しているようです。私の合宿所では育児サポートも積極的で、子連れの女性も宿泊されていましたよ。合宿先が違うと設備環境も異なりますので、気になることがあったら合宿先に問い合わせてみてくださいね。私は、合宿に参加して久しぶりの学生気分を楽しめました。あなたも快適な合宿ライフを送れますように。応援しています!

南條祐弥

Writer 南條祐弥

ライター・Rhythmoon編集部メンバー
児童文化や女性のライフスタイルの分野を得意とする、大阪在住のフリーランスライター。コラムやシナリオを執筆するほか、書籍の編集協力、取材レポートの提供なども行なっている。リズムーンでは、地方で働く女性フリーランサーの多様なライフスタイルを発信中。趣味は絵本を読んだり、映画を観たり。ハイキングに出かけるのも好き。
http://ameblo.jp/original-ehon/

南條祐弥さんの記事一覧はこちら